▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

失業保険の認定日・振込日・初回認定日まとめ|ハローワークへ行くスケジュールも

会社を退職した後、ハローワークで失業保険の手続きをすることになりますが、認定日が分からなかったりと、難しいことが多くて困っていませんか?一見してややこしいことばかりですが、実際に手続きをしてみればそうでもないと感じるはずです。この記事では、失業保険認定を受けるまでの流れや認定日から給付金受給までの流れ、認定日や振込日に関しての疑問点などわかりやすくまとめていますのでチェックしてみてください。

失業保険の認定日とは

失業保険は一定期間内で仕事に就くことができない方を対象に給付金を支給する手当で、受け取るためには就職活動を行っている必要があります。

そのため失業保険の認定日では、ハローワーク職員に離職中であることかつ就職活動を行っている証明を、4週間ごとに申請しに行かなければなりません。

申請内容は就職活動を行っているどうかの確認で、どのような求職活動を行ったか、選考過程で面接まで進むことができたのかなどを報告します。

就職活動の定義はハローワークによって明確に定められているため、失業保険の手当を受け取るためには規則にのっとった活動でなければなりませんが、特に難しく考える必要はないため安心してください。

最終的に失業中かつ就職活動をしっかりと行っていることが認められれば手当を受け取ることができ、また次回(4週間後)の失業保険の認定日までに就職活動を行って、再度ハローワーク窓口で申請していきます。

失業保険の認定日や振込日など給付金を受け取るスケジュール・カレンダーと流れ

具体的に失業保険の手当を受け取るまでのスケジュールはどうなっているのでしょうか?

手当を受け取るためにはしっかりとスケジュールを確認して行動しなければならず、失業保険の認定日にハローワークへ行かなければ手当は支給されません。

そのため、余裕を持って行動することが大切であるため、必要な持ち物や書類をしっかりチェックして損をしないようにしましょう。

必要な持ち物は以下の記事で詳しく説明しています。

失業保険の必要書類まとめ|ハローワークでの失業保険のもらい方

ハローワークでの失業保険のもらい方 様々な理由で仕事を退職しなければならない時ってあると思います。中には、「次が決ま…

1.求職申込書を記入し、求職申込をする

失業保険を受給するためには、就職活動を行うという意思表明が必要です。

求職申込書には希望する職業や職種、これまでの経歴などを記入していきますが、分からない部分があれば職員に相談しましょう。

申込書を提出すると、ハローワークで求人情報の閲覧やセミナー参加などの求職活動が行えるようになるため、さっそく就職活動に役立ててください。

2.雇用保険被保険者離職票-1と雇用保険被保険者離職票-2を提出する

原則10日以内に退職した会社から離職票が届いているはずですが、もし仮に届いていなければ急いで連絡して対応してもらいましょう。

離職票以外にも、印鑑・筆記用具・写真・振込先口座・マイナンバー確認書・身分証明書が必要になるため、忘れずに持参してハローワーク窓口で手続きを開始します。

窓口では離職票-1に記載した銀行口座番号の確認が行われ、離職票-2で記載されている離職理由について聞かれます。

離職理由はしっかりと真実を話すことが大切であり、もし虚偽が発覚すると失業保険を受け取れない可能性だけでなく、受給中に発覚した場合は過去に遡って罰則金が課せられるため注意してください。

