石川で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

「石川で転職したい!」
このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?
その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。
この記事では、石川で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。
最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

石川で転職する特徴

石川は加賀百万石と呼ばれ、前田利家が納めていた土地で、総人口約117万人の伝統工芸が盛んな街です。
人工の約4割にあたる46万人が県庁所在地となる金沢市に集中しており、小松市は第2の街として約11万人が暮らしています。
石川には、日本三大庭園の一つ兼六園があり、また、国が指定している重要文化財保存地区に指定されている「ひがし茶屋街」がありますし、冬の石川は雪を見ながら温泉に入ることができる旅館やホテルが多いため観光業も盛んとなっています。
また、自然豊かな石川は農業も盛んで、米やスイカが名産となっており、加茂野菜も石川を代表する野菜の一つです。
北部は海に囲まれているため漁業も盛んで、魚介類を贅沢につかった能登丼は石川の郷土料理の一つとなっています。
特に漁業は体験乗船研修などを定期的に開催し漁師の確保に力を入れており、未経験での転職も可能です。
そのほか、2015年に北陸新幹線が開通したことで、金沢市小松市、白山市は新幹線の発着駅となっていますから、この3都市の周辺ではオフィスワークや接客業の求人も多くなっています。
高齢化が進む石川では介護や医療関係の求人も豊富で、とくにお年寄りが多い地域では訪問看護を行う看護師や介護士、保健指導を行うケアマネージャーなどの求人も多くなっており、社会福祉士や介護士になりたい人は働きながら資格が取れるように配慮してくれる企業もたくさんあります。
さらに石川は第一次産業だけではなく、第二次産業も盛んで、特に製造業が発展しています。
小松島市は生産用機械の製造が盛んで、出荷額も全国トップクラスとなっています。

石川で転職するメリット

石川で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。
[aside type=”normal”]石川で転職するメリット

  • 平均年収が若干高い
  • 求人倍率が高く転職しやすい
  • 電気代とガス代が安い
  • 自然が豊かで新鮮な食べ物が食べられる
  • 求人が豊富
[/box] 1つずつ詳しく解説いたします。
●平均年収が若干高い
石川の平均年収は全国の平均年収より若干上回っており、平均年収が約435万円となっています。
これは全国で第25位となっており、全国平均より高いため転職により年収アップが期待できます。
石川は最低賃金もさほど低くないため、年収が全国平均より高いので生活しやすい環境と言えるでしょう。
●求人倍率が高く転職しやすい
石川の求人倍率は全国第3位にという高位置につけており、とても転職しやすい状況と言えます。
1位福井、2位東京に次いで第3位ですので、石川は今人手不足の状態と言えるでしょう。
ですので、比較的どの業種や職種もそれほど高いスキルやキャリアがなくても転職できる状態で、介護関係にいたっては未経験でも資格を取得させてくれるなど好待遇な求人も多くなっています。
●電気代とガス代が安い
石川の物価は全体的に見ると高めなのですが、電気代とガス代はとても安く、電気代は全国で第45位、ガス代は第41位と、とても低い料金となっています。
ただ、水道代は第4位と高めですので、節水が必要になりますが、生活の基盤となる電気代やガス代が安いのは、生活していくためには好条件と言えるでしょう。
●自然が豊かで新鮮な食べ物が食べられる
石川は豊な自然に囲まれているため、漁業と農業が盛んな街です。
特に海に面している地域が多いため、漁業を生業としている家庭もたくさんあります。
海で採れたものや山で採れたものをその日のうちに食べることもでき、大自然の中で育った農作物や魚介類はとても新鮮で、他の地域では味わえない料理もたくさんあります。
毎日の食卓に新鮮なものを食べられるので健康な体作りができるでしょう。
●求人が豊富
石川の求人倍率のお話をしましたが、求人倍率が高いということは、それだけ求人が余っている状況ですので求人数は豊富にあります。
漁業や農業、製造業などが盛んですが、観光業やサービス業なども盛んで、建設機械で有名なコマツは、小松市に本社があります。
他にも大企業の支店や支社、営業所などが石川に点在していますので、大企業や優良企業への転職も可能でしょう。

