職場で孤立する人の特徴とその原因|気にしない考え方も

職場で孤立した時の辛さは、経験した人にしか分かりません。自分に協調性がなく嫌われてしまった場合や、ねたみやただの職場いじめのような場合もありますが、長期間に及ぶと精神的なダメージが大きくなり、仕事どころではなくなります。寂しく辛い職場での孤立には考え方を変えて、対処法を実践することで改善されることもあります。その方法やポイントをご紹介します。ダメージが大きくなりすぎる前にぜひ試してみてください。

職場で孤立する人の特徴・原因

職場で孤立してしまっている場合、何らかの原因があるはずです。おそらく自分では気づいていない言動や出来事があり、職場ではいつもひとりきり…という状況を作り出しているのかもしれません。自分自身をしっかり見つめ直すためにも、その特徴と原因をチェックしてみましょう。

誰かの悪口をよく言う

一番嫌われるのは、誰かの悪口を言うこと。自分は悪口を言っているつもりはなくても、人から人へと言葉が伝わると、それは悪口となって相手に届くことになります。

たとえば、「〇〇さんは離婚したらしいよ。あの性格ならあり得るよね。内緒にしてね。」と誰かに伝えたとします。伝えた相手はその場でうなずいて聞いていたとしても、それをさらに他の人に伝えます。すると気が付いたら微妙にニュアンスが変わって、やがて〇〇さん本人に「離婚したことについて影で悪口を言われてるよ。ひどいね!あの人は悪口ばかりで信用できないね。」と伝えられてしまいます。

人の批判や悪口は誰かに伝えてしまえば、あっという間に広がります。それと同時にあの人は人の悪口ばかり言ってる、信用できないという噂もすぐに広まり職場で孤立につながります。悪口ばかり言っていると、全て自分に返ってくるということを覚えておきましょう。

人から頼まれた仕事を断る、または締切までに完了できていない

職場ではお互い助け合って進めていかなければならない案件が多くあります。「手が空いていたらこの資料を作成してもらえない?」と頼まれた時に「担当が違うからできません。」「他の人に頼んでください。」など冷たい態度を取っていませんか?

困っている時はお互い様なので協力し合うことが信頼につながります。反対に、常に人から頼まれたことを断って協力する姿勢を見せないと、当然「あの人にはいくら頼んでも無駄。」というレッテルを貼られてしまいます。

またたとえ引き受けたとしても、締切までに完了できないなどいい加減な対応をしていると、良好な人間関係を築くことは不可能です。自分が困った時には当然助けてもらうことはできません。誠実な対応の積み重ねが、人との信頼を繋いでいくのです。

ネガティブな発言や否定的な言葉が多い

人の悪口と同様、いつもネガティブな発言や否定的なことばかり言っている人は皆に嫌われ、孤立することになります。「あの人は話をしているといつもネガティブな言葉ばかり言うから疲れるわ…」「負のオーラが感じられるから近づきたくないよね。」と徐々に皆が離れていきます。

誰でも楽しい話や嬉しい話は聞いていて気持ちが良いものです。しかし、マイナス要素の話ばかりしていては、気分が暗くなり「ネクラ」と影で呼ばれていても仕方ありません。

誰も寄せ付けない怖いオーラを放っている

人に好かれる人は、人の話をよく聞き優しい雰囲気があるあたたかい人です。逆に見るからに怖い形相で、誰も寄せつけないような怖いオーラを放っていると、関わりたくないので誰も近づきません。

笑顔を見せずむっつりとした表情で、受け答えもぶっきらぼうでは、職場仲間が何か伝えたい時や頼みたい時にも怖々対応することになるため、「怖いから頼むのを辞めておこう。」「誘わないでおこう。」と敬遠されることになりかねません。

気分屋のため、感情に波がある

感情の起伏が激しい人も手に負えないので、回りがどんどん離れていきます。気分屋で感情の波がある人は、自分が思い通りにならなければ、激怒したり大きな声を出すことがよくあります。

