人事の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

企業の人事の仕事の役割は「人材資源を有効活用して企業価値の最大化を担う」ことです。人事の仕事は、常に経営的視点に立ち、経営資源のひとつ“ヒト”に関わるすべてを網羅する責任とやりがいに満ちた職種です。この記事では、人事の仕事の種類ややりがい、魅力のほか、人事の仕事をするにはどうしたらいいかについて、更に人事の仕事の辛い部分もご紹介します。

人事の仕事の内容・業務

人事の仕事といえば採用活動をイメージされるかもしれませんが、あくまで業務の一つに過ぎません。

人事の使命は、会社の保有する経営資源「ヒト・モノ・カネ・情報」のうち、「ヒト」という経営資源を最大限発揮し、会社を発展させることが人事の最大の仕事になります。

人事は会社を発展させるために、人材の採用や最適な人員配置、働きやすい労働環境の整備、人材教育などを行う必要があります。そのため、採用活動以外にも人事の業務は多岐に渡ります。

また、さまざまな社内外の人とコミュニケーションを取り、現状の課題を解決するための解決策を実行するという経営陣寄りの考え方を持ち仕事を行なっています。

人事の仕事量は、会社により大幅に異なります。小規模な会社の場合には、採用から労働環境の整備、場合によっては経理なども一人で行わなければならないこともあります。逆に、大規模な会社の場合には、細分化した仕事を選任される場合もありますが、全ては社員が働きやすい環境を整えるための手助けをするという仕事の目的は変わりません。

会社の規模が大きくなるほど人事情報を集約し人材の有効活用をスムーズに行う必要があります。営業部などにはモノやカネの責任があるため、ヒトの管理まで任せてしまうと非効率な人材活用になってしまいます。

そこで、人事が他の部署の代わりにヒトという経営資源を有効活用することが重要になります。ヒトという経営資源を有効活用するためには社員一人ひとりのモチベーションを高く保つための仕組み作りを行い、環境を整えることが役割となります。

人事の1日の仕事の流れ

ここでは、人事の仕事の主な1日の流れをご紹介していきます。

  • 給与計算、労務管理

日々の勤務状況をチェックし、残業代などの計算を行い、給与システムにデータの反映とチェックを行います。

  • 社会保険手続き

中途採用者がいる場合など、社会保険や雇用保険の加入手続きを行います。

  • 採用連絡

内定者が決まっている場合には入社までの今後のスケジュールなどを連絡しフォローします。

  • 採用活動

採用計画をもとに企業説明会で使う資料の作成などを行います。その他、求人に関するお問い合わせに返信する必要があります。

  • 評価制度や人員配置の見直し

会社の評価制度や人員配置の見直しなど社員のモチベーションを上げることや配置転換をすることで人材の有効活用を行います。

人事の仕事は会社によって仕事量が変わるため一概に同様の流れになるとは言えません。また、時期によっては確定申告などの業務が通常業務に加わります。人事では上記の仕事を日々行なっています。

人事の仕事の種類

人事の仕事といっても、人事の仕事には多くの種類があります。以下、1つずつご紹介します。

人事企画

会社が定めている目標をもとに、適切な人員配置がされているかを確認します。

採用活動

採用計画をもとに新卒や中途採用など会社にとって必要な人員を採用します。

人材教育

自社の社員の能力を高め、会社が発展するために必要な研修を計画します。

評価制度

社員一人ひとりの評価が適正に下されるための制度を作ります。

給与計算

社員が労働の対価として会社から受け取る報酬の計算を行います。

社会保険手続き

全社員を社会保険に加入させるために入社時の加入手続き、退社時の資格喪失手続きを行います。

健康診断

社員一人ひとりの心身の健康状態を管理するために行います。

労働トラブルの解決

会社と社員の両者の間に立ち、トラブルの解決を行います。

ご紹介した全ての仕事は、会社で働く社員が高いモチベーションを保ち、安心して働くことのできる環境を整えることが目的となります。様々な視点から社員の能力が最大限に活かされるようフォローすることを人事は考えなければなりません。

人事の仕事のやりがい

以下、人事の仕事をしている方々から多く寄せられた、人事の仕事のやりがいをご紹介します。

  • 採用した社員が成長し、会社に大きく貢献してくれる人材になったとき
  • 仕事にやりがいを持ちながら楽しく働いていることを聞いた時
  • 社員一人ひとり人生に深く関わり一緒に目標を達成するための手助けをし、達成した時
  • 新しい働き方の仕組みづくりをすることができる
  • 経営的視点を得ることができる

会社の未来は、会社で働く社員の質がとても大きく関わっています。人事の仕事はその社員たちを採用段階から関わることができることができる仕事です。採用した人材が数年後には立派な戦力として成長し、会社全体を盛り上げてくれるような存在になった時にやりがいを感じます。

