仕事のストレスがつらい人へ。タイプ別の対処法をご紹介

仕事でストレスを感じない人はいませんが、ストレスが貯まってもうまく発散できる人もいますし、ストレスを貯めないようにできている人もいます。

ですが、ストレスと自分ではわからないくらい小さなストレスが貯まって、気づいた時には「もう限界だ…辞めたい」と思ってしまうこともあるのです。

自分の中で「これはストレスだ」と感じるくらい大きなストレスの場合は「発散しなければ」と思えるのですが、そのストレスも全てが発散されているわけではなく、少しずつ貯まってしまいます。

ここでは、そんな仕事のストレスを解消する方法とストレスを貯めやすい人の特徴をご紹介いたします。

仕事でストレスがたまるのはつらいものです。集中力低下や、体調不良の原因にもなりかねません。ストレスが原因で体を壊してしまうようなことがないためにも、仕事のストレスによる悪影響や対処法などを知っておきましょう。

 

仕事のストレスが身体にもたらす3つの悪影響

仕事のストレスは体調不良や精神的な不調をもたらすものです。この章では、仕事のストレスが溜まることによる以下3つの悪影響を紹介します。

  • 倦怠感や頭痛などの体調不良
  • 集中力の欠如や落ち込みなどの精神的な不調
  • 人付き合いを避けたりささいなミスが増えたりと生活への影響

倦怠感や頭痛などの体調不良

仕事によって心身にストレスが溜まってしまい、これが身体の機能を阻害してしまいます。場合によっては病気になることもあるのですが、そこまでいかなくても頭痛や風邪といった軽い症状が出ることはあります。

原因不明の体調不良が続いているならば、それは仕事のストレスによるものかもしれません。

集中力の欠如や落ち込みなどの精神的な不調

ストレスによって、精神的に不安定な状態となるため、集中できなくなってしまいます。日中に仕事をしていても集中できず能率が悪くなってしまい、ミスをすることも増えるでしょう。また、気分が落ち込んでしまい会社に行きたくなくなってしまうこともあります。

人付き合いを避けたりささいなミスが増えたりと生活への影響

精神的な不調によって、他人と接することが疲れてしまうようになり、人を避けてしまうこともあります。また、仕事ではケアレスミスが増えてしまい、周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。それによって、ますます人と会ったり会社へ行ったりするのが億劫になってしまい、引きこもってしまう人もいます。

 

あなたはいくつ当てはまる?仕事のストレスチェック

実際に、自分がどれくらいストレスを溜めているのか自覚がない人もいるかもしれません。そんな方に向けて、以下9項目の仕事のストレスのチェック方法を紹介します。長時間残業をしている人、睡眠不足の人などは要注意です。

  • 長時間残業や休日出勤が多い
  • 休憩時間が少ない
  • 慢性的な睡眠不足
  • 職場内の人間関係が悪い
  • 仕事のがんばりが評価されない
  • 評価手法は減点主義
  • 仕事内容が突然変わる
  • 自分の能力では難しい仕事を任されている
  • 職場では自分の意見が通ることはない

長時間残業や休日出勤が多い

長時間残業とは、月の残業時間が数十時間や100時間を超えるようなケースのこと。過労死ラインとして定められているのは、時間外労働80時間以上です。毎日のように残業を繰り返している状態であり、心身へのストレスはとても大きくて危険です。今すぐにでも残業を減らして身体を休める必要があります。

また、本来心身を休める時間である休日に出勤している方もいます。休日出勤をしてしまうと、体を休める時間が減り、心身への負担も大きくなります。仕事を効率的に早く終わらせる方法を考え、できるだけ休日出勤は控えられるとベストです。

休憩時間が少ない

法律によって、労働をする際には休憩時間をきちんと確保することが定められています。たとえば、1日の労働時間が8時間を超えるならば、最低でも1時間の休憩を取らなければいけません。しかし、休憩時間になっても自主的に仕事を続けている人もいるでしょう。

このような働き方を続けていると、心身に負担を与え続けてしまい、どんどんストレスを溜めてしまいます。法律で定められた休憩時間は、労働者が健やかに働くために考えられた適切な時間です。仕事が終わらないからといって休まず仕事をし続けると、かえって能率を下げ、残業を増やす原因にもなるため、必ず守るようにしましょう。

慢性的な睡眠不足

体は疲れているはずなのに、家に帰って布団に入るとなかなか眠れないという人もいるでしょう。毎日の睡眠時間が削られていくと、慢性的な睡眠不足に陥ります。こういう状態になっている方は、心身を休められないため、かなりのストレスが溜まっているでしょう。