何でもないことに言いがかりを付けたり、普通に会話をしていたと思えば突然怒りだしたりしていると「あの人は精神的に不安定な人」という見方をされて、関わりを持ちたくないと思われるため、気が付くと職場で孤立していることになります。

人によって態度や接し方の差が激しい

Aさんにはいつも温和な態度で優しく接しているのに、Bさんには言葉使いや接する態度が厳しいパターンです。人によって態度や接し方の差が激しい人は、「人として未熟で、何か裏がある人」と見られます。

よくあるのが上司など自分より上のポストの人にお世辞を使ったり、声のトーンまで変えるタイプです。その裏では自分より年下の部下を邪険に扱ったり横柄な態度を取っているようでは、人間性が疑われ、慕われることもなく誰も寄り付きません。

気が利かない

自然に気配りのできる人は、誰にでも好かれます。誰かが困っている時にさりげなく手を差し伸べたり、体調が悪い人を見かけたら仕事を手伝ってあげたり、気が利く人は大人としての配慮と思慮深さが感じられます。

職場は1人で仕事をしているわけではないので、人への気遣いはとても大切なことです。気が利くかどうかは、回りをよく見ているかどうかにもつながります。自分自身の姿をよく見つめ直してみましょう。

男性でも女性でも職場で孤立しても平気!気にしない考え方

自分自身が努力して、職場の人に溶け込もうとしても、どうしても無理な場合もあります。集団の中にひとりでいることは、とても辛く悲しいものです。そんな時には考え方を変えるのが一番!気は持ち様です。ポイントをご紹介しましょう。

ひとりで有意義に過ごせる

ひとりでいると寂しい気持ちになりますが、逆に考えるとひとりの時間を有意義に過ごせることでもあります。気が合わない人たちと無駄話をするなら、ひとりの時間を使って、「自分ひとりだけの時間を好きに使える」、「スキルアップのために勉強できる」、「仕事のペースを速めることにも繋がる」とプラスとしてとらえるようにしてみましょう。

今の職場は次のステップに向かう試練の場所

職場は人によって合う合わないがあります。仕事の内容も同様です。今の職場は孤立していて辛いけれど、「この試練を乗り越えるとステップアップできる!」「次の職場はきっと快適に仕事ができる!」と前向きに考えてみてください。

何事もステップアップするためには、試練を乗り越えなければいけません。山あり谷ありの、今は谷だから後は上るだけです。これを乗り越えたら…という希望を持って時間を過ごしてみてください。

無駄な付き合いが減って楽

仕事を通じて出会った職場の人たちの中には、当然気が合わない人もいます。付き合いでランチを一緒にしたり、会話に無理して入ろうとすることもあるかもしれません。ひとりならば、そんな余計な時間を費やす必要はありません。

「無駄な付き合いが減って楽でよかった!」「その分スキルアップのために時間が費やせる!」と、とらえ方を変えながら過ごしていると、気持ちが少し楽になるでしょう。

以下の記事は「期待しない生き方」の考え方についてご紹介しています。職場で孤立しても前向きに生きられる考え方ですので、是非参考にしてください。

期待しない生き方のすすめ|人にも自分にも期待しない方法・心理・名言・本など

期待しない生き方と聞くとあまり良い印象ではないかもしれませんが、期待しない生き方とは一体何かが分かり理解できれば、他人にイライ…

職場で孤立して「うつ」状態になることも

職場で長く孤立していると、気持ちがどんどん落ち込み、ひどくなるとうつ状態になることもあり得ます。そうなった原因を悩み続け、自分を責めたり、どうすれば良いのかわからなくなり仕事への影響が出る場合もあります。

ひどくなる前に早めにメンタルクリニックを受診して、症状を緩和することが大切です。どうしても今の職場が辛いのであれば、心機一転!転職も視野に入れて検討してみましょう。

