▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

社会的地位の高い職業と低い職業|社会的地位の高い人と低い人の特徴も

「社会的地位の高い職業って何があるんだろう?医者?弁護士?商社マン?」「そもそも社会的地位って何だろう…」と、思ったことはありますよね。この記事では、一般に社会的地位が高いといわれている人や職業の特徴、あるいは社会的地位が低いといわれている人や職業について、網羅的にご紹介しています。あなたがイメージする社会的地位の高い人・職業とは何か、おわかりいただけるはずです。

職業の社会的位置づけとは

世の中には様々な職業が存在していますが、それらの職種に対して、それぞれどのようなイメージをもっているでしょうか? 「大変そう」「難しそう」といった漠然としたイメージから、「立派だなあ」「すごいなあ」といった憧憬まで様々かと思います。

いわゆる「社会的地位が高い職業」とは何でしょうか? 職業の社会的地位やその実態がどんなものか、ここではご説明していきます。

 

社会的地位の高い人の特徴4つ

漠然と「社会的地位」といいましたが、その定義はどんなものでしょう?

社会的地位(しゃかいてきちい)とは、社会の中に確立された、人々の名誉や威信を伴う位置。近代社会では、職業が地位の主な規定要因と考えられている。職業は、収入や生活水準や学歴や人間関係、日頃の生活などの情報も含む総合的な地位の指標だからである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E5%9C%B0%E4%BD%8D

つまり、身分差がなくなった現代では、主に職業が規定要因となっているようです。

社会学的には、何らかの社会的資源を多く持つものが「社会的地位の高い」状態といわれています。社会的資源とは、以下。

(1)物質的、エネルギー的な自然資源とその加工物である物的資源、(2)いわゆる知識や観念など具体的にはさまざまな形態の社会情報である情報的資源、(3)物的資源と情報的資源の特殊な組合せとしての人的資源、(4)以上の三つの資源に対する制御を含む社会関係として成立している、たとえば地位、権力、権限、威信、信用などのような関係的資源に大別される。

出典:https://kotobank.jp/word/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%B3%87%E6%BA%90-1543570

つまり、かみ砕いていうと、社会的地位とは、金銭や知識、人員や人脈といったものに集約されていくことになるでしょう。社会的地位の高い職業とは、一般的に多くの人に影響を与え、慕われ、その仕事の価値を尊重されている状態の職種、ということです。

ここでは一般的に考えられる、社会的地位の高い職業の具体的な例を挙げてみたいと思います。

1.多くの人に影響する仕事をしている人

その人の仕事が、多くの人に影響を与えるような職業の場合、社会的影響力が高いといえます。例えば、芸能人や文化人など、国民の大半に顔を知られていて、その言葉や振る舞いが影響を与えてしまう場合、人間性や良識など多くのものが問われます。

2.国を動かす仕事をしている人

政治家や官僚など、国の行く末に関わる仕事をしている人々です。選挙で政治家を選ぶのは我々ですが、日々変化する国際情勢の中で常に最良の決断をしなくてはならず、結果は全国民に影響するという重大なポジションです。

3.責任の重い仕事をしている人

責任の重い仕事、つまり取り返しややり直しができないものを扱っているという意味では、医師や看護師がそれに当たります。誰でも病気にはなる一方で、人の命を扱う医療関係者は決して失敗が許されません。だからこそ、人々の期待は厚く、病気を治して貰ったときの感謝は計り知れないのでしょう。

医療の仕事について詳しく知りたい方は、以下、医療の仕事について詳しくまとめていますのでご覧ください。

4.経済を大きく動かしている人

経済政策を決める政治家や日銀関係など。経済政策はわたしたちの就業や給与に大きく影響します。国民の暮らしや景気そのものを左右すると言ってもいいでしょう。

社会的地位が低い人の特徴5つ

一方で、社会的信用を失っている、地位が低い人というのも存在します。これは職種や業種に限らったものではなく、「この人は駄目だな」と、周囲から敬遠される要素です。以下に具体的な例を挙げていきます。

