仕事の悩みランキング10選|よくある仕事の悩みと解決のヒント

仕事の悩みは誰もが持っているものではないでしょうか。

深刻な悩みから、少し行動や考え方を変えれば解決する悩みまで、人それぞれ持っている悩みは違います。

ですが、仕事に対して全く悩みがないという人はいないでしょう。

悩みを抱えながら毎日仕事をしている人がほとんどで、その悩みに押しつぶされそうになっている人もいるでしょう。

また、悩みは小さくても積もり積もってやる気がなくなっている人もいるでしょう。

今回はそんなときに役立つ知識をご紹介いたします。

仕事の悩みランキング・解決法10選

このままの状態で仕事していると、最終的に会社を辞めてしまうという方向に行きかねませんので、仕事の悩みの中で多い悩みをランキング形式で発表し、その解決法や解決につながるヒントをご紹介したいと思います。

自分と同じ悩みや似た悩みがあった人は、悩み解決のヒントに活用してください。

仕事の悩みランキングと解決法1.「上司や先輩との人間関係」

最も悩みの中で多かったのは人間関係です。
職場で人間関係のトラブルに遭ったことがある人は、なんと50%以上という調査結果も出ています。

特に、上司や先輩といった目上の人との人間関係に悩んでいる人が多く、パワハラや理不尽な言動などに悩まされているようです。
上司や先輩ですので反発するわけにもいかず、泣き寝入り状態の人が多いようですが、もし上司や先輩との人間関係で悩んでいる場合は、上司のさらに上司にあたる人や、会社(人事課など)に相談してみてはいかがでしょうか。

人間関係のトラブルを修復するのはとても時間がかかり辛い時期になりますから、仕事をしながらそんなことをしている余裕はないという人は、まずは上司の上司や会社に相談してみましょう。

仕事の悩みランキングと解決法2.「仕事量が多い、または仕事量に差がある」

仕事の悩みとして多いのが「仕事量が多い、仕事量に差がある」ということです。
毎日残業でプライベートの時間も取れないという人は、このような悩みに悩まされているのではないでしょうか。

仕事量が多い時は、優先順位を決めて順位が高いものから処理していきましょう。
また、集中力は長続きしませんので、集中できる20分くらいの時間で難しい仕事をして、それ以外の時は比較的簡単な仕事をすると仕事がはかどります。

それでも仕事量が多くなかなか終わらないという人は、自分一人で仕事を抱え込むのではなく、誰かに手伝ってもらうなど周囲に協力してもらうことも大切です。

仕事の悩みランキングと解決法3.「単純ミスが続き自信喪失」

入社して間もない人など仕事に慣れていない人は焦りから単純ミスを起こしてしまうことがあります。
単純ミスが続くと「こんな簡単なこともできないのか」と上司に怒られたり、「自分で仕事ができない人間なんだ」と自信喪失して落ち込んでしまうこともあります。

単純ミスを防ぐには基本的に「見直し」をきちんとすることですが、それでも改善しない場合は指示内容を自分なりの解釈で理解してしまっている可能性があります。
言われた指示は「言われた通りメモを取る」ということと自分なりの工夫は仕事がきちんとできるようになってからでいいので、まずは言われた通りの手順や方法で仕事をしていきましょう。

そして、自分が仕事をしているところを指示を出した人に見てもらうのが一番です。
忙しくてそんな時間がないという場合は、「ミスをするといけないので一度だけでいいので見てほしい」とお願いしてみましょう。

仕事の悩みランキングと解決法4.「納期などが短期間で残業が続く日がある」

仕事内容は、それぞれの業種や職種によって違いますが納期がない仕事はないのではというほど様々な納期に追われていることでしょう。
特に納期が短い仕事があると、その納期に間に合わさなければならないので毎日残業で疲れてしまいます。

納期が短い仕事を抱えている時は、その日にやりきることとやらなくてよいことを分けてみましょう。
その日中にしなければならないことから片づけていけば、残業も少なくなり納期に遅れることもないでしょう。

納期が短くて残業が多いと悩んでいる人は、やらなくてもよいことまでその日にやろうとして残業になってしまうことが多いので、まずはその日中にやらなければならないことを終わらせて、残った時間で次の日にやらなければならないことを済ませていくと残業しなくてもよい日が来るのではないでしょうか。