新人は職場で孤立しやすい

新人は職場で孤立しやすいパターンが多く見られます。その理由をいくつか考えてみましょう。

  • 入社した途端上司に気に入られたため、同僚や先輩からねたまれている。
  • 学生気分が抜けず、先輩にため口で話をしてしまう。
  • 職場に慣れていないため、緊張しすぎて職場の人たちとコミュニケーションがとりにくい。
  • 認められたいがために、上司に相談せず勝手に仕事を進めてしまう。

このように、新人は学生から社会人になりたてのため、社会のしくみや職場の人間関係がよく分からず、孤立してしまうパターンが多いようです。仕事を覚えるのに必死で全く回りが見えておらず、気づいたら孤立していた…ということも。

今後長く同じ職場で仕事を続けていくのであれば、新人のうちから対処法を考えておく必要があります。

新人で職場から孤立した時の対処法

やっと入社できた今の会社で快適に仕事をしていくためには、人間関係を整えなければ成り立ちません。新人で孤立してしまった時の対処法を実践してみましょう。

まずは挨拶を徹底する

挨拶は人との付き合いの基本中の基本です。まずはしっかり挨拶を徹底して行うようにしましょう。挨拶する相手は分け隔てなく、関わる職場の人全てに自分からはっきりと元気よく挨拶をします。

笑顔で元気に挨拶をしてもらえたら、嫌な気分になる人はいません。ぜひ試してみてください。

同僚と話す機会を増やす

同僚は同じ入社試験を突破して、就職した同士であり、困った時は一番に助けてくれる仲間でいてくれるはずです。同僚と話す機会を増やしておくと、相手が何を悩んでいるのか、どんな事を考えているのか察知することができます。

自分が助けることもあり、同僚が助けてくれることもあるでしょう。思っているだけではいけません。同僚と普段から話をすることで、意思疎通がはかれるので、プラスに働きます。

分からない事は上司や先輩に聞く

新人のうちは、はりきりすぎて誰にも相談せずに、勝手に行動を起こす場合があります。新人は知らなくて当然、できなくて当然なので、分からない事は上司や先輩に聞いて進めることが大切です。

所謂知ったかぶりは、会社に迷惑をかけることにもなり、その人の人格や仕事に対する能力もマイナスに判断されることになります。かつては新人だった上司や先輩にどんどん質問や疑問点を投げかけて、仕事のやり方や職場でのコミュニケーションの取り方など伝授してもらいましょう。

職場で孤立して辞めたいなら転職も視野に

職場で孤立状態にいることがあまりに辛く、退職を考えているのであれば辞める前に転職の準備をしておくのが賢明です。効率よく新しい仕事を探すには、転職エージェントを活用するのがおすすめ。

転職エージェントに登録すれば仕事探しはもちろん、履歴書のチェック、面接指導、企業側とのやりとりなど必要な手続きを代行してくれるので、今の仕事をしながらでも転職活動をすることが可能です。

また転職エージェントでは、より適切な転職先を探すためにキャリアパートナーという専任のコンサルトが付きます。どのような仕事が向いているのか、適性や希望条件などじっくり相談しながら決めることができます。

さらには一般に公開されていない、非公開求人もそれぞれのエージェントで保有していることもあり、転職先の幅が広がるのも嬉しいポイントです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

職場で孤立し職場で嫌われたら、考え方や対処法で改善を

職場で孤立していたら、まずは自分が職場の人に対して日々どのような態度を取っているのか、人が嫌がる言葉を発していないかチェックしてみてください。その上で改善されなかった場合でも、今の状況が辛いため、悪い方に考えすぎて自分自身を追い込んでしまうのはNG。同僚や上司に相談したりプラスの方向へシフトして、考え方を少し前向きに変えるだけでも気持ちがぐんと楽になります。

どうしても職場にいるのが無理な場合は転職も視野に入れて、今できることを進めていきましょう。辛いから逃げるという意識ではなく、ステップアップのために転職するんだという明るい気持ちでのぞめば、きっと良い方向に流れが向いていくはずです。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。