仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?仕事を辞めたいと思う理由は、人によってまちまちですし、さまざまな理由が考えられます。そこで、ここでは仕事を辞めたいと感じる瞬間についてまとめてみました。

また、仕事を辞めたいと感じたときの、シーン別の対処法についてもご紹介するので、ぜひ今後の参考にしてくださいね。

 

仕事を辞めたいと感じる瞬間

そもそも、どのようなときに仕事を辞めたいと感じるのでしょうか。給与や福利厚生に不満がある、職場の上司と折り合いが悪い、仕事内容に不満がある、などが代表的ですね。まずは、仕事を辞めたいと感じる以下6つの瞬間を見てみましょう。

  • 給与や福利厚生に不満を感じた
  • 職場の上司や同僚と折り合いがつかないと感じた
  • 内容に理想とのギャップを感じた
  • 労働時間が長くてつらい
  • 会社から評価されていない
  • 会社の社風が自分に合わない

給与や福利厚生に不満を感じた

仕事をするのは生活のためですし、労働に見合った給与をもらえないと、不満を感じてしまいます。給与が労働の対価として見合っていない、となると不満を感じてしまうのは当然といえるでしょう。このようなとき、辞めたいと感じる方は多いです。

また、給与と同様に、福利厚生に不満があるから辞めたいと感じる方も少なくありません。残業をしても手当てがほとんどつかない、社員なのに待遇がアルバイトやパートと同じ、となると不満は高まるでしょう。

職場の上司や同僚と折り合いがつかないと感じた

職場ではいろいろな人と関わり合いながら仕事をします。そのため、上司や同僚と折り合いがつかない、悪いとなると仕事を辞めたいと感じてしまうでしょう。上司に意見を聞き入れてもらえない、否定ばかりされてしまう、といった感じですね。

人間関係が原因で会社を辞めるというのは、珍しいことではありません。仕事内容には不満がなくても、職場の上司や同僚とうまくやっていけないから辞める、という人は多いです。

仕事内容に理想とのギャップを感じた

実際に働いてみないことには、わからないことはたくさんあります。希望に胸を膨らませて入社したものの、仕事内容に対して理想と現実のギャップを感じてしまった、ということは珍しくないでしょう。

外から見ると、とても華やかで素敵に見えた職場でも、いざ自分が働いてみるとまったく違うということはよくあります。このようなとき、現実と理想のギャップを感じてしまいます。その結果、職場を去るということは多いです。

労働時間が長くてつらい

職場への拘束時間が長くなってしまうと、プライベートに割く時間がほとんどなくなってしまいます。家族や恋人との時間も取れませんし、職場と自宅を往復する日々、ということになることも少なくありません。

朝早くから夜遅くまで働き、帰宅したら寝るだけ、という毎日では精神的につらくなってしまいます。精神的につらくなるのはもちろん、体力的にも厳しいでしょう。このようなときは、辞めたいと感じるものです。

会社から評価されていない

一生懸命頑張っているのに、まったく評価されないのはつらイです。やはり、頑張った分きちんと評価してもらい、給与や待遇に反映させてくれないと、仕事に対するモチベーションを保つこともできません。

上司から、口頭ではそれなりに評価されていても、それが給与や待遇に反映されなければやる気も落ちてしまいます。このようなことがずっと続いていると、もっと正当な評価をしてくれる会社に転職したい、と考えてしまうのです。

会社の社風が自分に合わない

仕事内容には不満がなくても、会社の社風が自分に合わない、ということもあります。社風は会社によってまちまちですし、とてもユニークで個性的な社風の会社も増えています。

社風が合わないと、仕事内容云々ではなく、会社に行くのも憂鬱になってしまいます。納得できない、自分に合わない空気の中で仕事をすることになるので、当然モチベーションも高くなりません。転職したいと考えるようにもなるでしょう。

 

給与や福利厚生が不満なときの対処法

給与や福利厚生に不満があり、会社を辞めたいと考えることは決して珍しいことではありません。このようなときには、どんな対処法があるのでしょうか。ここでは、給与や福利厚生に不満があるときの以下5つの対処法をまとめてみました。

