仕事の不安を解消する方法!4つの原因別に対策を教えます

ほとんどの人が仕事に対しての不安を抱いたことがあるのではないでしょうか。

「今の仕事は自分にできるのだろうか」「周りの人が優秀で仕事についていけない」「今の会社で本当に大丈夫なのだろうか」など、仕事に関する不安は誰にでもあるものです。

不安というのは自分が経験したことのないものや、自信がないことから生じる感情です。

ですので、何が不安というわけではなく何となく仕事に対して不安があるという人もいるでしょう。

それは、特に何が悪いというわけではなく経験したこがない恐怖心から不安という感情が出てきているのです。

ここでは仕事に不安がある方が知っておくべき対処法や原因などをご紹介します。

仕事が不安になる原因

仕事に対する不安は、スキル不足や責任、厳しいノルマによってより大きくなってしまいます。仕事で不安になってしまう以下4つの原因について、一つずつ見ていきましょう。

  • 1.スキル不足
  • 2.役職や立場の責任
  • 3.厳しいノルマ
  • 4.お客様からのクレーム

1.スキル不足

そもそも仕事をこなすだけのスキルがなければ、失敗したり期待通りの成果を上げることができなかったりする可能性が高いです。「失敗したらどうしよう」と考えることで、不安な気持ちが湧いてくるのです。特に、自分の能力に見合わない仕事を任されたとき、スキル不足による不安に陥りやすいでしょう。

2.役職や立場の責任

平社員の場合、責任にしばられて不安を感じることはまれです。たとえ仕事で失敗したとしても、最終的な責任をとるのは上長だからです。

逆に、管理職や役員になると、自分だけでなく部下の成績や行動にまで責任をとらなければなりません。信頼できる部下に恵まれないと、万が一のことが起きないか不安になってしまうでしょう。

3.厳しいノルマ

特に営業職の場合、会社によっては厳しいノルマが課されることが少なくありません。それが自分の能力では実現不可能なものであれば、「会社に貢献できないのではないか」「上長に怒られるのではないか」と不安が募ります。

たとえ頑張ればできそうなノルマであっても、不測の事態はいつ起きてしまうかわかりません。厳しいノルマを抱えていると、常に気を張るため精神的に大きな負担になってしまうのです。

4.お客様からのクレーム

お客さんと直に接する機会の多い仕事だと、クレームを一切もらわないのは難しいことです。クレーム対応は大きな問題にも発展しかねないデリケートさがあるうえ、ときには罵倒されたり、人格を否定されたりすることもあります。

なかなか満足できる回答ができないこともあり、クレーム対応は精神をすり減らす仕事です。いつクレームがあるか不安になってしまう人も多いでしょう。

1.スキル不足による不安を解消する方法

スキル不足を感じたら、先輩や上司を頼ったり、自習したりすることで知識と経験を積みましょう。仕事がうまくいかないことに不安を覚えている場合は、次の方法を試してみてください。

スキル不足によって仕事が不安に感じてしまうのであれば、仕事の不安を解消する方法として以下3つをおすすめします。

  • 1.仕事の進め方を先輩や上司に聞く
  • 2.技術的な部分は自習する
  • 3.とにかく仕事の数をこなす

それでは、それぞれ見ていきましょう。

1.仕事の進め方を先輩や上司に聞く

もし仕事のやり方がわからないならば、素直に先輩や上司に聞きましょう。そこで自己流の進め方をして失敗してしまうと、かえって迷惑をかけてしまうかもしれません。

誰だって最初のうちは素人で、初めから完ぺきにできる人はいません。素直に質問をすれば、誰であれしっかりと答えてくれます。

正しい進め方を覚えれば、「失敗するかも」「怒られるかも」という不安からは解放されます。

2.技術的な部分は自習する

自習できるものについては、できるだけ努力をして学習を進めましょう。わからないことは質問をすることも大切ですが、業界の基本的な知識・技術のように調べればわかることは自習が一番です。

一度先輩や上司から教えてもらったことも、自分一人で考えながら復習することで定着度が高まります。

3.とにかく仕事の数をこなす

いくら自習をしたり、やり方を聞いたりしたからといって、それを実践できなければ意味がありません。

現場で実際に仕事をこなすことでわかることはたくさんあります。失敗するのが不安だと感じるかもしれませんが、とにかく仕事の数をこなすことが、スキルアップの唯一の方法といえます。

