▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

営業職辞めたいを思った時に役立つ対処法や辞めるタイミング|転職活動も

営業職は人に物やサービスを売る仕事です。それなりの成果や実績を上げることが目的となるので、人と接することが苦手な人など営業職が向いていない人にとっては続けるのが辛い仕事です。自分が営業職を辞めたいと思った時、まず何を考えるべきなのか、どう対処すれば良いのか具体的にご紹介します。辛い思いから抜け出すための糸口を見つけましょう。

営業を辞めたい!これは甘え?

営業職は求人で最も多いため、自分に向いているかどうかより、職を得たいという希望から決める人が結構います。実際に働いてみると自分が営業職に向いていないと分かり、辞めたいと思うようになることも。

このような考えは社会人として甘い!と言い切っても良いのでしょうか。出先や電話で他者の方や不特定多数の人と話すことは、簡単そうで性格上、苦手な人もいます。会社に収益をもたらすためには、顧客の数や実績を増やす必要もあるので、仕事を続ける以上は逃れられません。

会社によっては、個人への負担が大きく大変なストレスにもなります。特に、「ブラック企業」と言われる悪質な会社では、体も心もボロボロになるほどに過酷なノルマを課す場合もあります。

もし、過酷なノルマ、残業代のでない異常な長時間労働などが思い当たったら、あなたの勤めている会社は間違いなくブラック企業です。以下の記事ではブラック企業の特徴をご紹介しています。

ブラック企業の特徴と見分け方完全マニュアル|転職のプロが徹底解説

「就職や転職をする際はブラック企業を避けたい」ブラック企業やホワイト企業といった言葉はよく使われるようになりましたが、…

性格が内向的でぐいぐいと押しが強くない人にとっては、営業職を続けることは苦痛でしかありません。どうしても苦手な内容の仕事を無理に続けていては、そのうち弊害が必ず出てきます。

営業職辞めたい人が知りたい、営業職を辞めた理由・ストレス5選

営業職が辛く辞めたいと思っている人は、皆同じような悩みを抱えています。実際に営業職を辞めた人の理由やストレスになったポイントをご紹介します。きっと当てはまるものがあるはずです。

ノルマが厳しい

営業で一番のネックはノルマ。毎月毎月、目標という名のノルマを上司から言い渡されます。少し頑張れば手が届くぐらいのノルマなら、仕事なので頑張ろうという気もおこりますが、仕事に慣れていない場合や物を売りこんだり、初対面の人と話すのが苦手な人にとってはかなりの負担になります。

ノルマが達成できなければ、給与や賞与、出世にも響くとなるとストレスは増える一方です。

休日出勤が多く、拘束時間も長い

平日は残業が続き、休日まで営業の仕事に走り回っていては休む暇がありません。短期間であれば頑張れるかもしれませんが、拘束時間が長い日々が続くと体はもちろん心も疲れ果ててしまいます。

心身ともに疲れた状態では仕事の効率は上がらず、悪循環になるだけです。残業手当や休日出勤手当もなければ、モチベーションも下がって当然です。

休日出勤に長い拘束時間。それってもしかして、ブラック企業かもしれません。そんなブラック企業で働くのは心身の衛生上良くないことで、筆者の周りにも体を壊してブラック企業を辞めた方がいます。以下の記事では、ブラック企業を辞めたくなった時の考え方や辞め方をご紹介していますので是非参考にしてください。

自腹での出費が多い

営業職で多いのが、自腹での出費です。交通費、事務用品、会食などの接待費、携帯電話代の通信費など営業職は他人と関わる仕事で外に出ることが多いので、仕事を順調に進めていくためには様々な経費がかかります。

会社が全て負担してくれる場合は問題ありませんが、そうでない場合が多く身を削って働いても諸経費で自腹を切って収入が減るばかり…という結果になります。

人とコミュニケーションを取るのが苦手

営業職で一番大切なのは、人とのコミュニケーション。人と話すのが苦手で、初対面の人とコミュニケーションが取りにくい人にとっては営業職は苦痛でしかありません。年数が経つと慣れるからと我慢する人もいますが、自分の性格はなかなか変えることはできないものです。

上司や同僚との人間関係

会社はノルマをしっかり達成して、会社に業績をもたらす社員にはチヤホヤする傾向があります。逆に会社の収益に結びつかない使えない社員には、さらに厳しく冷たい態度を取ります。