  • 自分の成果が給与に見合うか考える
  • 転職市場で自分の価値を計る
  • 会社に交渉する
  • スキルアップする
  • どうしても納得を得られないなら転職する

自分の成果が給与に見合うか考える

まず、自分がきちんと仕事で成果を出しているかどうかを考えてみましょう。会社としては、きちんと成果を出している人に対してはそれに見合った対応をしているかもしれません。

会社から見ると、あなたはまだ成果を出せていないと判断されている可能性があります。 自分の仕事ぶりがきちんと給与に見合っており、それ以上の働きをしていれば、会社は評価してくれるかもしれません。一度、自分の成果が給与に見合っているかどうかという部分を、冷静に分析してみましょう。

転職市場で自分の価値を計る

会社の給与に不満があるから転職する、と考えるのは簡単です。また、すぐに転職先も見つかるかもしれません。しかし、転職したからといって、あなたが今よりも高い給料をもらえるかどうかは、まったく別問題といえます。

転職市場で、自分の価値を計ってみましょう。よその会社が、あなたのことを心から欲しい、と思えるのほどの価値は、あなたにありますか?もし、そうでないなら転職したところで、今と大きく変わらないかもしれません。

会社に交渉する

日本では、会社とお金の話をするのはタブーのように考えられています。海外では、面接のときにも普通にお金の話をしますが、なぜだか日本ではタブー視されていますよね。

もし、本当に給料に不満があるのなら、一度会社と交渉することも検討してみましょう。 規模の大きな会社だと現実的ではないかもしれませんが、中小企業ならそれも可能でしょう。直接、社長や専務など、取締役にかけあってみるのもいいかもしれません。どうせ辞める気なら、それくらいしても問題ないでしょう。

スキルアップする

スキルアップすることで、給与がアップすることも考えられます。今より仕事ができるようになり、会社に貢献できるようになれば、給与が上がる可能性はあるでしょう。積極的にスキルの向上を考えてみることです。

資格試験にチャレンジするのもおすすめです。今の仕事に関わる資格を取得することで、会社から評価してもらえるようになるかもしれません。自分の携わる仕事に関するスキルを磨いてみましょう。

どうしても納得を得られないなら転職する

いろいろ試したものの、やっぱり納得できない、となれば転職も視野に入れてみましょう。転職したからといって、必ずしも納得いく給与をもらえるようになるとは限りません。それでも、チャレンジする価値はあります。

会社を辞めてから転職活動を始めると、収入が途絶えてしまいます。そのため、おすすめなのは働きながら転職活動をすることです。ネットの転職サイトや、求人情報誌などをうまく活用しましょう。

 

人間関係が不満なときの対処法

人間関係に不満を感じて、会社を辞めたいと感じるのは珍しくありません。毎日顔を合わせるわけなので、人間関係が悪いと仕事に対するやる気も起こりませんよね。そこで、ここでは人間関係が不満なときの4つの対処法をまとめてみました。

  • とにかく笑顔を心がける
  • 合わない人とは距離を置く
  • 職場以外のコミュニティを作ろう
  • 職場いじめに発展するなら労働局に相談しよう

では、それぞれ見ていきましょう。

とにかく笑顔を心がける

いつも笑顔を心がけましょう。いつもニコニコと笑顔を心がけていれば、周りの人に与える印象も変わります。明るい人、いつも元気な人といった印象を与えられるでしょう。人間関係が円滑でない原因があなたにある場合、これは有効です。

もしかすると、あなたが周りにネガティブな印象を与えているかもしれません。いつも不機嫌そう、怖い顔をしている、と思われている可能性もあります。笑顔を心がけることで、こうした印象を変えられます。

合わない人とは距離を置く

合わない人とはとことん合わないものです。こちらから、歩み寄ろうとしても、わかり合えないということはよくあります。人の考え方や価値観はそれぞれ違いますし、まったくわかり合えないということも少なくありません。