仕事の悩みランキングと解決法5.「給料が上がらない」

いくら仕事で頑張っても給料が上がらなければモチベーションを保つのは難しいでしょう。
仕事の悩みというより待遇面での悩みとなりますが、給料が上がらないという理由で悩んでいる人は多いのです。

今の給料に満足しているという人の方が少なく、「仕事に見合った給料にしてほしい」と思っている人がほとんどですが給料は会社の業績が関わっていますので、今すぐ給料を上げてほしいと会社に相談しても難しいことです。

そんな時は「なぜ給料が上がらないのか」と明確にすることです。
先程お話したように会社の業績が悪いなら転職を考える必要がありますし、会社の評価制度に自分の業績が到達していないことで給料が上がらないのであれば、評価以上お業績を残さなければなりません。

また、自分一人の個人プレーでは会社も評価してくれないことが多いので、会社全体やチーム全体の業績が上がるように貢献する必要があります。

仕事の悩みランキングと解決法6.「仕事のやりがいを見いだせない」

「このまま仕事を続けていてもいいのだろうか」「自分が今の会社でやりがいをかじることはできるのだろうか」と今の仕事にやりがいを見いだせない人もいるのではないでしょうか。

特に仕事になれてきた30代に多い悩みで、自分が会社にとって必要とされているのかと仕事にたいしてやりがいを持てない人がいます。
また、今の仕事は自分のやりたい仕事ではないということで仕事にやりがいを感じない人もいるでしょう。

ですが、仕事といっても全ての仕事にやりがいを感じないわけではないのではないでしょうか。
日々の仕事の中にでも、自分が得意とする仕事があるはずですし、自分なりに仕事のやり方を工夫すれば自分にしかできないスタイルで仕事ができるのではないでしょうか。

また、誰かの役に立ちたい、自分が頼りにされていない気がするという人は自分の仕事より他人の仕事に貢献できることを探してみてはいかがでしょうか。

仕事の悩みランキングと解決法7.「会社の将来が不安」

20代のころは仕事に必死で考えもしなかった会社の将来を考える30代は、経験からわかることも増えていますので会社の将来に不安を感じている人もいるでしょう。

特に中小企業やベンチャー企業に勤めている人に多い悩みで「このままこの会社にいて大丈夫なのだろうか」と思っているのではないでしょうか。

では、なぜ会社の将来に不安を感じたのでしょうか。何か噂を聞いた?株価が下がった?ボーナスがカットされた?給料の支払いが遅れた?

会社の将来に不安を感じた理由を思い返し、なぜそれが起こったのか原因がわかれば本当いその会社でやっていけるのかどうかわかるのではないでしょうか。
特に、給料の支払いが遅れた場合は注意が必要です。

業績が悪ければボーナスがカットされてもおかしくありませんが、ボーナスがなくても倒産していない会社はたくさんあります。

ですが、給料の支払いが遅れた場合は業績悪化の上に売掛金が回収できていない、もしくは従業員に支払う給料の調達がなかなかできなかったなど金銭面で相当苦しい可能性があります。

株価は大暴落しなければさほど気にすることではありませんし、噂はあくまで噂ですから深層を確かめるのは困難かもしれません。
ですが、ボーナスや給料など目に見えて変化があった場合は原因を探った方が良いかもしれません。

仕事の悩みランキングと解決法8.「他の同僚と比べ出世が遅い」

30代になってくると「出世」という言葉が気になります。
30代なら何か役職についていても不思議ではありませんし、実際30代になると上司もマネジメント能力など役職者として適任かどうかを判断するようになります。

その中で同期で入社した同僚がどんどん出世していく中、自分だけが出世から贈れていると焦りも出てきます。
特に、自分の同僚が自分の上司になった時は仕事もやりにくくなりますし更に焦りが出てくるでしょう。

出世が遅いと感じている人は、役職者の視点で全体を見れていないのではないでしょうか。
また、会社に起こっていることを他人事と捉えて、自分事と捉えていない場合も役職者としての能力は低いと判断されます。