3.失業保険受給資格の判定後、「雇用保険受給説明会」へ参加する

窓口で失業保険受給資格に問題がなければ、別の日に雇用保険受給説明会に参加します。

この説明会に参加しなければ、給付金を受け取るために必要な「雇用保険受給資格者証」を貰うことができないため、必ず参加するようにしましょう。

説明会では給付金の受け取り方や不正をした場合の罰則などがビデオなどを使って説明されるため、しっかりと内容を理解するよう努めます。

また、就職希望アンケートが配布されますが、自治体によってはアンケートに答えなければ初回認定を受けられないという場合もあるため、提出するよう心がけてください。

4.求職活動を行う

失業保険には申請を行ってから7日間の待機期間というのが設けられており、この期間内に就職活動を行うと失業保険の給付金を受け取ることができません。

待機期間満了日の翌日から就職活動がスタートとなりますが、主にハローワークで紹介している求人への応募や、各転職サイトを利用した活動を行うことができます。

失業保険の認定日までに最低2回の就職活動を行う必要があるため、しっかりと求職活動の実績を残さなければならないことを覚えておきましょう。

また、この間に家業の手伝いや内職を行っていた場合、収入の有無に関わらず申告しなければなりません。注意しなくてはならないのが、1日4時間以上の労働で就職・就労とみなされ、内職や手伝いは1日4時間以内であると定義されています。

これら情報を失業認定報告書に記入して、失業認定日までに準備しておかなければなりません。

5.雇用保険受給説明会から約1~3週間後の失業認定日にハローワークへ行く

雇用保険受給説明会から数週間後、またその間に求職活動の実績を2回以上作って、失業認定日にハローワークへ行きましょう。

職員と面談を行い、どのような就職活動を行っているのか、期間中に勤労していた日があったのかどうかを確認して、申告に不備や虚偽がないかをチェックされます。

無事に失業認定を受けると、失業認定の給付が確定します。

特に窓口が混雑していなければ30分前後で済むため、必ず認定日には管轄のハローワークへ行って手続きを済ませるようにしましょう。

失業保険の手続きについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

6.4週間に1度「就職活動をしているが失業中」である確認用の書類申請と面談を受ける

失業認定を受けても就職活動は続きます。

次回の認定日でも同様に求職活動を2回以上行うこと、また期間内に勤労の有無があったかどうかを確認するため、受給資格がある間は繰り返します。

4週間に1度のペースでハローワークの窓口で審査が行われるため、就職活動を行うことはもちろんのこと、次回の認定日はいつなのかをしっかりと把握しておきましょう。

7.失業中認定された後、失業保険の給付金を指定した口座で受け取る

ハローワークで失業認定を受けた後、おおむね4~7日程度で指定の銀行口座に振り込まれます。

支給金額は雇用保険受給資格者証に記載されている金額となるため、厚生労働省職業安定局から振り込まれている金額と相違がないかどうか確認してください。

失業保険の初回認定日から振込日までの日数と初回給付日数

初回の失業認定を受けてから初めて給付金を受け取るまで、会社都合による退職か自己都合による退職かで大きく変わってきます。

それぞれどれくらいの日数がかかるのか、また初回給付日数の違いについてみていきましょう。

会社都合退職か自己都合退職かで、今後の受給金額や条件が変わってくるので以下の記事でよく確認してください。

会社都合で退職した場合

勤めていた会社の倒産やその他の理由により解雇された場合、会社都合による退職とみなされます。

年齢と労働期間によって給付日数が変わってくるため、どの程度支給されるかの目安になることから、一度目を通しておくといいでしょう。

また、初回給付日数については、「待機期間から認定日」までの期間を対象にしているため、最大でも21日間分の給付金しか受け取ることができません。

初回給付金については、通常よりも少なることを覚えておきましょう。

(左)年齢(上)労働期間 1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
90日 120日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
90日 150日 180日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
90日 180日 240日 270日 330日
60歳以上
65歳未満
90日 150日 180日 210日 240日

自己都合で退職した場合

会社を自己都合(定年退職や懲戒解雇など)によって退職したと判断されると、失業保険の給付金を受け取れるのは最大150日間分までとなります。

労働期間によって受給できる給付金が変わってくるため、以下を確認してください。

  • 労働期間が1年以上10年未満…90日間
  • 労働期間が10年以上20年未満…120日間
  • 労働期間が20年以上…150日間

失業保険の認定日に関するよくある質問

ここでは失業保険の認定日に関する疑問点などをまとめました。

認定日にハローワークへ行かないと失業保険を受給することができないため、何が何でもいかなければなりませんが、様々な理由によりいけない場合もあります。

そういった場合にはどうすればいいのかを記載していますので、チェックしておきましょう。

失業保険の認定日にどうしても行けない場合はどうすればよいか

身内の不幸やけがをしてしまった時など、やむを得ない事情で失業保険の認定日にハローワークへいけない場合は認定日を変更することができます。

加えて、いけない理由を証明できるものを提出する必要があるため、何かしらの理由で行けなくなった場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。