合わない人と無理に合わそうとすると、ストレスになってしまいます。仕事にも影響を与えてしまうので、このような人とは距離を置いたほうが良いでしょう。

職場以外のコミュニティを作ろう

職場の人以外と話すことがほとんどない、という場合だと、その世界が自分にとってのすべてになってしまいます。これだと、会社での人間関係が悪くなってしまうと、一気に居心地が悪くなり、会社を辞めようと考えるようになります。

職場以外にコミュニティを築いておくと、会社で人間関係が悪くなっても、あまり気にしなくなりますし、職場はあくまで職場と割り切れるようになります。新しい趣味を始めると、新たなコミュニティができやすいですよ。

職場いじめに発展するなら労働局に相談しよう

もし、職場でいじめに遭っている、というようなケースなら、労働局に相談する手もあります。労働局は、各自治体に設置されていますし、相談窓口も設けられています。まずは気軽に相談してみましょう。

職場によっては、社員からの相談を受け付ける窓口を設けているところもあります。そのため、いきなり労働局に相談するのは抵抗がある、という場合は、会社の相談窓口にかけあってみましょう。

 

【関連記事】

職場いじめの原因と対処法!退職が不利にならない方法も紹介します

職場での嫌がらせ・いじめでもう悩まない!具体的な対処法をご紹介

 

仕事内容が不満なときの対処法

仕事内容に不満があると、仕事をしたくない、会社を辞めたいという気持ちになってしまいます。このようなときは、どのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、仕事内容が不満なときの以下3つの対処法をお伝えします。

  • 仕事の本質がわかるまで続ける
  • 配置転換を希望する
  • 期間を区切って我慢する

仕事の本質がわかるまで続ける

もしかすると、あなたはまだ仕事の本質が見えていないかもしれません。あなたは「こんな誰でもできる単純な仕事したくない」と思っているかもしれませんが、とても重要な仕事である可能性もあります。

特に、入社したばかりの方だと、仕事の本質が見えていないことがあります。まずは、仕事の本質が見えるまで続けてみてはいかがでしょうか。それでも納得できないのなら、転職を考えるのも良いでしょう。

配置転換を希望する

自分の性格やスキルに明らかに見合っていない、と感じるのなら、配置転換を希望するのも手です。適材適所という言葉があるように、人には適した場所があります。配置転換することで、自分の力を活かせるようになるかもしれません。

会社としても、個々の力をフルに発揮できるのなら配置転換したほうが、メリットがあります。そのため、希望すれば叶えてもらえる可能性はあります。自分がその配置で力を活かせる、という根拠を示すようにしてください。

期間を区切って我慢する

自分の中で期間を決めて、そのあいだだけ我慢するようにしてみましょう。とりあえず1ヶ月だけ頑張る、我慢すると決め、その期間中は一生懸命仕事に取り組んでください。そのあいだに、仕事に対する不満が薄くなる可能性もあります。

それでも我慢できない、辞めたい、と思うようなら転職も視野に入れてみましょう。また、我慢している期間中に、次の仕事を見つけるという手もあります。働きながら、転職先をリサーチしてみましょう。

労働時間の長さが不満なときの対処法

労働時間が長いとなると、プライベートに割く時間がほとんどなくなってしまいます。これも、会社を辞めたいと思う理由の1つですよね。ここでは、労働時間の長さが不満なときの対処法について、まとめてみました。

  • 残業の少ない仕事への配置転換を希望する
  • 残業の少ない会社へ転職する
  • 会社の近くに引っ越す
  • 会社の体質に問題があるなら労働基準局へ申告

残業の少ない仕事への配置転換を希望する

配置転換を希望してみましょう。同じ会社でも、部署によっては残業量が大きく異なることがあります。営業部は深夜まで拘束されているのに、広告宣伝部は毎日定時で帰っている、ということも珍しくありません。