出世したいのであればマネジメント能力が必要ですから、役職者の視点で全体を見渡し、会社に起こることも全て自分事と捉えて仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

仕事の悩みランキングと解決法9.「仕事の段取り・スケジュール管理が上手くいかない」

仕事をしていく中で仕事の段取りやスケジュール管理は必須となります。
段取りを上手く組めなければ後々の仕事に影響が出てきますし、スケジュール管理が上手くできなければ仕事が後手後手に回り効率が悪くなります。

仕事の段取りやスケジュール管理が上手くいかない場合は、最終地点から逆算して段取りを組んでみてはいかがでしょうか。

例えば仕事のプレゼンが2週間後にある場合、プレゼンまでにしなければならないことは何でしょうか。
プレゼンの日から逆算して、おおまかに作業内容を考えると

  1. 上司にできたプレゼンを見てもらい、そのプレゼンでOKか許可をもらう
  2. プレゼンを作る
  3. プレゼンに使う資料を集める

となります。それぞれがどれくらいの期間必要かを考え2週間で終えられるように段取りを組んでいくのです。

プレゼンの日の前日までに上司に許可をもらい、プレゼンの資料を作るのに1週間、資料を集めるのに6日間と逆すれば、いつからプレゼンの作業に入ればよいのか、どの日までにどんな作業を終わらせればよいのかがわかります。

スケジュール管理も同じで、作業内容が前後することを避けて順序通りできるようにスケジュールを組めば余計な仕事を増やすことはないでしょう。

仕事の悩みランキングと解決法10.「後輩・新入社員などの教育係」

後輩や新入社員の教育係になると教える側の大変さがわかりますし、マネジメント能力が試されます。

後輩や新入社員のやる気が出なければチーム全体の仕事の進展具合にも関わってきますので、教育係になるといかに後輩や新入社員のモチベーションを上げやる気にさせるかが重要になってきます。

ですが、後輩や新入社員のやる気やモチベーションがなかなか上がらないと悩みの種になってしまいます。

後輩や新入社員のやる気が上がらない時は、コミュニケーションがうまく取れていないことから価値観が合わず、後輩や新入社員の立場に立って物事を見れていないのかもしれません。

後輩や新入社員が何に困って仕事ができないのか、ミスが多いのかがわからなければ指導することはできません。

まずはコミュニケーションをしっかり取り、自分が仕事に対して何を大事にしているかという価値観を話し、後輩や新入社員とその価値観を共有することができるように努力してみましょう。

仕事の悩み・職場の悩みを誰に相談するか

仕事の悩みを一人で抱えるのではなく、誰かに相談するのはとても良いことです。相談することで道が開けたり、気持ちが軽くなりますし、話すだけでもストレス発散になります。

実際、仕事の悩みを相談した5~6割の人が「考えを整理できた」「リフレッシュした」「相談相手の理解があった」など「相談してよかった」と感じています。
ですが、実際に悩み解決につながったのは3割程度ということで解決には至っていなくても心が軽くなっている人が多いので、誰かに悩みを相談するのはとてもよいことです。

そこで、仕事の悩みを相談する時に皆は誰に相談しているのかが気になりませんか。
男性と女性、年代によっても相談する相手が違ってきますが、20代の男性で一番多かったのが「友人」で42.3%でした。

次いで「両親や兄弟などの家族」に相談している人が40.5%、「配偶者や交際相手」に相談している人は第3位で37.8%という結果でした。
職場の先輩や上司に相談している人は29.7%と意外に少ない結果となりました。

ですが、30代の男性になると第1位が職場の先輩や上司で43.8%という結果が出ており、次いで「家族」の41.1%となっていました。
30代は仕事にも慣れてきて上司とのコミュニケーションも取れていますから相談しやすいのかもしれません。

40代の男性になると職場の先輩や上司に相談しているのは第3位で32.7%と順位が下がっていますから自分が上司になっている人も多くなっているのでしょう。

女性の場合は、20~40代のどの年代でも「職場の先輩や上司」に相談している人は少なく、全ての年代で第4位と言う低い順位になっていました。
逆に、どの年代でも一番多かったのが「友人」ということで全ての年代で第1位となっていますから、話すのが好きな女性は友人と話すことで気分転換になっているのかもしれません。