石川で転職するデメリット

石川で転職するデメリットとしては以下の5つが挙げられます。
[aside type=”normal”]石川で転職するデメリット

  • 全体的に物価が高い
  • 交通が不便で車が必要
  • 夏は猛暑で冬は雪に悩まされる
  • 遊ぶ場所が少ない
  • 若い人が少ない
[/box] 1つずつ詳しく解説いたします。
●全体的に物価が高い
石川は全体的に物価が高いので、生活には工夫が必要です。
年収は全国平均より高いのですが、物価も高く、全体的な物価の高さは全国第7位とかなり高いことを示しています。
いくら年収が平均年収より高いといえども、全国7位の物価の高さであれば日々の生活に工夫が必要です。
ガス代や電気代は安いのですが、水道代も高いため、生活の工夫は避けられないでしょう。
●交通が不便で車が必要
石川は北陸新幹線やJR,私鉄、バスなどがありますので一見交通の便が良いように思えますが、北部や南東部は電車が通ていないところも多く、バスも数時間待たなければ1本もないというところもあります。
ですが、車であれば高速道路もありますし、のと里山街道、能超自動車道もあり、国道や県道、なども縦横無尽に走っていますのでとても便利です。
通勤には車通勤OKという企業も多いので、石川に転職するなら車が必要と考えておいた方が良いでしょう。
●夏は猛暑で冬は雪に悩まされる
石川は日本海に面していることから、1年中湿度が高く年中雨や雪が降りやすい街です。
また、夏にはフェーン現象の影響で緯度が高いにも関わらず35度を超える猛暑日になることもあります。
夏は猛暑となり、冬は雪が降り雪かきが必要になる地域ですので、営業や屋外での仕事となる人は体力も必要です。
●遊ぶ場所が少ない
石川は自然が豊かなため、空気は綺麗で新鮮な農作物や魚介類を堪能することはできますが、その分遊園地やテーマパークがなく、大型ショッピングセンターもとても少ない街です。
そのため、気分転換に遊びたいなと思っても、他県に足を運ばなければならないので羽目をはずして思いっきり遊びたい時は遠出しなければなりません。
アフターファイブや休日は自然に触れることでリフレッシュする方法を考えておいた方が良いでしょう。
●若い人が少ない
石川は高齢化が進んでおり、若年層の人口が減っています。総人口117万人のうち15歳以下の人口はなんと15.2千人しかいません。
ですが、64歳以上の人口はこの2倍にあたる31.3千任いますので、人口の約27%が高齢者になります。
過疎化が進んでいる地域もありますので、転職した先に若い人が少ない、またはいないということもあります。
 

石川の平均年収

年収ガイドによると、2016年の石川の平均年収は約「435万円」という統計が出ています。
つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をやや上回る データとなっています。
また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均 男性 女性
月給 29万円 33万円 23万円
ボーナス 75万円 88万円 55万円
年収 435万円 492万円 342万円

 

石川における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、石川での求人倍率は「1.90倍」となっています。
ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、石川の求人倍率は全国に比べて極めて高いと言えます。
石川は高齢化が進んでおり若い世代が少ないため、労働できる年代が少なくなっています。
そのため求人が余っている状態になり、人手不足の状況が続いています。
求人倍率がこれだけ高いのも、少子高齢化の影響を受けていると思われます。
 

石川で転職しやすい職種

石川で転職しやすい職種は、漁業と介護・医療関係です。
現在、漁師が不足している石川では漁師を確保しようと様々な企画を主催してますし、高齢化に伴い介護や医療関係の求人はとても多くなっています。
では、それぞれ詳しく解説いたします。

漁業

石川は日本海に面している地域で、海岸線の総延長はなんと580㎞にも及びます。ですので、漁業が盛んな地域なのですが高齢化に伴い漁師の数が激減しています。
なんとか漁師を増やそうと、石川では体験乗船研修などを通して漁師を増やす努力をしています。
また、漁師になるための指導援助活動も石川県漁業士会が積極的に行っており、なんとか漁師の後継者問題を解決しようと奮闘しています。
そのため、漁業関係は未経験でも採用してくれることが多く、採用してから育てていく組合が多くなっています。
漁業経験がある人は少ないと思いますが、少しでも漁業に興味がある人は体験乗船研修などに参加すると良いでしょう。
今なら漁業への転職は比較的簡単にできる時期です。

介護・医療関係

高齢化が進んでいる石川は、介護士や訪問看護師、ケアマネージャーなどの求人が多く、人手不足となっています。
実際に病院に通えない高齢者も多いので、訪問看護師や介護士は特に不足していますので、今なら比較的簡単に転職できるでしょう。
社会福祉士や介護福祉士を目指している人は、石川なら希望の勤務時間に調整してくれる施設もありますし、仕事をしながら専門学校や通信教育を受けることができるため好待遇の求人が多くなっています。
資格取得を目指している人は石川に転職すると手厚い待遇を受けることができるでしょう。
 

石川での転職を成功させるポイント

石川での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。
[aside type=”normal”]石川転職を成功させる4つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • 先に居住先を見つけること
  • 自分の望む職種や業種があるか確認する
  • 転職エージェントを利用する
[/box] 1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

どこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。
それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。
なぜならば、以下の3つの理由がありからです。
[aside type=”normal”]会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 気持ちの余裕ができる
  • 家を借りれなくなる
  • 金銭的に厳しくなってくる
[/box] ●理由①:気持ちの余裕ができる
会社を辞めた後に転職活動を行ってしまうと、上手くいかなくなった時にてんしょくにあせってしまいがちです。
そうなると労働条件の悪いブラック企業等の判断もつかないくらいにパニックになってしまい、条件の悪い転職をしてしまう可能性があります。
そうならないためにも在職中に転職活動を行うことで、「転職できなくてもいいや」と余裕を持って行動することができ、的確な判断をできるようになります。
●理由②:家を借りれなくなる
今務めている会社を辞めて無職という肩書になってしまうと、社会的信用がなくなってしまいます。
そうなってしまうと家を借りるとなったときに、手続きがややこしくなったり、特に東京では審査が厳しいために入居すらさせてくれないといった事態が起きます。
そうなる前に、転職活動は会社を辞める前から行っておきましょう。
●理由③:金銭的に厳しくなってくる
転職活動は早くても3ヵ月程度はかかると見積もっておいたほうがいいです。
そのため、生活費や交通費などの転職資金がある程度必要になってきます。
そうなった場合に、給料が毎月もらえるのともらえないのとでは安心感が全く違うので、転職活動中に会社は辞めないでおきましょう。

先に居住先を見つけること

石川の場合、求人倍率が1.90という驚異的な高さですので、現地についてからでも転職は可能でしょう。
問題なのは、石川の交通網です。交通網が不便なため、自分が通勤しやすい場所に居住しなければ通勤が苦痛になり、せっかく転職したのに辞めてしまうということにもなりかねません。
そこで、石川の転職を成功させるためのポイントは、まず通勤しやすい場所に居住先を見つけて、その範囲内で転職先を見つける方が良いでしょう。
ただし、漁業関係なら日本海沿いの方が良いですし、オフィスワークや営業関係なら金沢市や小松市、白山市の新幹線の発着駅があるところが良いなど、自分が転職したい職業や職種によって居住先を考える必要はあります。

自分の望む職種や業種があるか確認する

石川の場合、求人数はとても多く人手不足の状態ですので何らかの職業には転職できます。
ですが、求人数は多くても職種が少ないので、自分のやりたい職種や職業があるのかをまずは確認しなければなりません。
いくら人手不足の状態でも、あまりに求人が少ない業界や職種の場合、転職が困難になる可能性もあります。
もし、自分の望む職種や業種の求人がどれくらいあるのかを確認せず、先に石川に住んでしまっては、いくら求人倍率が高いからと言っても自分の望む職種に転職することはできません。
石川で転職を成功させるには、自分がなりたい職種や業種の求人がどれくらいあるのか、また、転職できる可能性はあるのかなども調べておく必要があります。

転職エージェントを利用する

転職に成功するには、より高度な転職に関する知識が必要となります。
そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、数十社受けても1社通るかどうか怪しいところです。
しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。
さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。
ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。
以下に石川転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。
 

石川転職に強い転職エージェント

石川は求人数が豊富ですが、職種が少ない地域です。
また、転職エージェントの拠点も少ないのですが、まずは求人数が多い転職エージェントに登録することで自分が希望する職種が見つかる可能性も高まります。
そして、地域密着型の転職エージェントも抑えておけば、石川の転職はうまくいくでしょう。
そこで、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。
より詳しくは『石川のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 業界最大手の転職エージェント


リクルートエージェントは転職エージェント業界では実績・求人数もNO,1の最大手転職エージェントです。
求人数はなんと非公開求人を合わせると15万件を超えるといわれており、石川の求人も非公開求人を合わせると800件以上を保有しています。
大手転職エージェントですので、大企業や優良企業の求人も扱っていますから、転職を機に年収アップやキャリアアップできる可能性もあります。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

DODA | キャリアコンサルタントの質が高い業界NO,2!


DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の転職エージェントです。
求人数はリクルートエージェントに及びませんが、それでも約10万件の求人を保有していますので、石川の求人も豊富です。
公開している求人だけでも約500件ありますから、非公開を入れると1,000件を超えると言われています。
DODAのキャリアコンサルタントは質が高く、初心者にも丁寧に対応してくれますし、登録者のペースに合わせてサポートしてくれますので、初めて転職エージェントを利用する人におすすめです。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

人材情報センター | 地域密着型で石川の求人を網羅


人材情報センターは石川、福井、富山の北陸3県に特化した転職エージェントです。
創業30年という歴史があり、企業からの信頼も厚いため企業とのパイプも太く人材情報センターにしかない独占求人も保有しています。
独占求人の場合、好待遇の求人が多いので、石川で転職するには人材情報センターは押さえておきたい転職エージェントです。

公式サイトへ

まとめ

いかがでしたか?
石川で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。
その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。
まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • 人材情報センター

あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *