仕事が辛い5つの原因と抜け出す方法

 

 

仕事が辛くて悩んでいる方はたくさんいます。仕事に対する不満や悩みを放置すると、心身にさまざまな影響が出てしまう可能性も。ここでは、仕事が辛いと感じる原因や、そこから抜け出す方法について紹介します。

 

仕事が辛い状況を放置すると…

仕事が辛い状況が続いてそれを放っておくと、さらに心身の不調にも悩まされてしまうかもしれません。具体的には以下のような悪影響がでてしまう可能性があります。心当たりのある方は注意が必要です。

  • 身体に不調が出る
  • 情緒不安定になる
  • 「仕事から逃げてはいけない」気持ちになる

では、具体的に見ていきましょう。

身体に不調が出る

仕事が辛いと、ストレスから体調不良を引き起こしてしまうかもしれません。眠れなくなる、食欲がなくなる、慢性的な胃痛や頭痛があるなど、人によって影響が出る場所や症状はさまざまです。

身体の不調というのは強いストレスや疲労を感じたときの体からのSOS。そのSOSを無視して無理をしてしまうと、体調不良に陥って、より仕事へ行くのが辛くなってしまいます。

情緒不安定になる

辛い状況が続くと、精神的にももろくなります。辛い状況がいつまで続くのか不安に感じて落ちつかず、情緒が不安定になってしまうのです。

楽しい気分になれず、常に将来に対する不安や悩みが頭の中を占めるようになるほか、わけもなくイライラしたり、涙が出たりするケースもあります。

「仕事から逃げてはいけない」気持ちになる

心身に影響が出るほど辛い状況であれば、本来はすぐにでも原因から距離を置いて休まなければなりません。しかし、仕事の場合は、「逃げ出してしまうと生活できない」「辞めれば周りにも迷惑をかかる」という気持ちから、決心がつかない人が多いです。

なかには仕事が続けられないのは人として駄目なことだと思いこんでいる方もいるでしょう。自分を追い詰めて辛い状況に身を置いてしまうため、より苦しくなってしまいます。

 

よくある仕事が辛い5つの原因

長時間労働を強いられる場合や、厳しいノルマが課されていると、仕事が辛いと感じやすいです。仕事が辛くなってしまうよくある以下の原因を5つ紹介します。

  • 1.長時間労働や休日出勤が多い
  • 2.企業風土や職場環境が悪い
  • 3.仕事がつまらない
  • 4.ノルマが厳しい
  • 5.給与や待遇に満足できない

1.長時間労働や休日出勤が多い

一般的には1日の労働時間は8時間が目安です。加えて毎日何時間も残業をしたり、休日出勤をしたりしてしまうと、当然疲れが溜まってしまいます。 残業時間が長いと、疲れから家に帰ってすぐに寝てしまう方が多いです。

プライベートな時間が極端に削られて、リフレッシュする時間もとれないため、余計に辛さが増してしまうでしょう。長時間労働に悩む方には、会社の状況から残業を断れないという方も少なくありません。

2.企業風土や職場環境が悪い

企業風土が自分の価値観と合っていないと、辛さを感じてしまいます。たとえば年功序列の会社で堅実に働きたいタイプの方も、実力主義の会社でバリバリ仕事をしたい方もいるでしょう。自分の求める働き方と企業風土が合っていれば楽しく働けます。

しかし、どんどん発言したいのに年功序列で発言権が与えられないとなれば、不満を感じてしまうでしょう。 また、職場環境に不満を抱えて辛くなることもあります。たとえばパワハラ上司がいたり、業務で使う機器が古すぎて十分な仕事ができなかったりといったケースです。

社風や職場環境の問題は、毎日その不満と直面することになるので、ストレスもどんどん溜まってしまうでしょう。

3.仕事がつまらない

仕事内容に興味が持てないと、仕事をしていてもどんどん辛くなってしまいます。面白みがない単調な作業は飽きるのも早いもの。早く別の仕事をしたいという気持ちが湧いてくるでしょう。

どんどんステップアップできるのであれば問題ありませんが、将来への展望が見えない場合は辛いです。

4.ノルマが厳しい

上司からきついノルマを課せられてしまうと、プレッシャーがかかってしまいます。ノルマを達成できないと自分の評価が落ちてしまうかもしれないと考えて不安になるのです。

また、現実的に達成が厳しいノルマを課せられる方もいるでしょう。自分の力ではどうしようもない状況はやはり辛いものです。

5.給与や待遇に満足できない

自分の仕事に見合った給与や待遇が与えられていないと不満を感じてしまいます。たとえば、他の会社ではもっと高待遇で働いている方がいるのを知ると、現状に疑問を感じてしまいます。給与が安いのにきつい仕事をさせられている方もたくさんいるでしょう。認められていない状況はストレスになり、仕事が辛いと感じる原因です。

