企画の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

企画の仕事といえばアイデアを出すだけと思っている人が多くありませんか?実はアイデアを出す以外にも、プロジェクト進行管理や協力企業との打ち合わせ、資料作りなど多岐にわたります。この記事では、企画の仕事ではどんなことをするのか、またやりがいや辛いこと、必要な資格などを紹介していきます。

企画の仕事の内容・業務

企画の仕事は誰もが憧れる仕事の一つですが、まずはどんな内容をするのかをしっかりと理解しましょう。単にアイデアを出していく仕事ではなく、企画の仕事は、具体的にどのようにして考えやアイデアを実現していくのかというのが主な内容になります。

また、企画の仕事は、アイデアだけではなく若者の間で流行っているものを知るためのリサーチや、調査して分かったことや考えている内容を資料としてまとめることも欠かせません。

形にしたいものが見えてきたら、次は本格的に実行するためにプロジェクトを立ち上げ、長い期間を経て実現させていくことになります。完成した後はどのようにして売り出していくのかなど、効果的なアピール方法を考えることも仕事の内容の一つです。

このように企画の仕事はアイデアを出すだけが仕事ではなく、商品を売り出すために意見を出し考えることも大切なことです。全体を見てアイデアを生み出して形にするまでが企画の仕事ではなく、世に送るための具体的なイメージを持たなければなりません。

企画の1日の仕事の流れ

企画の仕事の1日は一分一秒も無駄にできないため、効率的に行動する必要があります。仕事内容も多岐にわたることから、慣れないうちは目が回る忙しさのように感じることもあるでしょう。

そこで企画の仕事の1日のスケジュールを紹介してきます。

多忙に見えるようですが、しっかりと「やるべきこと」「優先すべきこと」を理解して行動すれば、どんな仕事でも効率よく進めることができます。事前に優先順位を組み立てていけば上手く時間を使うことができるため、下記の例を見て覚えておきましょう。

  • 07:00 起床・朝食・ニュースチェック

アイデアのヒントは至るところに隠されていますので、朝の情報番組やニュースの視聴は企画の仕事においては欠かせない努力となります。

  • 09:00 出社、メールチェック

届いているメールの返信作業。プロジェクトに携わっていれば進捗状況の把握も必要です。

  • 10:00 資料作成、データ整理・作成

午後からの打ち合わせや会議に向けた資料作りは入念にチェック。しっかりと内容を把握して、プレゼンできるように準備をします。

  • 12:00 昼食

同僚や先輩・後輩と一緒に昼食を取ります。しっかりと食べることで頭が働くようになるため、どんなに忙しくても食事は取るように心がけます。

  • 13:00 社内打ち合わせ、会議

新企画やプロジェクトに関する打ち合わせを行い、午前中に作成した資料をもとにプレゼンを進めていきます。しっかりと内容を説明できるかどうかが大切です。

  • 15:00 取引先企業への訪問

協力会社や取引先企業へ訪問することも立派な仕事です。クライアントの意向をしっかりと聞き取って、社内で共有するためにも細かくヒアリングすることが大事です。

  • 18:00 帰社、資料整理・作成

さっそくヒアリング内容を資料としてまとめていきます。また手すきの人員を集めてアイデアを出し合うことや意見を交換するのもプロジェクト立ち上げには必要です。

  • 19:30 翌日以降の準備をして帰宅

資料作成と同時に翌日のスケジュールをしっかりと確認します。取引先に訪問する必要があるのか、会議があるならばそのための資料を作るなど、先々の準備も欠かせません。

企画の仕事の種類

企画の仕事の1日を見てみると、アイデアを出すだけではないことがよく分かります。それでは具体的に、企画の仕事ではどのような仕事が行われているのかを見ていきましょう。

