営業職を辞めたいと感じるよくある4つの理由と対処法

 

 

営業職を辞めたいと思っていませんか?企業にとって、営業職の人間はなくてはならない存在ですし、営業マンがいるからこそ物やサービスを売ることができます。そんな営業マンですが、仕事がしんどいのも事実ですよね。

そこで、ここでは営業職を辞めたいよくある理由をまとめてみました。また、辞めたくなったときの対処法もお伝えします。

 

営業職を辞めたいよくある4つの理由

いったい、どのようなときに営業職を辞めたいと感じるのでしょうか。

営業職を辞めたい理由としては、主に以下4つの理由が挙げられます。詳しく見てみましょう。

  • 結果至上主義に疲れてしまった
  • 顧客のクレーム対応に疲れてしまった
  • 長時間労働がしんどい
  • 体育会系気質の上下関係がつらい

結果至上主義に疲れてしまった

営業職は、常に結果を出すことを求められます。結果がすべての世界なので、結果が伴わなければ、どんなに長時間働こうが、努力しようが認めてもらえません。毎日結果を出すことばかりを考える必要がありますし、そのような日々に疲れてしまうというのはよくあることです。

顧客のクレーム対応に疲れてしまった

営業職は、企業の窓口のような存在です。そのため、顧客からのクレームは真っ先に営業マンに向けられます。時には激しく罵倒されてしまうこともあるでしょうし、遅い時間まで対応に奔走するということもあるでしょう。これだと、心身ともに疲れてしまいます。

長時間労働がしんどい

営業マンの仕事は、担当しているお客様の仕事が終わってからが本番といわれています。例えば、お客様が19時ころに帰宅するのなら、それに合わせて自分が足を運ぶ、ということも多々あるのです。結果的に長時間労働となってしまいますし、睡眠時間がほとんどとれないということも珍しくありません。

体育会系気質の上下関係がつらい

会社によるかもしれませんが、営業職は比較的体育会系な気質が残っているところが多いです。非常に上下関係が厳しく、先輩からパワハラのようなことをされているケースもあります。慣れている人ならまだしも、慣れていない人だと精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

 

【関連記事】

営業に向いてないと悩むあなたへ!不向きを克服する方法と必要な力

 

結果至上主義の営業職でうまく行く方法

営業の仕事は結果がすべてだと言われています。結果がすべての厳しい世界のため、それが嫌になってしまう方も少なくありません。ここでは、結果至上主義の営業職で、うまくやっていくための4つの方法についてまとめてみました。

  • 営業のためのコミュニケーション能力を磨く
  • 行動目標を立てて実行する
  • 商材の知識を勉強する
  • 実力ある営業マンのマネをする

営業のためのコミュニケーション能力を磨く

営業マンに必要なスキルはいろいろとありますが、まずはコミュニケーションスキルです。自分が心を開くのはもちろん、相手にも心を開いてもらわなくてはなりません。コミュニケーションスキルを磨くことで、営業の仕事でも結果を出しやすくなるでしょう。

行動目標を立てて実行する

まずは目標を立ててみましょう。一ヵ月に契約を3つしか取れていない、3つしか商品を売れていないのなら、まずは5つくらいを目安に目標設定します。また、その目標を達成するためには、どのような行動が必要かということを、逆算しながら考えることも大切です。

商材の知識を勉強する

売ろうとしている商材について、熟知しておきましょう。自分の扱っている商材の魅力や特徴を知らずに、お客様に売ることはできません。熟知できていれば、自分の言葉でお客様に魅力を伝えられるはずです。実際に自分で使ってみたり、家族に使ってもらって感想をヒアリングしましょう。

実力ある営業マンのマネをする

どの会社にも、トップセールスマンと呼ばれるような人がいます。トップセールスマンも同じ人間ですし、決して魔法使いではありません。手っ取り早いのは、成功している人のまねをすることです。できることなら、トップセールスマンの営業に同行させてもらうといいですね。

 

顧客のクレーム対応で疲れない方法

営業マンの仕事で、もっとも疲れてしまうのはクレームへの対応でしょう。ただでさえ疲れているときに、ヒステリックに罵倒されてしまうと精神的に参ってしまいます。ここでは、顧客のクレームで疲れない3つの方法をまとめました。

  • 仕事だと割り切る
  • メールや電話を駆使する
  • ストレス解消法を身に付ける

仕事だと割り切る

激しいクレームが入ってしまうと、まるで自分の存在そのものを否定されているような気になります。ツライ気持ちになりますが、仕事だと割り切ってしまいましょう。怒られるのも、面倒くさいクレームに対応するのも、お給料に含まれていると考えることです。