人間は睡眠を取ることによって、心身の疲れを癒すことができるのです。理想的な睡眠時間は毎日7~8時間程度とされています。睡眠時間が6時間程度でも、一般的には睡眠不足であるといえるでしょう。

職場内の人間関係が悪い

たとえ労働時間は普通だったとしても、職場の人間関係が悪いと、ストレスの原因となります。たとえば、上司からパワハラされている、同僚に無視されてしまう、といったことです。職場内に一人でも嫌な人がいると、それがストレスの原因になりかねません。

実際に転職をしたり、会社を辞めたりする人の理由として、人間関係はよくあること。たとえ仕事内容や待遇に満足していても、人間関係に問題があるとストレスが溜まりやすいものです。

仕事のがんばりが評価されない

正当な評価を受けていないと考えてしまうと、それがストレスとなります。仕事では、自分が頑張っているのに、それがなかなか待遇改善につながらないと不満が生じるでしょう。

たとえば、周りの社員と比較しても、自分の方が頑張っているのに待遇が変わらないケースがあります。これでは仕事を頑張る意味がないと思ってしまい、モチベーションも下がってしまいます。

評価手法は減点主義

評価手法には加点主義と減点主義があるのですが、ストレスが溜まりやすいのは減点主義です。減点主義は仕事で失敗すれば、その都度減点されていくというものです。また、減点主義の場合は仕事で成功しても、それが普通とみなされることが多いです。したがって、点数を上げる機会がほとんどありません。

減点主義だと、小さなミスを避けようとして、常に神経を使う必要があります。また、大きな成果を上げても、点数の上限が決まっているためあまり評価されません。このような環境では、どんどんストレスが溜まります。

仕事内容が突然変わる

新しい仕事が与えられると、作業そのものに慣れるまでに時間がかかるでしょう。しかし、やっとその仕事に慣れてきたところで、仕事内容が変わってしまうことがあります。これでは、またその仕事に慣れるために時間をかける必要があり、なかなか仕事が進みません。こうした仕事の変化の頻度が多いことで、大きなストレスを抱えやすい人もいます。

自分の能力では難しい仕事を任されている

自分の能力を明らかに超えた仕事を渡されたら、成功する可能性は低くなるでしょう。しかし、上司に命令されれば、難しい仕事もこなさなければいけません。周りからも期待されているならば、それは大きなプレッシャーとなり、ストレスになります。

難しい仕事を任されると、真面目な人は特に責任を感じてしまいます。どうにかしてその仕事を仕上げなければいけないと考えるでしょう。夜も寝られないぐらいに緊張してしまうかもしれません。これらはすべてストレスとなります。

職場では自分の意見が通ることはない

上下関係の厳しい職場の場合は、若手の意見が通らないことが多いです。こういう環境では、ただひたすら上からの指示や命令に黙ってしたがわなければいけません。ときには、自分のやりたくないことをしたり、おかしいと思うこともやる必要が出てくるでしょう。ただ他人の言いなりになって仕事をするのは、ストレスになります。

 

特に仕事でストレスを感じやすい人の2つの特徴

自信家タイプや劣等感のあるタイプは仕事でストレスを感じやすいです。仕事でストレスを受けやすい人の以下2つの特徴を紹介します。

  • 競争心が強く自信家タイプ
  • 感情を表に出せず劣等感もあるタイプ

競争心が強く自信家タイプ

負けず嫌いであり、常に他人の上に立ちたいと考えている方は、一生懸命仕事をします。ときには睡眠時間を削ったり、休日出勤をしてまで頑張ることもあるでしょう。他人に負けることがとても悔しくて、たとえ心身を犠牲にしても競争に勝ちたいのです。 こういう性格の方は健康を犠牲にすることが多いため、ストレスが溜まりやすいです。

体がSOSを発しているのに、それを無視して働き続けてしまい、休むことを知りません。そのため、最終的にストレスで体を壊してしまうことが多いです。

感情を表に出せず劣等感もあるタイプ

自信がありすぎるタイプだけではなく、逆に自信のまったくないタイプの人もストレスを溜めやすいです。自信がないため、自分の意見を表に出したり、感情を出したりすることができません。そのため、嫌なことを我慢して続けてしまう傾向にあります。

また、劣等感があると、周りと比較してしまい、自分は駄目なやつだと落ち込んでしまいやすいです。それが精神的なストレスとなってしまい、仕事が嫌になってしまうでしょう。

 

競争心が強く自信家タイプの3つのストレス対処法

自分は競争心の強い方だと感じる場合は、他人と比較せず、ミスにも寛大になることが大事です。自信家タイプの方がストレスに対処する以下3つの方法を見てみましょう。

  • 他人と比較しない
  • 自分のミスを許す
  • 周囲に相談する

他人と比較しない

競争というのは他人と比較をすることで成立しています。自分が他人よりも負けていると感じると、もっと頑張ろうと考えます。このような気持ちは仕事に大事なのですが、度が過ぎてしまうといけません。競争心が強すぎると自覚している方は、他人と比較するのをやめましょう。