1.時間や納期を守らない

どのような職業でも、時間を守らず遅刻ばかりする、仕事の締め切りや納期を破る、といった振る舞いが続けば、社会的信用は得られません。約束は守り、万が一間に合わない場合はそれが解った時点ですぐに連絡する、というのが社会人の常識です。

2.金銭感覚が偏っている、お金にだらしがない

お金をすぐに使ってしまう、計画を立ててお金を使うことができない、というのも社会的に好ましくない行為です。買い物の欲求を我慢できないというのは、計画性がなく、自制心がない人間だと思われてしまいます。

果ては、借金をする、すぐに人に金の無心をするようになれば、社会的信用を落とし、周囲の人から見放されてしまうでしょう。お金はしっかり管理できるようになりましょう。

3.人の不幸な噂話が好き

特にお酒が入った席などで、人の不幸話や悪口を嬉々として話している人です。程度にもよりますが、他人の不幸を喜ぶというのは、あまり褒められた行為ではありません。それが続けば、周囲から人間性を疑われてしまうでしょう。

また、大概の人は、自分の前で誰かの悪口を言っていれば、他の場所は同じように自分の悪口を言っているだろう、と想像します。このような振る舞いを繰り返すと、周囲から信用されず徐々に孤立してしまうでしょう。

4.清潔感のない服装

不潔であることも周囲からの信用を落とします。高いおしゃれな洋服でなくて良いので、きちんと洗濯されたものを着て、毎日シャワーを浴びましょう。

5.法を犯した人

そして、最も社会的信用を失う行為が、違法行為です。前科がついてしまった場合、就業など通常の社会生活を送ることも困難が伴う場合が多いです。意図的な違法行為がもっての外なのはもちろんのこと、交通事故など思わぬことで加害者になってしまうことがないよう、気をつけたいところです。

 

社会的地位の高い職業は社会的信用の高さ

上記のことから、つまり社会的地位の高さというのは、周囲からの社会的信用の高さということが伺えます。以下で、社会的信用が高いいくつかの職業をあげていきます。

1.医師

多くの患者の病気を治療する医師は、尊敬を集める社会的地位の高い職業の一つです。医師免許を取るための勉強に多くの努力が必要な上に、医師になってからも自分の時間を使って多くの患者を助ける医師は、人々の感謝と尊敬、絶大な信用を得ていると言って良いでしょう。

2.大学教授

専門分野にもよりますが、日々研究をして人類の知見を広げていく大学教授もまた、社会的地位の高い職業です。ノーベル賞などで世界的に表彰されている理系の研修者の方々は、記憶に新しいところですが、やはり大いに皆の尊敬を集めています。

3.弁護士、公認会計士など

弁護士は司法試験という難しく高倍率の試験を突破しなくてはなりませんし、公認会計士という会計のプロフェッショナルもまた国家試験を取得しなくてはなれません。そういった頭脳の持ち主ということで、地位の高い職業と思われる傾向にあるようです。いずれも難関を突破しないとなれない職業なので、収入なども会社員の平均より高めになっています。

4.裁判官

裁判官になるにも、やはり司法試験に合格しなくてはなりません。司法修習を修了した人は、いわゆる法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)のいずれかに進むことになりますが、裁判官になる人はもっとも真面目で優秀な人物が任官されることが多いといわれています。

若くして良い成績を取っている人に積極的に声がかかるということです。司法試験に合格し、かつ、その中で人格にも優れている人が選ばれるため、とても狭い門だと言えるでしょう。

5.有名・一流企業の役員以上

有名企業や大企業の役員ともなると、何百人から何千人という社員の中から選ばれた存在です。社内で大きな業績を上げた、幾つも企画をヒットさせたなど、若いうちから能力を発揮した人がそういったポストに就くことがあります。