特に新人のうちは失敗しても許されるので、失敗を恐れず挑戦しましょう。

2.役職や立場の責任による不安を解消する方法

責任感から不安を強く感じている場合は、シミュレーションをしてミスを減らしたり、部下や同僚と良好な関係を築いたりすることが大切です。この章では、役職や立場による責任の不安を解消する以下4つの方法を紹介します。

  • 1.会社に信頼されていると考える
  • 2.自分に課せられた目標を書き出す
  • 3.プロジェクトの進め方をシミュレーションする
  • 4.部下やチームのメンバーと良好な関係を築く

1.会社に信頼されていると考える

責任のある立場にいるということは、会社から信頼されている証です。それは素直に喜んで良い部分でしょう。

その信頼に応えなければいけないと考えるとプレッシャーになりますが、そうではなくて、自分は現状のままでも信頼されていると前向きに考えてください。

良いところを無理に見せようとする必要はありません。気楽な気持ちで望むことで余裕が生まれます。

2.自分に課せられた目標を書き出す

具体的にどのような目標が課せられているのか、把握することは大切です。まずは目標を具体的に書き出していきましょう。大目標が書けたら、今度はそれを達成するために必要な中目標、さらにより細分化した小目標もすべて書き出します。

目の前にやるべきことが見えれば、それを一つずつこなしていくだけなので、大目標に対するプレッシャーや不安感も薄れるでしょう。

3.プロジェクトの進め方をシミュレーションする

大人数がかかわって進行するプロジェクトは、事前の準備が成否を分けます。まずはどこが難しいのか、どんな問題が生じる可能性があるのかをシミュレーションしましょう。

あらかじめトラブルに対処できるように対策を考えておくことで、「トラブルがあっても大丈夫」という安心感が生まれるはずです。

また、プロジェクトにはいろいろな人が参加します。それぞれの人達に仕事を割り振るのも責任者の役割です。それぞれのメンバーの適正を把握して、ミスの少ない最適な人材配置を心がけましょう。

4.部下やチームのメンバーと良好な関係を築く

チームとしてまとまりを持つためには、リーダーとしてみんなから信頼されることが大切です。

良好な関係を築いていれば、命令を出したときにも素直に指示に従ってくれます。

常にコミュニケーションをとり、不満はしっかりと聞き取り、環境を改善していきましょう。

3.厳しいノルマによる不安を解消する方法

ノルマが達成できないのが不安という方は、成功している人を参考にしたり、毎日の行動量や成果を記録したりする方法が有効です。この章では、厳しいノルマへの不安を解消する4つの方法をお教えします。

  • 1.ノルマを達成している人を参考にする
  • 2.自分の行動目標と成果目標を決める
  • 3.実際の行動量と成果を記録する
  • 4.行動量に対して成果が出ない場合は改善策を上司に聞く

1.ノルマを達成している人を参考にする

実際にノルマを達成している人が周りにいるならば、その人の仕事のやり方を参考にしましょう。

たとえば営業であれば、日・週の行動目標や成果件数を記録する、飛び込みをするときにオリジナルのチラシを作っておくなど、自分では思いつかない方法で売り上げを伸ばしている人がいるかもしれません。

成功している人のノウハウを参考にすることで、自分のスキルアップが期待できます。

2.自分の行動目標と成果目標を決める

ノルマを達成できなかった後にも同じ行動をとっていれば、やはり思うような成績は出せません。

改善のための試行錯誤をするため、行動目標と成果目標をしっかりと定めましょう。行動目標があれば、毎日どういう方向性で行動すればいいのかわかります。また、成果目標があれば、途中で自分の行動を振り返り、反省できます。

3.実際の行動量と成果を記録する

実際に自分が毎日どのような仕事をしているのか、目標を達成しているのかを把握することは大切です。

定期的に自分がどのくらいの行動をしてきたのか、どんな成果を達成したのか記録しましょう。

営業であれば、何件に訪問したか、電話をかけたのか、成約は何件だったのか、といった具合です。それを見て、自分の行動を見直してください。

4.行動量に対して成果が出ない場合は改善策を上司に聞く

もし行動は十分しているのに成果が出ないならば、やり方が間違っている可能性が高いです。これはいくら自分で考えても、なかなか解決しません。上司に相談をして改善策を聞くと良いでしょう。

アドバイスを受ければ、より良い行動をとれるはずです。

4.お客様からのクレームへの不安を解消する方法

クレーム対応が不安の原因である場合、リスクシミュレーションをしたり、オペレーションを決めたりすることが有用な対策です。この章では、クレームに対する不安を解消する以下4つの方法をご紹介します。

