派遣社員とは|正社員や契約社員との違いやメリット・デメリットを徹底解説

派遣社員に登録されている方は、年々増え続けています。ご自身のライフスタイルの合わせて、契約内容を選ぶことができますし、正社員のように責任をそこまで負うこともないので、契約期間内を一生懸命にこなせば、嫌なことがあっても我慢して働くことも可能です。将来独立して企業を起こしたい方や、プライベートを充実させたい方など、期間限定で就労をされたい方には、派遣社員がおすすめです。就職する前に、ご自身のビジョンを明白にしておくことが、一番重要となり、人生設計がスムーズに進む手助けとなるでしょう。今回を期に、雇用形態を把握して、自分に合った職場を見つけることができるといいですね。

派遣社員とは

就職難といわれてきた日本の社会では、今もなお就職することが難しく、フリーターや契約社員などの雇用形態でも働きに出る方が増えてきました。

なぜ正社員での就職が困難となり、契約社員などの雇用形態のほうが就職しやすいのかなどを、詳しく調べていきます。

ここでは、契約社員のメリットデメリットなど、就職に役立つ情報をご紹介していきます。

派遣社員3年ルールとは

まず、契約社員とはどういった雇用形態となるのかをご説明していきます。

契約社員とは平たく言うと「雇用期間に定めがある」従業員のことを指し、その期間は最長3年までと定められています。

就労して3年が経ち、それ以降も働きたい場合には、更新という手続きを行い働くことも可能な会社も存在しますが、実際には、別の会社に移る方のほうが多い現状もあります。

スキルに応じて、契約内容が良い会社を選んで契約社員として雇用される方も少なくありません。

ご自身に合った条件を探して就職される賢い方法といえます。

派遣社員と正社員・契約社員・アルバイトの違い

正社員は、契約期間が定められておらず、自らの退社や解雇されない限り働き続けることができるので「安定」を得ることが一番のメリットとなります。

それでは、派遣社員と正社員、契約社員、アルバイトの違いをここで比較していきましょう。

雇用期間・契約期間

正社員の雇用期間は無期限です。派遣社員の雇用期間は、最大3年と短く設定されています。

派遣先にも異なりますが、その期間は選ぶことも可能な就職先もあります。契約社員は、派遣社員とは異なり、雇用する会社側が期限を定めて就労させる社員をいいます。

期間は、会社側が定めるため、それぞれの期間が設けてあります。その条件をあらかじめ明白にしておくことが重要となります。

アルバイトとは、そもそも雇用形態が全く異なり、期間も会社によって違うので、働きたい会社に直接面接をして相談するのが一般的です。

下記は、アルバイトの定義を引用しています。

 本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること。

雇用主

正社員の場合、雇用主は会社の代表取締役社長が就労許可をだし正規社員として採用します。

派遣社員の場合、雇用主は派遣会社側となり、就職先の代表が雇用する形ではありません。あくまでも派遣される立場なので、派遣会社での契約となるので注意が必要です。

契約社員の場合、雇用される会社側が契約内容を提示してくるので、その内容を確認し契約を結びます。

よって、契約社員の雇用主は就職先の会社代表取締役社長となります。アルバイトの雇用主は、正社員、契約社員同様、就職先の会社代表取締役社長となります。

仕事量・仕事内容の範囲

正社員の仕事量は、契約の際に提示される時間が主になります。

仕事の内容は、会社にとって有益となることを積極的に行ってもらい、責任ある仕事を任せられます。派遣社員の仕事量は、8時間労働を守る範囲内とされています。残業などの時間外労働はしてはならないというケースもあります。

仕事内容の範囲は、正社員のように責任ある仕事は任せてもらえず、その他の雑務などの仕事内容になることがあります。

専門職の場合、スペシャリストとしての採用であれば、技術に伴って仕事を与えられることもあります。

契約社員は、あくまでも契約となるので、責任ある仕事も業績によっては任されることもありますが、基本的には補佐的な仕事を任されることが多くなります。

また、契約社員は時間外労働は基本的には許されていないので、8時間内の労働となります。アルバイトの場合は、すべて契約通りの就労条件となります。責任ある仕事は一切任されないので、給与も安い傾向にあります。

派遣社員のメリット

実際に就職される際に、正社員や契約社員のどちらかを選ぶかは、ご自身の生活スタイルの合わせて選ぶことが可能です。

ここでは、派遣会社に登録をして派遣社員として就労される方に、どんなメリットがあるのかをご紹介していきます。

条件のあった仕事を紹介してくれる

まずは、派遣会社に登録をする際に、ご自身が理想とする雇用形態を相談することから始まります。

派遣社員の良いところはずばり、条件が自分で決められることにあります。

また、派遣会社が自分に合った就職先を探してくれるので、待っているだけで理想な職場が見つけることができます。

業種や仕事内容、勤務時間などを自分で選べる

派遣社員の場合、業種や仕事内容、勤務時間が自由に選ぶことができます。

また、契約期間も選べるので、長く同じ職場にいることが苦手な方は、短期間で集中して仕事をして稼ぐことができるので、そのメリットを利用して生活をしている方も少なくありません。