ただ、社長などトップは世襲制であることも多いので、その限りではありません。

6.官公庁で役職に就いている人

官公庁とは内閣をはじめとした行政機関のことです。各省庁から、市役所なども含まれます。役人、公務員だからといって偉いということはありませんが、責任あるポジションで国民の生活を支えている人たちです。

7.大使館・上級外交官

大使館とは、その国に対しての交渉、連絡、情報収集などを行う場所です。大使館職員は本国から派遣されている職員と円滑にコミュニケーションを行わなくてはならないので、その国の母国語と英語が少なくとも堪能でなくてはなりません。

外交官の仕事について知りたい方は、以下の記事で魅力ややりがい、また大変なこと、どうしたら外交官になれるのかなど詳細に解説していますので、ぜひご確認ください。

8.公務員

前述した官公庁に加え、警察官や消防士、教職員などさまざまな公務員が存在します。いずれも国家試験を受けて合格しなくてはなれないもので、専門の知識や技術が必要になってくるものです。中でも消防などは命がけの仕事でもあり、高い志や覚悟を持って勤めている方が多いです。

公務員に関心のある方、また消防士に関心のある方は以下の記事で詳しく魅力やなり方を紹介していますのでご確認ください。

また、人のためになる仕事はこの記事ではご紹介できないほど多くあります。以下の記事では、人のためになる社会的地位の高い仕事をまとめていますので、ぜひ、ご確認ください。あなたの仕事はどうでしょうか?

人のためになる仕事・職種まとめ|社会に役立つ仕事・女性向けも

今の仕事が本当に人の役に立っているかわからなくなってはいませんか? あるいは、人の役に立つ仕事をして世の中に貢献していき…

 

社会的地位の低い職業

一方で、主に金銭面などであまり社会的に評価されていない業種もあります。以下、一つずつ紹介していきます。

1.介護職

低賃金として真っ先に挙がる職業です。病気や怪我の知識やスキルが要る専門職ですが、まったく社会的に評価されていないのが現状です。今後高齢化社会が進み、今よりも需要が広がるであろう職業でもあります。業界の体系作りをし、社会的な評価、業界の賃金を上げることが求められています。

介護職の仕事内容が知りたい、あるいは「社会的地位も低いし、辛いし介護職辞めたい…」という方は、以下にまた介護職を辞めたい理由についてまとめましたのでご覧ください。介護職のリアルがわかるはずです。

2.看護職

医師同様、病気の患者を助ける看護職です。社会的評価は低くはないですが、医師の待遇や賃金と比べると大きく差があります。夜勤などハードな勤務内容の実態に、賃金が見合っていないという声も多いです。

「看護師の仕事内容ってきついこと以外にどんな魅力があるのか知りたい」「看護師の仕事を辞めたい」という方は、以下の記事に看護師の仕事と看護師をお辞めたい理由についてまとめていますので、ぜひご覧ください。白衣の天使は、非常に大変な仕事なのです。

3.シェフ

一言でシェフといっても実態は様々で、三つ星シェフとして売れっ子になる人もいれば、ブラックチェーン店の厨房で激務についている人もいます。クリエイティブな作業もあるので、向き不向きは大きいでしょう。料理の世界はどうしても昔ながらの徒弟制度が残っているので、一人前になるまでは、まともに扱ってもらえないところもあるようです。

 

学生の社会的地位

それでは、まだ職業についていない学生の社会的地位はどういったものでしょう? 学校の偏差値などによる差などはありますが、学生は一般的に社会のランク付けからは除外されている状態と見られているようです。学業に勤しみ、社会で活躍できるよう力を蓄えている状態です。

 

社会的地位が高い低いの条件は人によって異なる

いかがでしたでしょうか? 職種によって社会的なイメージや待遇の差はありますが、職業に貴賎はありません。前述した社会的信用を落とさないような行動を心がけ、どのような職業でも、自信を持って取り組んで成果を上げていれば、それで充分です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。