仕事の悩みを相談できない時の対処法

仕事の悩みを相談できれば心も軽くなり解決の糸口が見つかるかもしれませんが、コミュニケーションがうまく取れない人など、仕事の悩みを相談できない人もいます。

一人で悩みを抱えるのはとても辛く、その気持ちを抱えたまま仕事をしていると、いずれ「会社に行きたくない」と感じてしまうでしょう。

そこで、仕事の悩みを相談できない時の対処法をご紹介しておきます。
もし、仕事悩みを相談できない場合は、次のことを実践してみてくだだい。

相談も仕事だと考える

「相談」となると親しくないとできないと感じているかもしれませんが、そうではありません。
仕事をしていく上で、同じチームで悩みを持っている人がいれば解決しようとするのは当然ですし、悩みを抱えたまま仕事をしてもミスをしてしまったり会社に迷惑がかかる場合があります。

ですので、「相談することも仕事のうち」と考えてみてはいかがでしょうか。
「ホウ・レン・ソウ」という言葉がありますが、仕事の基本は「報告・連絡・相談」と言われており、この頭文字を取って「ホウ・レン・ソウ」と言います。

つまり、相談できないということは仕事の基本ができていないことになるのです。相談しにくい上司であったり、相性が悪い上司など、相談しにくい相手かもしれませんが、もし自分が悩んでいることが原因で問題が起こった時に、上司に相談したのかしていないのかで、会社の判断も変わってくるのです。

相談することも仕事のうちと割り切り、仕事基本を忘れないようにしましょう。

仕事の悩みが多くなるとストレスに

仕事の悩みは人それぞれありますが、人によって悩みの数も大きさも違います。

アフターファイブや休日を利用してストレスを発散できるならよいのですが、仕事のストレスが増えていきストレス発散ができなくなってくると心の病にかかってしまう可能性があるのです。

まず、ストレスを感じるようになったら、趣味に没頭したり、ぐっすり眠るなど自分でストレス発散できる方法を試してみましょう。

それでも解消されずストレスが原因で体調に異変が起こり始めたら心の病にかかっている可能性がありますので心療内科など心のケアをしてくれる病院に行くことも必要です。

仕事の悩みを解決できない場合は転職も視野に

仕事の悩みを解決する方法を色々ご紹介してきましたが、色々な解決法を試してみても悩みが解決できない場合、もしくは今の職場にいる限り悩みが解決できない場合は転職を視野に入れることも必要です。

朝起きあがることができない、仕事に行くとなると体調不良になる、今の職場にいても自分が成長していける可能性がないなど悩みが申告な場合は転職した方がよいこともあります。

そして、転職した方がよいと判断した時は転職エージェントを使うようにしましょう。
仕事に悩んでいる時は心身共に疲れていますから、この状態の時にさらにパワーを使う転職活動をすると心身共に負担がかかります。

転職エージェントを利用すれば転職活動をサポートしてくれるキャリアコンサルタントが在籍しています。
自分が望む転職先を探してくれるだけではなく、面接のスケジュール調整から、年収交渉、入社に必要な書類、面接対策なども行ってくれますので、無理せず転職活動を行うことができます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事の悩みは誰でも持っている

仕事の悩みは多かれ少なかれ誰でも持っているものです。そして、悩みを大きくしているのも小さくしているのも自分だということに気付いてください。

どんなに大きな悩みを抱えていても「この壁を乗り越えれば自分は成長できる」と悩みをプラスに考えられる人は悩みが小さく見えてきます。

ですが、「こんなこと私には無理」と最初からあきらめて悩みに対して何の対処もしない人は悩みが大きく感じるでしょう。

実際、これまでお話してきたような対処法を実行してみたら「意外とスッキリした」と心が軽くなる人もいます。

考えるだけでは何も変わりませんから、まずは悩みをどう解決するかという行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

行動を起こせば周りも変わってきます。プラスの方向に考えることができれば事態はプラスへ好転します。「できない」「無理」と嘆くばかりではなく、「やってみなくてはわからない」と行動に移してみましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。