 

1.長時間労働や休日出勤が多い状況から抜け出す方法

長時間の拘束から仕事が辛いと感じている方は、仕事の進め方を見直したり、部署異動を希望したりしてみましょう。長時間労働から抜け出すための以下4つの方法を紹介します。

  • 自分の仕事の進め方に問題がないかを確認する
  • 上司への相談は適切だったか振り返る
  • ストレスにならない労働条件を整理する
  • 部署異動で業務負荷が少ない部署を希望する

自分の仕事の進め方に問題がないかを確認する

労働時間が長くなるのは、ひょっとしたらあなたの仕事に非効率な部分があるのかもしれません。

周りの同じ業務をこなしている人と比べて、自分の労働時間が極端に長くないか比較してみましょう。もし、同じような業務量でも所要時間に差があるならば、自分の手順を見直してみてください。 仕事の進め方をちょっと変えるだけでも、時間が短縮できるケースがあります。

同僚に相談したり、新しいツールに挑戦したりしてみましょう。効率の良い仕事の進め方を模索することも仕事のうちです。

上司への相談は適切だったか振り返る

新しい仕事を始めるときや、仕事の仕方で悩んだときには、上司に相談をするでしょう。そのときの相談が適切なものだったのか検討してみてください。ひょっとしたら聞き逃したことがあったり、見当外れな質問をしたりしていたかもしれません。

足りなかったものを思い出して、もう一度上司に相談をしてみることで、仕事の進め方が改善されることもあります。

ストレスにならない労働条件を整理する

具体的にどのような労働条件が理想的なのかを考えてみましょう。心身にストレスが溜まらず、無理なく働き続けることができる条件を整理してみるのです。これは実際に労働条件の改善を提案する際に役立ちます。

たとえばどのくらいの労働時間や残業時間を希望するのか考えてみてください。相談をするときはできるだけ具体的に希望を伝えましょう。

部署異動で業務負荷が少ない部署を希望する

どうしても現在の環境に我慢できないならば、環境を変えましょう。その際には、部署異動か、転職という選択肢があります。転職というのはリスクも高いため、まずは部署異動を希望するのが無難です。今よりも業務不可の少ない部署を希望してみましょう。

ただし、部署異動をしたい理由を伝える際には、労働環境のことは口にしない方が良いです。そのようなマイナスな理由を伝えるのではなくて、もっと前向きな理由を考えてください。

たとえば、別の部署の方がスキルを活かせると感じた、そこの仕事に興味があるなどの理由がベターです。

 

2.企業風土や職場環境が悪い状況から抜け出す方法

企業の空気や環境が辛さの原因である場合、何が不満なのかを明らかにするのが第一です。環境を一度に変えることは難しいですが、関わり方を工夫することで状況が改善されるでしょう。具体的な以下3つの対策を紹介します。

  • 企業風土や職場環境の不満な点を考える
  • 人間関係が原因なら対象者とのやりとりを減らす
  • 会社全体の問題点なら諦める

企業風土や職場環境の不満な点を考える

まず、あなたがどうして不満を抱いているのか具体的に考えてみましょう。企業風土のどの部分が不満なのか、職場環境のどこに問題があるのか、書き出してみてください。

その問題点が自分の努力や交渉によって改善できるならば、思い切って行動に出てみましょう。上司に相談をしたり、改善策をまとめて提案してみたりするのです。

人間関係が原因なら対象者とのやりとりを減らす

職場の上司や先輩、同僚との関係が嫌で仕事が辛いという方もいるでしょう。もし人間関係が問題となっているならば、その人と関わる機会をできるだけ減らしましょう。

そうすれば、不満を感じる機会も減っていきます。最低限の付き合いをしなければいけない場合は、割り切って付き合いましょう。対象者に直接不満点を伝えるのはトラブルに発展する可能性があるためおすすめしません。

そこで言い争いになってしまえば、余計に職場の雰囲気が悪くなるかもしれません。それでは周りにも迷惑をかけてしまいます。社会人として、できるだけトラブルを避けて穏便にことを運びましょう。

会社全体の問題点なら諦める

あなたが抱えている職場環境の問題は、ひょっとしたら会社全体の問題点かもしれません。職場環境は会社の方針によって大きく影響されてしまうものです。もし企業風土が原因となっているならば、諦めるしかありません。それでも耐えられないならば、最終的には転職について考えてみましょう。

 

3.仕事がつまらない状況から抜け出す方法

この章では、仕事がつまらないと感じる状況から抜け出すための以下5つの方法を紹介します。

  • 自分の仕事が社会に与える影響を考える
  • 自分の適性を自己分析する
  • スキル習得や知識の勉強に努める
  • 改善提案や業務効率化を考える
  • 部下の育成やチームリーダーを目指す