営業職を続ける中で、上司から厳しくされ、営業実績を上げている同僚からは偉そうに言われていては、自分が営業成績を上げられないジレンマや上司や同僚から受けるストレス、人間関係にどんどん追いつめられることになります。

会社に勤めている上でストレスになりやすい上司との人間関係。以下の記事は人間関係に困ったとき参考になるノウハウをご紹介していますので、是非チェックしてみてください。

営業職辞めたい人が参考にしたい、営業職辞めるタイミング5選

実際に営業職を辞めようと思った時、今なら辞めるべき!辞めても大丈夫!というタイミングがあります。自分ができそうなタイミングをチェックしてみましょう。

断られることが苦手で精神的に辛くなった時

営業に出ると相手に断られることの連続です。特に見ず知らずの人に声をかけて物を売る場合、不信感から、罵声を浴びせかけられたり、あからさまに嫌な顔をされることが多くあります。

断られても断られてもくじけない強い精神の持ち主であれば続けられますが、断られることが苦手で、精神的にどうしても辛くなった時は、それ以上我慢する必要はありません。それ以上続けているとうつ病などの精神的な病気になる可能性もあるからです。

ノルマ達成が絶対条件となり、きつくなった時

ノルマを達成しなければ、給与減額、賞与カットなど厳しい条件を突き付けらることがあります。ノルマ達成が仕事を続けることの絶対条件になり、きつくなった時はあまりに負担が大きいので、辞めるのが賢明です。仕事は営業職だけではありません。病んでしまう前に辞める勇気が必要です。

生活費3ヶ月分を貯蓄できた時

仕事を辞めると、転職先が見つかるまでは収入が途絶えます。生活費として3ヶ月分の貯蓄が確保できたなら、辛い営業職からは離れて体も心も解き放ちましょう。

生活していく上でお金はなくてはならないものです。貯蓄もないのに辞めてしまうと、生活ができなくなり転職先も探せず、今よりさらに辛い思いをすることになるので、日頃からコツコツとお金を貯めておいてください。

会社の組織体制変更がある時

会社の上層部が大きく入れ替わったり、他の会社と合併するなど大きく組織体制が変更する場合があります。その時は退職するチャンスです。営業が嫌だから逃げた、と思われることなく会社の都合で辞めざるを得ないという印象を与え、円満退職に繋がるメリットがあります。

上司や先輩などとの人間関係が悪化した時

パワハラを続ける上司や先輩との人間関係は、会社にいる限り続きます。ある程度は我慢できたとしても、悪化して会社に足が運べないほどになってしまったら、すぐに辞めるべきです。話をして理解してもらえるような相手なら良いのですが、一旦悪化した人間関係は話し合いで解決できる可能性はとても低いです。

パワハラの特徴と、パワハラ上司の対処法、仕返し方法について以下の記事では詳しくご紹介しています。パワハラに悩んでいるということでしたら、まずは以下の記事をご覧になってください。

営業職辞めたい・出来ない時に役立つ対処法

営業職を辞めたいけれど、お金もない、会社に言い出せない、他の仕事に就いてもやっていく自信がない…という場合は何とかして退職せずに続けていく方法を考える必要があります。その対処法をご紹介します。

目標設定を低くし、達成しやすい目標に変える

回りの社員がどんどん高いノルマを達成しているからと、焦って自分も高い目標を掲げていると達成されないことによる喪失感、自己嫌悪など悪い方向へ向かいがちです。

ノルマは会社が決めるものですが絶対条件でないなら、自分が目指している目標設定を低くして、達成しやすい目標に変えてみましょう。今月は目標がクリアになったから、来月はもう少し頑張ってみよう!と前向きに考えることができるようになります。

以下の記事では、目標設定するための具体的なテクニックとおすすめの目標設定のためのテクニックをご紹介しています。

家族や友人に相談する

心配かけないようにと自分ひとりで悩んでいても、解決できないことはたくさんあります。親身になって聞いてくれる家族や親しい友人に相談してみましょう。的確なアドバイスや体験談など参考になる話を聞かせてもらえるかもしれません。また話を聞いてもらえるだけでも、心が落ち着いてどうすべきかが見えてくることもあります。