特別に変更できる理由としては、他にも国家試験や検定試験の受験・就職活動の採用試験や面接・子供の入学式や卒業式などが挙げられます。

失業保険の認定日を忘れていた場合はどうすればよいか

特別な理由もなく、認定日にハローワークへ行くことを忘れてしまった場合は、当該の認定日で不認定となってしまい、失業手当を受け取ることはできません。

もし忘れてしまったら、ハローワークの窓口でその旨を伝えて支持を受けるようにしましょう。

一度忘れてしまったことで以降の失業手当を受け取れなくなるということはなく、繰越の手続きを行えば、4週間分ずれて給付金を受け取ることができますので安心してください。

失業保険の認定日は、ハローワークでどのくらいの時間がかかるのか

失業保険の認定日は多くの人が集まるとはいえ、混雑していなければ30分ほどの時間で済みます。

10人以上の待ち人数がいる場合は1時間以上かかることを想定して、しっかりと余裕をもってハローワークにいくことをお勧めします。

また雇用保険受給資格者証には認定時間が記載されていますが、指定時間より早く来ても遅く来ても問題ありません。

各ハローワークによって時間通りでなければ対応してくれないという可能性はありますが、基本的に認定日を間違えてさえいなければ問題なく受付けてくれるはずです。

失業保険の認定日から、約何日後に口座へ振込されるのか

ハローワークで失業認定を受けた後、約4~7日程度で指定の銀行口座に振り込まれます。

支給金額が雇用保険受給資格者証に記載されている金額×28日分と相違がないかを確認してもらって、万が一不備があれば管轄するハローワークに問い合わせましょう。

失業保険の認定日はハローワークでいつ頃と決められているのか

失業保険の認定日は毎回一定の日に決められており、28日毎となっています。

つまり4週間後が次回の認定日となるため、忘れることなくスケジュールを調整するようにしましょう。

また、万が一認定日に就職活動の採用試験や面接が入ってしまった場合、決まってすぐにハローワークに事情を説明すれば認定日の変更することができます。

失業保険の認定日に求職活動してもよいのか

認定日当日に求職活動を行っても全く問題ありません。

ただし、就職活動による採用試験や面接で行くことができない場合は、必ずハローワークに連絡を入れておき、後日証明できるものを提出しましょう。

ハローワークへ行く失業保険の認定日までにどんな求職活動をすればいいのか

管轄するハローワークによって認められる内容が異なりますが、ハローワークのパソコンから求人情報を閲覧するだけで求職活動扱いになるケースもあれば、民間求人サイトでインターネット応募をしただけで認められることもあります。

採用試験や面接に参加するなどは問題なく求職活動実績として見なされますが、どのような活動内容が求職活動として認められるのかをあらかじめ確認しておくといいでしょう。

認定日当日に行った求職活動が認められなければ、失業保険の給付金を受け取ることができないため、管轄するハローワークに問い合わせてみてください。

失業保険の認定日や振込日などを事前に知り、早めの資金計画を立てよう

失業保険の給付金を受け取るためには書類を揃えて認定を受けるだけでなく、その期間も就職活動を行わなければなりません。

必ずハローワーク職員の従って行動し、万が一認定日に行くことができない場合でも連絡を入れて事情を説明しましょう。

また、自己都合と会社都合による退職では総支給金額に大きな違いが生まれること、そして自己都合なら給付制限があることをしっかりと覚えておいてください。

もし今勤めている会社を辞めようと考えているのなら、3カ月間は給付金を受け取ることができないことを把握したうえで、その間の生活費などをどのようにして工面するのか計画を練る必要があります。

その間に次の就職先を見つけることもさることながら、資金計画は就職活動にも大きく影響する部分であるため、いつから給付金を受け取れるのか、また給付金額はいくらなのなかどを確認して綿密に立てるようにしてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。