ただ、希望すれば必ず配置を換えてもらえる、ということはないので、注意しましょう。どうして配置転換を希望するのかを聞かれるので、納得させられるくらいの理由を考えておく必要があります。

残業の少ない会社へ転職する

職場で、残業の少ない部署に配置転換ができない場合、転職を考えるのがもっとも現実的です。なるべく残業のない会社を見つけ、転職してみましょう。

ただ、実際に働き始めてみないと、残業量がわからないことがあるので、そこは注意が必要です。 求人広告には、わざわざ残業の有無や時間などを記載していないことがほとんどです。

勤務時間9時~17時、のようにしか記載されていないことが多く、働き始めて初めて残業の多さに気づくということもあります。ネットの口コミも合わせてチェックしてみましょう。

会社の近くに引っ越す

通勤時間が長いという方には、これがおすすめですね。通勤に1~2時間もかかっているようなケースだと、行きと帰りで2~3時間ほどもったいない時間があります。

会社を21時に出たとしても、帰りつくのが23時近くとなると、何もできませんよね。 会社の近くに引っ越せば、自分の時間もできやすくなります。通勤、退勤にかかる時間のロスがほとんどなくなるので、自分のために使う時間も増えるでしょう。会社の近くの賃貸物件情報をリサーチしてみてください。

会社の体質に問題があるなら労働基準局へ申告

もしかすると、会社の体質に問題があるかもしれません。残業の時間は法律で決められていますが、それを無視して社員に残業を課している会社もあります。いわゆる、ブラック企業というやつですね。

このようなときは、労働基準局に申告しましょう。労働基準局は、働く人のための機関です。労働基準局に相談した結果、悪質だと判断した場合、調査や是正勧告、逮捕といった行動をとってくれることがあります。

 

会社からの評価が不満なときの対処法

会社から正当な評価をされていない、と感じてしまうと、会社を辞めたいと思うようになります。ここでは、会社からの評価が不満なときの以下5つの対処法についてまとめてみました。正当な評価を受けていないと思っている方は、目を通してくださいね。

  • 客観的に自分の仕事を見つめる
  • 自分の成果を数値化して伝える
  • 上司に評価が悪い理由を聞く
  • コミュニケーション能力をつける
  • 自分の成果を上司にアピールする

客観的に自分の仕事を見つめる

「自分はこんなに頑張っているのに、正しく評価されていない」と思っていませんか?自分では、一生懸命仕事に励み、会社に貢献しているつもりでも、会社からはそう判断されていない可能性があります。

自分の仕事を客観的に見つめ直してみましょう。ほかの社員に比べて、どうでしょうか。仕事の成果が、明らかにほかの社員より頭1つ抜きん出ていますか?客観的に見つめると、実際にはそこまで評価されるほど、仕事ができていないかもしれません。

自分の成果を数値化して伝える

正しい評価をしてもらえないと感じているのなら、自分の成果を数値化して伝えましょう。1ヶ月で新規に契約を5件とった、それによりこれだけ売上がアップした、といった具合です。

たくさん頑張った、こんなに仕事をしている、という漠然としたアピールでは伝わりにくいです。きちんと数値化されたデータを、根拠として示すことによって、会社側が評価を改めてくれる可能性はあるでしょう。

上司に評価が悪い理由を聞く

正しく評価されていないどころか、悪く評価されているという場合、直接上司に聞いてみるのも良いかもしれません。評価が悪い理由を聞くことで、改善すべきところが見つかる可能性があります。

上司から評価が悪い理由を聞き出し、それによって改善点が浮き彫りになればしめたものです。これからは、その改善点を重点的に直していけば、評価も上がっていくでしょう。

コミュニケーション能力をつける

正しい評価を受けられないのは、上司とのコミュニケーション不足が原因かもしれません。仕事ではそれなりに成果を出せていたとしても、上司との関係性が良くないと、それが評価に反映されてしまう可能性があります。

コミュニケーション能力をつける努力をしてみましょう。会話のスキルを上げる、いつも笑顔で接するといったことですね。会話力をいきなり身につけるのは難しいですが、積極的に会話することで力をつけることは可能です。