仲間や理解者を作る

営業職に就く社内には、同じように辛い思いをしている人がきっといるはずです。営業が苦手、なかなかノルマが達成できないなど、同じ悩みを抱える仲間や理解者を見つけて、一緒に乗り切る体制を作るのも効果的です。

仲間が頑張っている姿は自分の力にもなり、仲間や理解者からうまく営業職をこなす術を伝授してもらえることもあるでしょう。

異動願いを出す

会社を辞めずに仕事を続けるためには、異動願いを出すのもひとつの手です。営業職が苦手で向いていないと会社に伝え、他の部署で頑張りたい旨を意思表示してみましょう。仕事の内容が変われば本来の自分の力が発揮できるかもしれません。

営業している商品・サービスを第三者の目で見直してみる

実施に自分が営業している商品やサービスが、どうして売れないのか第三者の目で客観的に見直しみてはいかがでしょうか。自社の商品やサービスは売り込みたいがために、仕様やクオリティーなどなかなか客観的に見る機会がありませんが、見直しをすることで新たな戦略が浮かぶかもしれません。

新たな対策や戦略を企画し、会社に報告した後それがうまくいけば、評価も上がり仕事が楽しくなる可能性もあります。

目標達成した時のご褒美を決める

この目標が達成したら、以前から欲しかった時計を買おう、3ツ星のフレンチを食べに行こう、など自分へのご褒美を決めておきましょう。もしかすると後少しの努力や頑張りで目標が達成していたかもしれません。ご褒美のために頑張ろう!というテンションを上げてその効果がうまくプラスに働くこともあります。

新卒や新人、30代で営業職辞めたい気持ちが続く時の対処法

新卒で入った時や、比較的新人の頃、30代で営業職が辞めたくなった場合は、仕事に慣れていないことも考えられますが、他にも理由がいくつかあるはずです。その場合の対処法はどうすれば良いのでしょうか。

営業職が嫌なのか、人間関係が嫌なのかなど辞めたい原因を突き止める

仕事を辞めたい理由が、単に営業職が嫌いだからでしょうか。それとも上司や先輩、同僚との人間関係に悩んでいるからでしょうか。まずはその原因がどこにあるのか、よく考えて突き止めてみましょう。

会社側に相談することで会社を辞めずにすむことであれば、それにこしたことはありません。自分自身の心情や仕事内容を冷静に見つめ直すことが、悩みを解決することの一番の早道です。

以下の記事では営業職を辞めたくなったときにどのように自分に向き合えばよいのか、また辞めた後はどのようにすれば今後の人生がうまくいくのか、そのための具体的な考え方やノウハウを余すことなくご紹介しています。あなたが営業職を辞めたいと思うのであれば、是非ご覧ください。

営業職辞めたい気持ちが続くなら、辞めて転職も視野に

どんなに対処法を実践してもうまくいかず、営業職を続けることが無理で辞めたい気持ちが続くのであれば転職を考えてみましょう。

自分ひとりで転職先を探すには、大変な労力が必要です。しかも今の営業職を続けながらとなると、体力的にも精神的にもかなりの負担となります。そこでぜひ活用したいのが転職エージェントです。登録料などの費用は一切かからず、転職探しを快適に進めることができます。

営業が苦手だった自分のことを理解してもらった上で、担当者にしっかりサポートしてもらえるのが魅力で、多くの人が活用しています。また営業職にありがちな、ブラック企業も転職エージェントがしっかり審査をして選んでいるので、紹介されることはありません。

非公開求人も多くあり、たくさんの優良企業から選べる転職エージェントを利用して、自分にぴったりの職場を見つけましょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

営業職辞めたい人が考えるべき、営業職辞めたあとの事

営業職はそれ自体が悪いわけではありません。営業職に向いている人にとっては、やりがいのある仕事で長く続けている人もいます。営業職を辞めた後に、自分が何に向いているのか、今度はどんな内容の仕事なら続けているのか、しっかり見極めしょう。

単にノルマがあるから、やりたくないことだからという理由で辞めていては、どの仕事をやっても同じことです。逆に新しい仕事では、辛かった営業職で学んだことを活かしてステップアップできるようにするのがベストです。

辞めるのは生活費3ヶ月分を貯蓄した後に

辞めたはいいけど、なかなか次の仕事が見つからずに困るというのは避けたいところです。「辞めてから考えよう」という安易な考えで辞めるのではなく、最低でも3ヶ月分の生活費を貯めてから辞めるようにしましょう。