派遣社員のデメリット

派遣社員のメリットをあげてみましたが、良いことばかりではありません。

派遣社員になると、デメリットもあることを把握しておく必要があります。

ここでは、派遣社員になるデメリットをご紹介していきます。

派遣社員の派遣先雇用期間は最長3年、つまり3年以上同じ場所で働くことができない

先ほども述べたように、派遣社員の場合原則として最長3年しか同じ場所で就労することができません。

せっかく仕事になれてきたのに、契約の3年が経ってしまい、契約終了となるので注意が必要です。

契約で決まった内容の仕事しかできない

また、派遣社員の場合、契約された内容の仕事しかできない定めがあります。

就労している際に、スキルがあり有能であっても、契約以上の仕事を任せてはいけない約束があります。

会社側が、正社員として認め仕事をさせたいと思っても、契約期間はその内容に従わなければいけない厳しいルールがあります。

ボーナス・退職金、交通費支給などがない

派遣社員の場合、残念なことにボーナスや退職金、交通費支給といった福利厚生が全く得られません。

特別な仕事をまかせられない分、こういった保障は受けることができないので、契約の際にはしっかりと考慮して契約を結びましょう。

突然、契約打ち切られる可能性もある

就労している際に、不祥事を起こしたり、勤務態度が悪かった場合など、突然契約を打ち切られることもあります。

正社員の場合、解雇といった突然のクビは、なかなかありません。

実際に解雇となる場合は、事前に警告が入りますが、派遣社員の場合には、その日に契約打ち切りという可能性もあります。

派遣社員がおすすめな人

就職を考えている方で、ご自身がどの雇用形態が合っているのか迷ってしまう方も少なくありません。

ここでは、派遣社員がおすすめの方をご紹介していきます。

専門的なスキルを高めたい人

派遣社員に登録される際に、ご自身の得意分野や専門的スキルなどのアピールは必須です。

また、専門職への派遣を依頼をして、スキルアップの向上につなげたい方には、とってもおすすめです。

短期間で専門的スキルを習得したい方や、将来独立を考えている方は、正社員になるより派遣社員としてスキルアップすることができるのも魅力です。

プライベートと仕事を両立したい人

正社員になってしまうと、会社のために人生をささげなくてはならないことになる可能性もありますので、プライベートを充実させたい方は、派遣社員がおすすめです。

契約時間には、帰宅することが可能なので、アフター5が充実しますし、自分の時間を犠牲にすることもありません。

期間を決めて働きたい人

責任を負わない仕事を、効率よく働くことができるのが派遣社員の最大のメリットかもしれません。

また、期間を決めて働きたい肩には、特におすすめの雇用形態です。

しかも、最大3年と期間が決められているので、それ以上は新しい職種に就くことが可能なので、しがらみなどに巻き込まれることも少なくなります。

仕事は仕事、プライベートと混同されたくないタイトな人生設計を立てられてる方は、派遣社員になると生活スタイルを崩すことがありません。

派遣社員の実態

派遣社員として就労している方は、男女比で8:2と男性が多く、年齢は30代~40代と中堅世代が占めているようです。

ひと昔前までは、正社員として働くことがステイタスでしたが、今の世の中では、プライベートを充実させたい方が、契約期間内に仕事をしっかりしてメリハリある生活を優先させる傾向にあるようです。

また、人間関係は薄く、さっぱりとして付き合えることから、派遣社員に登録する方が圧倒的に多く、仕事だけをこなしてプライベートは入らせないといったスタイルが主流となっています。

責任を負いたくないという考えから、派遣社員を選ぶ方が増えているのは、時代の流れと関係しているのは事実のようです。

派遣社員から正社員になれる?

派遣社員で就労している際に、この先もずっとこの仕事が続けたい!と思う方も少なくありません。その場合、派遣社員から正社員になることは可能な場合があります。

しかし、会社側にその制度がなければ、正社員になることはできません。

就労する前に、その会社で前例があるかを確認しておき、紹介予定派遣(就労してから、正社員に採用してもよいという契約)を結んでおくことも視野に入れましょう。

実際には、派遣社員から正社員になるのは、簡単なことではありませんので、就職や転職を考える際には、最初から正社員になる覚悟を決めておくことが重要となります。

派遣社員は期間限定で働きたい人におすすめ

派遣社員に登録されている方は、年々増え続けています。

ご自身のライフスタイルの合わせて、契約内容を選ぶことができますし、正社員のように責任をそこまで負うこともないので、契約期間内を一生懸命にこなせば、嫌なことがあっても我慢して働くことも可能です。

将来独立して企業を起こしたい方や、プライベートを充実させたい方など、期間限定で就労をされたい方には、派遣社員がおすすめです。

就職する前に、ご自身のビジョンを明白にしておくことが、一番重要となり、人生設計がスムーズに進む手助けとなるでしょう。

今回を期に、雇用形態を把握して、自分に合った職場を見つけることができるといいですね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。