ひとえに企画といっても、新しい商品を作る「商品企画」や様々な数字データをまとめる「データアナリスト」まで、多岐にわたります。

いずれも新たな商品を生み出すための企画の仕事ですが、それぞれどのような違いがあるのかをまとめました。

商品企画

全く新しい商品やサービスを生み出す仕事ですが、既存製品の改良・改善も仕事の内容に含まれています。

販売促進

新製品をどのように売り出していくのか、効果的なアピール方法を考えていきます。

営業企画

営業部門が活躍するために資料作成や情報を収集することを主な業務とし、営業マンがより良く働ける環境を作ることも含まれます。

広報・PR

新製品のプレスリリースをメディアに送り、時には記者向けにイベントを開催して特徴やコンセプトをアピールします。

広告・宣伝

商品やサービスのコンセプトや特徴、伝えたい内容をまとめて、広告代理店などと連携してデザインやキャッチコピーを作っていきます。

経営企画

市場の動向調査や競合他社の動きを調べて、会社が業界内で成長していくための企画を立案するなど、会社経営に関わる業務を手掛けます。

市場調査

市場や若者の間での流行りや求められているものを調査して、商品企画に反映させていきます。

コンサルタント

企業が成長するために必要なことを中長期的視点(数年後)に立って考え、実行するための計画立案などを手掛けます。

データアナリスト

所持している顧客データなどを解析して、今後の方針や提案などを行う仕事となっています。

サービス企画

提供するサービスの内容改善のため利用者分析や機能追加などを考え、優先順位決定のために資料を作っていきます。

マーケティング

街頭インタビューやアンケートなどで直接情報を集めて、トレンドを把握して資料としてまとめていきます。

企画の仕事のやりがい

長い月日をかけてプロジェクトを動かした末、世の中の自分の考えた成果物が登場した消費者が購入したり、狙い通りに行動してくれたりした瞬間が企画の仕事のやりがいとなります。

プロジェクトでは問題が発生してトラブル続きで困難が連続していたとしても、最終的に成果物が世に送り出されることで、全ての苦労が報われるのです。

他の仕事では味わえないような達成感が企画の仕事の醍醐味であり、今現在も企画の仕事をしている多くの人が、やりがいを感じるために頑張って仕事と向き合っています。

企画の仕事の辛い部分

企画の仕事は会議や打ち合わせに出席する機会が多く、プレゼンテーションに向けた資料作りで多くの時間が割かれます。考えている内容をしっかりと説明することが大切になるため、事前の準備は入念に行う必要があります。

またクライアントのヒアリングのために移動することも多いため、体力がなければ務まらない仕事でしょう。

そしてスケジュール通りにプロジェクトが進行しているかをチェックしながら、問題が起きた時には解決のために動く必要があります。トラブル解決だけでなく、社内外との間にある関係に板挟みになることもあるため、人間関係に疲弊することも珍しくありません。

そのため、企画の仕事には広い視野を持って状況を把握しながら行動する力が必要であり、細かな部分もチェックできる緻密さを持つことが必要になります。

企画の仕事をするには

企画の仕事をするために必要な資格はなく、取得することで有利になる資格もありません。最も重要なのは資格などではなく、コミュニケーション能力が高いことです。

例えどれほど素晴らしいアイデアや企画を作ったとしても、相手に上手く伝える能力がなければ机上の空論となってしまいます。投げかけられた質問を的確に返し、アピールできる力が求められるのです。

しかし将来的に海外で企画の仕事に関わりたいと考えているのであれば、英語など語学力を磨くといいでしょう。プロジェクトの一環で語学スキルを身に付けていれば重宝することもあるため、英語などを話せることは決して損にはなりません。

他にも市場のリサーチを行うために、マーケティングや統計学といった学問を勉強しておくことも企画の仕事で役に立ちます。消費者は何も考えて求めているのを理解すれば企画立案も用意になるため、会議などの場で活躍できるようになります。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

企画の仕事の主な就職先

真っ先に思い浮かぶものが「電通」「博報堂」「ADK」といった大手広告代理店の名前でしょう。しかし他の企業でも企画の仕事に携わることができます。

例えば炊飯器や水筒などで有名な「タイガー魔法瓶」、パソコン周辺機器メーカー「バッファロー」も企画職を募集しており、大小異なる企業でもメーカー企業であれば企画の仕事に就くことができます。

ただ企画の仕事に関わりたいがために、商品企画の人員を募集している企業だけに目を付けるのは選択肢を自ら狭めてしまいかねません。

最初は営業職で入社してから企画職の人間と親しくなることで、数年後に企画の仕事へと異動できるケースがあります。まずは営業の仕事でコミュニケーション能力を鍛え上げてから、企画の仕事へと移るという考えも一つの方法であることを覚えておきましょう。

企画の仕事はとても魅力的

企画の仕事は短期間ではなく中長期間での進行となるため、体力が求められる仕事であることは言うまでもありません。その分、やり遂げた時にはこの上ない達成感を得られるため、携わる人でしか味わえない喜びがあります。

喜びが大きい分、辛いことも多いことは否めませんが、それらを通して大きく成長できることは間違いないでしょう。より大きなプロジェクトに関われば、自身のキャリアを豊かなものにしてくれます。

また、企画の仕事は人や企業を動かすだけでなく、時には社会全体を巻き込む大きなプロジェクトに関われるチャンスもあるため、人の心を動かす仕事と言いかえることもできます。

そのためにはしっかりと閃いたアイデアを形にし、関わるプロジェクトチームや協力企業との連携を図っていくなど、コミュニケーション能力が求められることに。

人間的にも大きく飛躍する可能性が企画の仕事にはあるため、意欲的な人は企画の仕事に挑戦してみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。