生活費が余分にある事で、焦って就職先を探さなくてよいので、余裕をもって再就職に臨むことが出来ます。

生活費の貯蓄が完了したら、失業給付金手当の申請準備です。

失業給付金とは「再就職する気はある」「でも、もし再就職先がなかなか見つからなかったら」「再就職先でお給料がもらえるまでどうしたら」という時に使える方法です。

失業給付金(失業保険)について詳しくは以下の記事でチェックしてください。

知らないと損する失業保険を満額もらうための全知識

「失業保険って何?」 「どうやったらもらえるの?」 「どれくらいもらえるの?」失業保険に対して、もらうための手続き…

この失業給付金は自己退職をしたらすぐに申請する事が可能になります。ただし自己退職の場合は申請がおりるまでに約3ヶ月の期間があるのでその間の生活費は確保しておいて欲しいのです。

そしてこの失業給付金をもらう為の条件、申請可能になる条件を以下でご紹介いたします。

失業給付金を申請できる条件

  • その3ヶ月の間はハローワークの転職講座に出席すること
  • 転職活動に専念すること
  • 雇用保険被保険者であり、退職した日からさかのぼって2年の間で1年以上の勤務期間があること
  • 再就職する気はあり、能力もあるが出来ない場合

以上がもらえる条件、申請可能な条件です。もし会社都合などで失業した場合はこの3ヶ月は免除される可能性もあります。

また、破産などの会社都合の退職、病気や妊娠出産、セクハラなどが原因の退職の場合は退職日からさかのぼった1年に半年以上勤務経験があれば申請は可能です。

次は失業給付金の申請場所・必要書類と方法です。

失業給付金の申請方法・申請場所・必要書類など

  • 申請場所 ハローワーク
  • 申請方法 ハローワークで求職の申し込みと失業給付金(手当)保険の受給申請を行う

申請場所と方法は上の通りです。次は以下で必要書類と必要なものをご説明いたします。

手続きの方法、手順については以下の記事で詳しく説明しています。

  • 必要書類1 雇用保険非保険者離職票
  • 必要書類2 本人確認、住所、年齢を確認できる官公署の発行した写真付きのもの(運転免許証、マイナンバー写真付きなど)

  • 必要なもの1  印鑑
  • 必要なもの2  本人名義の普通預金通帳・写真(縦3,横2.5cmの正面上半身、そして3ヶ月以内に撮影したもの)2枚

手続きの必要書類と失業給付金の受け取り方について詳しくは以下の記事をご覧ください。

失業保険の必要書類まとめ|ハローワークでの失業保険のもらい方

ハローワークでの失業保険のもらい方様々な理由で仕事を退職しなければならない時ってあると思います。中には、「次が決ま…

失業給付金はいつまでもらえる?いくらもらえる?

そして気になるのが失業給付金はいつまでもらえるのか、またいくらもらえるのかです。

  • 金額は直近6ヶ月の収入によって変わる
  • 勤続年数、年齢、退職理由によっても変わる

となっています。退職理由は「会社都合」か「自己都合」かで大きく条件や金額が変わってきますので、以下の2記事で確かめてください。

更に、失業給付金をいつまでもらえるのか、いくらもらえるのかを計算できるツールを以下にご紹介いたします。

失業給付金の給付額・期間を計算

基本的には失業給付金の給付額は退職前6ヶ月の給与の50~80%になります。期間もその人の事情によって変わりますのでぜひ自分はどうなるのか、チェックしてみてください。

この申請が下りれば焦らずに再就職に専念する事が出来ます。ぜひ利用を検討してください。

失業給付金の計算は複雑でわかりにくいですが、以下の記事でわかりやすく解説していますので、是非ご覧ください。

営業職辞めたい時と思ったら、一人で抱え込まずに家族や友人に相談を

営業職を辞めたいと思っていても、新しい職の当てもなく悩み続けている人が多くいます。そのまま続けるにしても、転職して新しい職場に移るにしても、一人で悩んでいては追い込まれるばかりで、何の解決にもなりません。

近くにいてくれる家族や友人に現状を相談して、どうすべきなのか客観的に見てもらい適切なアドバイスをもらいましょう。信頼できる人たちなら、建前でなく本音で親身になって相談にのってくれるはずです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。