自分の成果を上司にアピールする

自分の成果を、上司にアピールしてみましょう。アピールするときは、漠然としたデータではなく、数値化したデータを根拠として示すことが大切です。そうすることで、上司も評価を見直してくれるかもしれません。

数値で見ても、明らかに成果を上げているのに、それでも上司が評価を見直してくれないときは、転職も考えてみましょう。上司の個人的な感情などで、正しい評価をしてくれていない可能性があります。そのような会社だと、これから先も正当な評価はもらえないでしょう。

 

社風が不満なときの対処法

社風が不満で、会社を辞めたいと考えるのも珍しいことではありません。では、このような場合にはどうすればいいのでしょうか。ここでは、社風が不満で辞めたいと感じたときの以下3つの対処法について、ピックアップしてみました。

  • 友人や知人の紹介で転職する
  • ネットの口コミを熟読する
  • 転職エージェントを活用する

友人や知人の紹介で転職する

転職を検討してみましょう。友人や知人に相談し、その紹介で入れるような会社がいいですね。友人や知人に紹介してもらう会社なら、社風もあらかじめ事前に確認できます。これなら、社風が合わないとなることも少ないでしょう。

友人や知人に紹介してもらうときの注意点ですが、すぐに辞めてしまうと、紹介してくれた人の顔をつぶしてしまいます。紹介してくれた知人や友人との関係性にも関わってくるため、そこは注意が必要です。

ネットの口コミを熟読する

転職するときは、ネットの口コミも熟読しておきましょう。インターネット上にはたくさんの口コミがありますし、企業に関するものもたくさんあります。

すでにその会社で働いている方の口コミに目を通してみてください。 実際にそこで働いている人の口コミなら、参考にしやすいです。

社風についても触れられていると思うので、それで自分に合いそうかどうかを判断しましょう。できるだけ多くの口コミに目を通すことをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用するメリットは、相談しながら転職ができることです。カウンセリングでキャリア相談もできますし、自分のスキルや経験に見合った職場も紹介してくれます。 履歴書や職務経歴書の添削、作成にも手を貸してくれますし、面接に挑むときのアドバイスまでしてくれるのです。

また、給与や年収などお金に関する交渉も代行してくれるので、これもエージェントを利用するメリットです。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

仕事を辞めたいと思っても我慢すべきとき

仕事を辞めたい、と思うことは誰にでもあると思います。しかし、辞めたいと思っても我慢するべきときもあります。以下2つのケースです。では、詳しく見てみましょう。

  • 辞めたい理由が漠然としている
  • 客観的評価もなく給与が低いと感じた

辞めたい理由が漠然としている

辞めたい理由が明確なら、早い段階で転職活動に踏み切っても問題はないでしょう。しかし、辞めたい理由が漠然としているのなら、それは一時的な気の迷いだと考えられます。

辞めてしまうと、後悔するかもしれません。 転職してから、前の職場のほうがマシだった、良かったと感じることもあるかもしれませんね。辞めたい理由が漠然としているのなら、それは本心から辞めたいとは思っていないのです。考え直してみましょう。

客観的評価もなく給与が低いと感じた

働き始めたばかりのときは、給与が低いことも当たり前のようにあります。また、その人のスキルや経験を考慮した上で、会社が給与を決めていることもあります。

客観的評価もなく給与が低いと感じたときは、辞めないほうが良いでしょう。 もしかすると、これから評価が高くなり、給与もアップする可能性があります。今はまだ我慢のときかもしれません。もう少しだけ我慢して、目の前の仕事に取り組みましょう。

 

まとめ

仕事を辞めたいと感じる理由や、ケース別の対処法についてまとめてみました。辞めたいと感じる理由は人によってまちまちですが、もし、職場に対応してもらって何とかなるのなら、それに越したことはないでしょう。

どうしても無理なら、転職を考えてみてはいかがでしょうか。また、辞めたい理由が漠然としているときは、辞めるべきではありません。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!