  • 1.どんな仕事もクレームは起こりうると考える
  • 2.事前にリスクシミュレーションをする
  • 3.クレーム発生時のオペレーションを決める
  • 4.クレームが起きたら誠心誠意謝る

1.どんな仕事もクレームは起こりうると考える

まずどのような仕事であっても、「クレームが起きる可能性はゼロにできない」と諦めましょう。

どんなに上質なサービスを提供しても、難癖をつけたり、自分勝手なクレームを入れたりする方はいます。

不当なクレームを真に受けて落ち込む必要はありません。クレーム対応も仕事のうちだと割り切って考えてください。

2.事前にリスクシミュレーションをする

事前にどのようなリスクが生じるのか考えておくと良いでしょう。リスクシミュレーションをしておくと、どんなクレームが発生するのか予測できます。

「クレームがあるかも」と心の準備をしておくことで、「クレームを受けたらどうしよう」という不安を軽減できるでしょう。

3.クレーム発生時のオペレーションを決める

クレームに対してどんな行動をとるのか、あらかじめ決めておくことも大切です。

クレームを受けたときも、マニュアルにあわせて機械的に行動すれば、精神的にはとても楽になります。

4.クレームが起きたら誠心誠意謝る

どのようなクレームの内容であっても、謝ることは大切です。誠意のある対応を見せられれば、相手も冷静になっていくでしょう。相手の気持ちが落ちついたところで、改めて相手の話を聞いてください。

たとえ自分は悪くないと思ったとしても、ふてくされたり、やる気のない謝罪をしたりしてはいけません。お客様に非がある場合でも、まずは不快な思いをさせてしまったことをお詫びしましょう。

仕事の不安をなくすマインドセット

仕事に対する不安は、自分の気持ちを変えることでも改善することができます。他人の評価を気にしないことや失敗を恐れないことが大切です。仕事の不安をなくすための考え方について紹介します。

  • 1.他人の評価を気にしない
  • 2.失敗は成功の母と考える
  • 3.仕事とプライベートを分けて考える
  • 4.仕事以外の楽しみを見つける

1.他人の評価を気にしない

他人の評価を気にしてしまうとプレッシャーがかかってしまいます。期待に応えようとしたり、批判を回避したりするために頑張ろうとするのです。

しかし、精神的な不安が強い状態では、本来のパフォーマンスを発揮することができません。他人の評価を気にしないでのびのびと仕事をしたほうが、かえって評価も上がっていくでしょう。

2.失敗は成功の母と考える

失敗をすることによって、さまざまな発見が得られます。失敗のおかげで新しい製品やサービスのアイデアが思い浮かぶこともあるのです。

失敗には価値があることを理解すれば、失敗を恐れることはなくなります。「失敗は成功の母」であることを心にしっかりと留めておきましょう。

大きな成果を上げた人というのは、たくさんの失敗をしている人です。失敗を数多くしている人は、それだけ挑戦をしている証といえます。失敗をしても、次に繋げれば大丈夫だと思って仕事に取り組めば、心も軽くなるでしょう。

3.仕事とプライベートを分けて考える

仕事の悩みを抱えている方は、プライベートにも仕事を持ち込んでしまいがちです。それでは、仕事の不安やストレスを解消する機会がありません。そこで、プライベートは仕事のことを忘れて思う存分楽しみましょう。

たとえば、仕事とはまったく関係のない友達を作ることは大切です。その友達と接しているときには、仕事のことは頭の中から完全に消え去ります。プライベートでは仕事から離れて好きなことを楽しむようにしましょう。

4.仕事以外の楽しみを見つける

仕事にしか意味を見出だせない人生はつらいものです。仕事で失敗したときは、唯一の居場所を失ったようにすら感じてしまうでしょう。

仕事以外にも人生の楽しみを見つければ、そこで仕事のストレスを解消できます。 たとえば趣味を持ちましょう。そうすれば、仕事を終えた後は、その趣味にとことんのめり込むことができます。趣味のためにお金を稼ぐという考え方をすれば、仕事にもやる気が出てくるでしょう。

もし仕事で失敗しても、趣味があるからと大きく構えていられるので、心にも余裕が出てきます。

まとめ

スキルが不足していたり、大きな責任がかかっていたりといった仕事環境では、不安を感じてしまいがちです。

先輩や上司に相談をしたり、起こりうるリスクのシミュレーションをしたりして、不安の原因を取り除きましょう。

仕事に対する考え方を変えることも有効です。のびのびと仕事ができるよう、ご紹介した対策を試してみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。