では、それぞれ見ていきましょう。

自分の仕事が社会に与える影響を考える

仕事そのものがつまらなくても、それが周りに影響を与えることがわかればやる気が上がります。まず自分の仕事が社会にどのように役立っているのか考えてみましょう。

どんな仕事も、お金を出してそれを求めている人がいるから成立しています。直接お客様とかかわる仕事でなくても、サポートという形で関節的に社会に対してプラスの影響を与えているはずです。

自分の適性を自己分析する

そもそも自分にはどういう仕事が向いているのか、改めて考え直してみましょう。ひょっとしたら、今の仕事に意外と適性があるかもしれません。自分では気がついていない意外な適性を見つけられれば、仕事に対する見方も変わります。

逆に、今の仕事が自分にまったく向いていないことがわかる場合もあります。もし適性がないならば、同じ仕事を続けていてもあまりメリットはありません。配属を換えてもらうか、思い切って転職も視野にキャリアプランを練り直しましょう。

スキル習得や知識の勉強に努める

仕事がつまらないのはスキルや知識が限られているからかもしれません。今よりも高いレベルのスキルや知識を身につけることによって、別の視点で仕事ができるようになります。新しいスキルや知識を身につけることで、本当の楽しさや本質に気がつけるようになるでしょう。

また、向上心を持って自分の能力を高めていけば、上司からより面白い仕事をもらえる可能性もあります。新しい仕事に挑戦することで、仕事が面白いと思えるようになるかもしれません。

改善提案や業務効率化を考える

今の仕事の不満点について改善提案をしてみましょう。不満に思っている点を取り除ければ、仕事をしていてもつまらないと感じなくなるはずです。不満を放置しているせいで、あなたが納得しているとみなされている可能性もあります。気になることがあるなら、上司に相談してみましょう。

また、つまらない仕事はできるだけ効率よく終わらせるのも手です。そのための業務効率化に挑戦してみましょう。仕事を早く終えられるようになれば、自分を高めたり、仕事の質や効率を改善したりすることに時間を使えます。

部下の育成やチームリーダーを目指す

自分が仕事をすることにやりがいを見出すのではなく、後進を育てることに力を入れてみましょう。部下を育成することも立派な仕事の一つです。将来の会社の成長にも寄与できます。 あるいは、自分が動くのではなく、みんなをまとめるチームリーダーを目指してみるのも良いでしょう。

チームリーダーになれば、これまでとはまったく違った役目を与えられます。単調な作業が苦手な方などは、プレイヤーよりもマネジメントに向いているということも考えられるので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

 

4.ノルマが厳しい状況から抜け出す方法

ノルマが厳しい場合は、ノルマ達成のために行動量を振り返るなどの対策をとるか、そもそもノルマのもうけられていない部署へ異動要望を出してみましょう。辛いノルマから抜け出す以下3つの方法について紹介します。

  • 成果を出すための行動量を振り返る
  • 行動の質が見合うかを確認する
  • ノルマがない部署や職種への異動要望を出す

成果を出すための行動量を振り返る

まず、本当にそのノルマの達成が不可能なのか考えてみましょう。実際に自分の行動量を振り返ってみて、それがノルマ達成に十分な量なのかチェックします。明らかに行動量が足りていなかったり、動きに無駄があったりする場合は、努力次第で成績を伸ばせる可能性が高いです。

もちろん、闇雲に働けば良いというわけではありません。しかし、成果を上げるためにはある程度の行動量は絶対に必要となるものです。

行動の質が見合うかを確認する

いくら行動量が多くても、質の低い仕事をしているならば、ノルマはなかなか達成できません。「頑張っているつもりなのにノルマが辛い」という方は、自分の行動の質がノルマ達成に見合っているのか確認してみましょう。行動の質を上げることによって、ノルマを無理なく達成できるようになるかもしれません。

気づかず非効率な仕事のやり方をしていると、いくら仕事をしてもなかなか成果が出ません。自分の仕事のやり方を見直して、必要があれば同僚や先輩、上司などにも相談してみましょう。

ノルマがない部署や職種への異動要望を出す

どうしても厳しいノルマに対処できないならば、別の仕事に就くのも一つの方法です。部署や職種の異動要望を出してみましょう。転職をしなくても、別の仕事に携わることは可能です。受け入れられない可能性もありますが、まずは上司に相談をしてみましょう。

ほとんど環境が変わらないこともあり得るので、異動先の部署についてはきちんとリサーチしておいてください。そこに知り合いがいれば、直接聞いてみるのがベストです。

 