メールや電話を駆使する

目の前でクレームを言われてしまうと、ストレスになってしまいます。高圧的な態度で罵倒するような人もいるでしょうし、あまり気分がいいものではありません。メールや電話を駆使すれば、とりあえず目の前で罵倒されることはなくなります。うまくクレーム対応に活用しましょう。

ストレス解消法を身に付ける

営業マンのストレスは相当なものです。ストレスを解消せずに仕事をしていると、どんどん溜まってしまい、いつか爆発してしまいます。せめて、一週間に一度はストレスを解消したいものですね。カラオケやスポーツで発散するのも良いでしょう。好きなことを思う存分やるのもいいですね。

 

【ストレス解消方法について詳しく】

【タイプ別】職場でストレスを抱えやすい原因と対処法

仕事のストレスがつらい人へ。タイプ別の対処法をご紹介

 

長時間労働でも疲れない方法

営業マンの労働時間はどうしても長くなりがちです。朝早くから夜は深夜にまで仕事が及ぶことも、珍しくありません。ここでは、営業マンにありがちな、長時間労働への対応策について、2つピックアップしました。

  • 会社に認められるだけの成果を出す
  • 疲れたときは適度にサボる

会社に認められるだけの成果を出す

成果を出してもいないのに、我先にと帰宅していると上司からどやされてしまいます。しかし、会社が認めるくらいの成果を出していれば、定時で上がっても大した文句は言われないでしょう。やることさえきっちりやっていればいいのです。定時に帰るためにも、成果を狙っていきましょう。

疲れたときは適度にサボる

一生懸命働くのは素晴らしいことですが、仕事だけが人生ではありません。疲れたときは、適度にさぼるなど、力を抜くことも覚えましょう。デキる営業マンほど、力を抜くところは抜いています。無理せずに働くためのポイントですね。

 

体育会系気質の上下関係でやっていく方法

営業の世界は、どうしても上下関係が厳しくなりがちです。体育会系気質なところも多いですし、それがストレスになってしまうこともあります。ここでは、体育会系気質の上下関係でやっていく方法をお伝えしましょう。

  • 必要以上に慣れ合わない
  • 時々は飲み会に参加する

必要以上に慣れ合わない

必要以上になれあってしまうと、完全に上下関係が出来上がってしまいます。仕事だけならまだしも、プライベートでも厳しい上下関係を持ち出されてしまう可能性もあります。そのようなことにならないよう、ある程度の距離感は保つようにしたほうが良いでしょう。

時々は飲み会に参加する

会社の飲み会や、営業部だけの飲み会などにできるだけ参加したくない、という方もいるでしょう。しかし、体育会系気質の人たちは、こうしたお酒の席をとても大切に考える傾向があります。そのため、適度に参加をしたほうが、良い関係を築くことができるでしょう。

 

それでも合わないと感じたときの転職先

いろいろ試したものの、やっぱり営業の仕事は自分に合わない、と思ったときにはどうすればいいのでしょうか。ルート営業や内勤営業の仕事を探す、キャリアチェンジするといった方法がありますね。詳しく見てみましょう。

ルート営業や内勤営業の仕事を探す

ルート営業というのは、すでに開拓している顧客のところを回る営業の仕事です。新規開拓のような仕事ではないため、精神的なプレッシャーからも逃れられます。また、内勤営業だと外回りをすることがないので、同じようにストレスは随分と軽減されるでしょう。

営業以外の仕事にキャリアチェンジする

いっそのこと、営業以外の仕事に転職するという手もあります。営業で得たスキルを活かせる仕事もあるでしょうし、キャリアチェンジは十分可能です。

営業は向いていなかったかもしれませんが、もしかするとほかの世界で活躍できるかもしれません。まったくの異業種に飛び込んでみる、というのも案外楽しいですよ。

 

【関連記事】

やりがいのある仕事の見つけ方・業種別やりがいのある仕事

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

拘束時間が長く、顧客のクレーム対応にも頭を悩ませてしまう営業職。人によって営業職が嫌になる理由もまちまちでしょうが、まずはここでご紹介した解決策も試してみましょう。

それでもダメなら、営業からほかの仕事に転職してみるのもアリですね。営業だけが仕事ではないので、もっと自分に合った世界が見つかるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。