他人に負けたくないという気持ちだけで仕事をしていると、自分が相手より悪い結果を出した際にイライラして、ストレスを溜める原因になります。さらに、相手に負けないことが仕事の目的となってしまい、本質を見失ってしまうこともあるでしょう。

どれだけ他人と比較しても、最終的に出てくるのはその人の実力通りの結果です。他人と比較せずに、自分のペースで仕事をすることをおすすめします。

自分のミスを許す

他人に勝つためには少しのミスも許さないという方がいます。こういう方は、仕事で常に神経を使うことになり、それは大きなストレスとなってしまいます。 そこで、自信家の方は、自分のミスにもう少し寛大になりましょう。

ミスをするのは仕方のないことであり、避けられないこと。大事なのは、一つもミスなく仕事をこなすことではなく、ミスしてしまったら次は同じことを繰り返さないためにどうするか考えることです。

周囲に相談する

会社の出世競争に勝ちたいとがむしゃらに頑張っている方は、つい無茶をしがちです。もっと客観的に自分のことを見るべきでしょう。そこで、自分の仕事のスタイルについて周囲に相談をしてみてください。そうすれば、第三者から見た冷静な意見を聞くことができます。そこで指摘されたことは素直に受け止めましょう。

 

感情を表に出せず劣等感もあるタイプの3つのストレス対処法

劣等感のあるタイプの方がストレスに対処するためにはどうすれば良いのでしょうか。たとえば、自分の意見を発信すること、他人の評価を気にしすぎないことが大切です。以下3つの具体的な方法を解説しましょう。

  • 他の人より仕事をこなす量を増やして自信を持つ
  • 自分の要望や改善提案は発言する
  • 他人の評価や意見を気にしすぎない

他の人より仕事をこなす量を増やして自信を持つ

手っ取り早く自信をつけたいならば、とにかく仕事の量を増やしましょう。自分が仕上げた仕事が増えていくにつれて、自信がついてくるはずです。もし質の高い仕事ができれば褒められるでしょう。また、仕事の量が多いだけでも、上司からは良く思われやすいため、自信につながります。

自分の要望や改善提案は発言する

社会人として自分の考えを発信することはとても大切です。黙っているのは現状を受け入れて不満がないとアピールするようなものです。もし、あなたが現状に不満があったり、何か要望があるならば、どんどん発信しましょう。

他人の評価や意見を気にしすぎない

自分に自信のない人は、他人と比較して自分が劣っていると考えがちです。また、他人から指摘されたことをそのまま真に受ける傾向にあります。しかし、他者との比較や他人の意見がすべて正しいとは限りません。ネガティブな思考に陥ってしまいそうなら、ときには相手からの指摘を上手に受け流すことも大事です。

 

職場でできる4つのストレス対処法

ストレスを解消できるシーンは、仕事終わりや休日だけに限りません。深呼吸をする、上司に相談するなど、職場にいながらストレスを解消する方法もあります。また、残業続きで自分の時間が取れないと悩んでいるなら、仕事を早く終わらせる方法を考えるのもストレス解消につながる一歩です。

では、以下4つの職場でできるストレス対処法を紹介します。

  • 作業のToDoリストを作って仕事に集中する
  • 頼れる上司や同僚に相談する
  • 休憩時間などに深呼吸する
  • 昼休みはきちんと確保する

作業のToDoリストを作って仕事に集中する

残業をしていたり、休日出勤をしている方は、それだけ仕事が蓄積している証拠です。それは、仕事のやり方に問題があるかもしれません。 そこで、自分のやるべきことを整理するためにToDoリストを作ってみましょう。

そして、仕事時間は仕事に集中します。そうすることで、仕事を勤務時間内に終わらせ、自分の時間も確保できるようになるかもしれません。

頼れる上司や同僚に相談する

もしどんなに工夫をしてもなかなか仕事が終わらないなら、仕事量が多い、難しい仕事を与えられている、といった可能性もあります。これらの問題は、信頼できる上司や同僚に相談しましょう。

悩みを打ち明けられるような人が職場内にいないという人もいるかもしれません。そんな人は、信頼できそうな人を見つけ、普段から積極的にコミュニケーションを図ってみましょう。自分が気持ちよく働ける環境を作るためにも、まずは1人でもいいので、頼れそうな人を探してみることが大事です。