5.給与や待遇に満足できない状況から抜け出す方法

待遇に満足できずに辛さを感じているなら、出世を目指したり、要望を出したりするのが改善の近道です。給与や待遇の不満を解決するための以下3つの方法を紹介します。

  • 自分の希望する給与や待遇を整理する
  • 社内の出世で目標に到達できないかを確認する
  • 給与交渉や待遇改善の要望を出す

自分の希望する給与や待遇を整理する

まず、自分が具体的にどのような給与や待遇を望んでいるのか整理してみましょう。自分の希望がはっきりしていなければ、要望を出すことができません。また、自分の能力や役職に見合わない希望をするべきではありません。自分に見合った待遇がどのラインなのかは、要望を出す前によく検討してください。

たとえば、周りの社員と比較してみて、自分がどのような点に不満を抱いているのか書き出してみましょう。できるだけ細かく給与や待遇の希望をリストアップしてください。

社内の出世で目標に到達できないかを確認する

基本的に出世すれば給与が上がり、待遇も良くなるはずです。そのため、今の役職での待遇に不満があったとしても、それは出世で解決できるものかもしれません。出世を目指して仕事で成果を上げましょう。交渉をするよりも、出世を目指す方が時間はかかりますが確実な方法です。

ただし、現実的に出世の望みがあるかどうかは会社の状況や個人の能力によって変わります。能力を磨くとともに、実力があることを積極的にアピールしましょう。

給与交渉や待遇改善の要望を出す

今すぐにでも給与や待遇の改善をしてもらいたいならば、直接交渉してみましょう。まずは直属の上司に話してみてください。直属の上司レベルだと対処してもらえないこともあるので、給与や待遇の決定権を誰が持っているのか確認しておきましょう。

ただし、交渉や要望がうまくいくとは限りません。ひょっとしたら却下される可能性もあります。その場合は、昇進できるよう努力を重ねるか、別の会社に移ることも考えましょう。

 

もう仕事が辛い!転職するときの注意点

どうしても仕事が辛くて我慢ができない場合、一番確実な方法は転職です。自分の希望を整理して、企業調査をしっかりと行いましょう。仕事が辛くて転職をする際の以下5つの注意点を紹介します。

  • 休日・給与条件の希望を整理する
  • 仕事内容に求めることを考える
  • 自分の適性を把握する
  • 転職市場における自分の価値を知る
  • 企業調査は入念に行う

休日・給与条件の希望を整理する

転職先でも残業が多かったり、給与が少なかったりしては意味がありません。休日や給与、その他細かな待遇について、できるだけ詳しく希望条件を整理しましょう。

ただし、すべての希望条件を満たす求人はなかなか見つかりません。そこで希望条件には順位をつけておきましょう。一番何を優先させたいのか決めておくのです。

仕事内容に求めることを考える

転職をすれば今までとは異なる仕事ができます。そこで、自分がどういった仕事をしたいのか、詳しく考えてみましょう。自分が興味を持てる仕事ができるかどうか、求人情報をチェックするだけではなく、面接の際にもしっかりと仕事内容を確認してください。

希望する仕事内容が明確であれば、求人探しは楽になります。自分のスキルを活かすことができる職種や、自分の興味のある業界から検討してみましょう。

自分の適性を把握する

もしあなたが興味を持っている仕事があったとしても、それに適性がなければ意味がありません。仕事の適性は客観的に判断するべきです。

仕事の適性については、転職活動でのアピールポイントにもなります。どんな仕事に向いているのか、それはなぜかを整理して説明できるようにしておきましょう。

転職市場における自分の価値を知る

中途採用は即戦力が求められます。そこで、あなたを採用することで企業にどんなメリットがあるのか考えてみましょう。そのメリットをしっかりと答えられるようにしておいてください。

転職市場での価値というのは、これまでの経験やスキル、実績といったもので決まります。業界や業種によっても、あなたの価値は異なるでしょう。転職エージェントに登録しておくと、どんな企業から引き合いが来るのかがわかって客観的な価値を測る目安になります。

企業調査は入念に行う

せっかく転職をしたのに、そこで不満を抱えて働くことになるならば、会社を移る意味がありません。そこで、転職活動の際には何よりも企業調査に力を入れましょう。興味のある企業がどのような環境なのか、企業風土や方針はどうなっているのか調べるのです。

入念なリサーチをして、自分がそこで働いたときのことをイメージしてみましょう。企業のホームページをチェックしたり、説明会に参加したりと、あらゆる情報網を駆使してください。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

辛いと感じたまま仕事を続けていると、心身に影響が出てしまいます。仕事が辛くなる原因は激務だったり、待遇に不満があったりといった理由が多いです。自分が不満を抱えている問題点を解決することで、気持ちよく働けるようになるでしょう。仕事が辛いと悩んでいる方は、今回紹介したことを参考にして環境の改善を目指してください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。