その他、企業説明会などで自社についてプレゼンする能力、経営陣と会議などで話す機会も多いことから経営的視点を学ぶことができます。他部署、経営陣と様々な人と繋がることができ、最適解のない課題を解決する力が身に付けることができます。

人事の仕事の辛い部分

以下、人事の仕事をしている方々から寄せられた、人事の仕事の主な辛い部分をご紹介します。

  • ミスをしないのが当たり前
  • 採用の責任が重い
  • 経営的視点を必要とし、会社の方向性を理解しなければならない
  • 労働トラブルの際は会社と従業員の間に入り、トラブルを解決しなければならない
  • 労働基準法など常に新しい知識を身に付ける必要がある
  • 社員からの風当たりが強いことがある

人事の仕事は給与計算や社会保険手続きなどミスの許されない業務です。社員に安心して働いてもらうためにも正確な業務が当たり前に求められます。

また、採用活動や人事評価など冷静に判断を下さなければならない場面があります。人事評価など全ての人に納得してもらうことの難しい課題が多く存在することから、社員からの風当たりが強くなってしまうことがあります。

人事の仕事をするには

以下のような資格を持っていると、人事の仕事にすぐに活かすことができます。物によっては国家資格であったりと難易度が高いものがありますが所有していることで一目置かれる資格です。

全ての資格を持っていなければ仕事をできない訳ではありませんが、人事は常に勉強をしていく職種ですのでゆくゆくは資格を取得できるように早い段階から勉強をしておくと良いでしょう。

  • 日商簿記

おなじみの資格ですが、経理だけでなく人事の仕事を行うにおいても必要な知識ですので日商簿記3級は取っておきましょう。

  • 第一種衛生管理者、第二種衛生管理者

常時50人以上の労働者を使用する事業所ではこの安全衛生責任者が一定数選任する必要があります。主な業務として社員の健康を守るための環境管理や健康管理といったものがあげられます。

  • キャリアコンサルタント

2016年から国家資格となったこの資格は、社員一人ひとりの課題や能力開発について専門的な視点からアドバイスをすることができるようになります。社員の教育や研修の際、人員配置を検討するときなど様々な場面で活用することができる資格です。

  • 社会保険労務士

社会保険手続きなどの事務処理を行う上で必須の資格です。社員が安心して働くことのできる環境を作ることができるようになります。労務関係の仕事をメインでされる人事の方は自身のキャリアアップのためにも取得したい資格です。

  • メンタルヘルス・マネジメント検定

近年、会社の重要な課題となっている社員のメンタルヘルス問題。この資格では、社員のストレスに対して適切な対処の方法を学ぶことができるようになります。未然に社員の心の不調を防ぎ、大切な社員の労働生産性を向上を図るための環境作りを目指すためにも勉強しておきたい資格です。

  • MOS

人事の仕事はMicrosoft Officeを使いデータ管理をしているところが数多くあります。社員一人ひとりの情報などを効率よく扱うためにもこの資格を持っておくことで作業が大幅に短縮できるようになります。データ管理ソフトの正しい使い方を知ることでミスを防ぎ、大切な情報を正確に効率よく処理するためにも取得しておきたい資格です。

資格以外にも、労働基準法などを日々勉強しておくことで職場環境の改善に役立てることができます。また、人気のある業界など様々な情報に対するアンテナを常に張っておくことで採用活動に即役立てることができます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

人事の仕事の主な就職先

大小、ベンチャー企業問わず、様々な企業が人事の募集を行なっています。募集している企業はどこも経営的視点を持ち数年以上の長期的視点で会社を発展させてくれることを人事に求めています。

また、人事未経験でも募集している企業はたくさんあります。面接時には、その企業が人事に何を求めているのかを考え自分自身の意見を述べることができるように企業分析をしましょう。

人事を希望する理由が明確になっており、論理的に自分の考えを伝えることができるかどうかで面接官の印象は大きく変わります。自分が面説管になったとしたらどのような考え方を持っている人を採用するか改めて考えて見るのも良いです。

人事の仕事はとても魅力的

人事の仕事は、採用から成長し活躍するまでの社員の姿を見ることができるやりがいのある仕事です。会社の経営資源である「ヒト」に深く関わることができることが人事の魅力の一つです。

そして、経営陣との距離が近いことが多いため、若いうちから全社的視点を育むことができます。人事の仕事では、会社全体の仕組みや環境構築が非常に重要です。そのようなスケールの大きな仕事ができるというのも人事ならではの魅力です。

すぐに結果が形に表れることは少ないかもしれませんが、会社の縁の下の力持ちとしてとても重要な役目を担っている人事についてのご紹介でした。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。