休憩時間などに深呼吸する

深呼吸をすることによって、脳にしっかりと酸素が送り込まれ、頭がスッキリとします。各臓器にも酸素が行き渡るため、体調の回復にもつながるかもしれません。深呼吸なら、仕事のちょっとした隙間時間でもできます。仕事が一区切りして一息入れるとき、休憩時間に入ったときなど、意識的に深呼吸する習慣を取り入れてみましょう。

おすすめの方法は、5秒で息を吸って3秒間止め、8秒使って吐く、というリズムでやることです。頭の中がスッキリとしていく感覚を意識しながら試してみましょう。

昼休みはきちんと確保する

どんなに忙しくても休む時間を確保することも大事です。それは休日を取るというだけではなく、1日の中でも休む時間は必要となります。昼休みの1時間休憩や15時の10分休憩などがあるなら、その時間はいったん手を止めて休みましょう。

また、職場に嫌な人がいるならば、昼休みには会社を離れるのもありです。そうすれば、一人の時間を確保することができるため、気分を落ち着けてスッキリできます。

 

もう逃げたい!どうしようもないときの4つのストレス対処法

どうしようもないときは医療機関の診察を受けたり、有給休暇を取得したりするのもひとつです。逃げ出したいほどのストレスが溜まったときの以下4つの対処法を紹介します。

  • 心療内科や医療機関で診察を受ける
  • 有給休暇を取得する
  • 仕事を退職してニートになる
  • 転職や独立開業する

心療内科や医療機関で診察を受ける

自分ではストレスについて客観的に判断できないものです。そこで、医療機関で診察を受けてみることをおすすめします。そうすれば、自分が病気になっているのか、リスクがあるほどストレスが蓄積しているのかがわかるでしょう。

医療機関で診断書を作成してもらえば、それを証拠として上司に伝えることもできます。仕事の量を減らす、別の仕事に変える、部署を変更するなど、何かしら対処してもらえるかもしれません。

医療機関の診断結果というのは、とても効果が大きいものです。 心療内科に行くことに抵抗がある方もいるかもしれません。しかし、どうしてもつらい場合には、症状を悪化させないためにも早めに受診しましょう。

有給休暇を取得する

もし有給休暇が余っているならば、心身のストレスが大きいときには、どんどん取得しましょう。有給休暇を使うのは、労働者に与えられた当然の権利です。また、休む理由を具体的に伝える義務もありません。

一つ注意したいのは、有給休暇の申請については会社ごとに取り決めが異なる点です。たとえば、就業規則に「有給休暇は1週間前までに申請」と書かれていたとします。この場合、会社によっては、前日や当日の申し出に対して「欠勤」扱いになってしまうケースもあるのです。

体調不良であれば有給休暇でOKとしている会社がほとんどですが、休みを取るときには一度「有給休暇」扱いなのか「欠勤」扱いなのか確認しておいた方が良いでしょう。体調不良による休みを有給休暇扱いにしてもらえないなら、将来的な転職を視野に入れたほうが良いかもしれません。

仕事を退職してニートになる

今の会社の環境に問題があってストレスが溜まっているならば、思い切って退職してみましょう。もちろん、退職をすると仕事がなくなるかわりに、ニートになってしまいます。それでも、仕事のストレスで病気になったり、過労死するよりもましです。

たとえば一度実家に帰ってみると良いでしょう。事情をきちんと説明すれば、両親は理解してくれるはずです。ニートの期間が半年や一年経てば、さすがに働かないとまずいという気持ちになります。

会社を辞めたとしても、失業保険がありしばらくはお金を受け取れます。ただし、それがなくなってしまうと、収入源がなくなるため、いつまでもニートではいられません。あくまでも、仕事のストレスが解消されるまでの回復期間と考えましょう。

転職や独立開業する

ニートになるのはリスクがありすぎると思うならば、転職をしましょう。会社が変われば、労働環境や条件が大きく変化するため、ストレスがなくなるかもしれません。 あるいは独立開業するという方法もあります。これは自分ですべてを決められるため、理想的な環境で仕事ができます。

ただし、当然ビジネスが上手くいく保証はありません。すべての責任を自分が取る必要があるため、より大きなストレスを抱えてしまう可能性もあるでしょう。独立開業をするならば、しっかりと計画を立てて、リスクを覚悟してやるべきです。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

長時間残業や人間関係が悪さ、自分に合わない仕事を続けることなどは、ストレスの原因です。仕事のストレスが大きいと心身に大きな影響が出てしまいます。人によって、ストレスの溜まる原因や度合いは違いますから、まずは自分が何にどれくらいのストレスを感じているのかを把握し、できる限りで対処してみましょう。

どうしても我慢できないときには、転職や独立開業を検討するのもいいかもしれません。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。