※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

皆さんはこのように思ってはいませんか?

◆ 中高年(ミドル層)の転職って実際どうなのか知りたい
◆ ワークポートの評判を知りたい
◆ 中高年(ミドル層)でワークポートを利用すべきなのか知りたい

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できます!
中高年(ミドル層)の転職においてワークポートを上手く活用することで、あなたの転職を成功へと導きます。

また、この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、本記事でご紹介している転職エージェントの評判を調査した際には、各転職エージェント利用者約1000名に対して、web上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、中高年におけるワークポートの評判を見て行きましょう!

中高年の転職とは


「中高年って年齢で言うとどのくらいを指すの?」
「そもそも中高年転職って可能なの?」

そう考える方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、中高年の定義について、まずは解説していきます。

【中高年の定義】

  1. ・40歳〜65歳までを指す
    ・転職業界では「ミドル層」と呼ばれることもある
中高年とは40歳から定年定年までの方のことを指すんですね。
転職業界では「ミドル」と呼ばれる方が多いです。呼び方は違いますが、同じ意味です。

中高年の転職は難しい!?実は転職に有利な3つの理由

中高年(ミドル層)からの転職は躊躇される方も多いのではないでしょうか。


「40、50代からの転職で採用してくれる企業はあるの?」
「現職とは職種を変えたいけど今更変更なんてできるのか?」

そんな不安を抱えていらっしゃる方もいるかと思います。

しかし実は「中高年(ミドル層)の転職は有利」なんです!
その3つ理由を徹底解説することで、中高年(ミドル層)転職の不安を払拭していきます。

中高年は転職者全体の約40%を占める

中高年(ミドル層)の転職となると周りになかなか言い出しにくいものです。
「家族や部下のことも考えると、今の仕事を辞められない…」
なんて方も多いかと思います。

しかし、実は転職者の約40%は中高年(ミドル層)が占めています!
こちらをご覧ください。

(注)転職者とは過去1年間の離職経験者のうち現在は就業中の者を指す
参照:2016年、総務省統計庁「労働力調査」

グラフのように中高年(ミドル層)の転職者は40%以上の割合を占めていますね!
中高年(ミドル層)の転職は、昨今では「よくあること」になってきているんです。

2018年転職市場予測で中高年の求人は増加傾向

中高年(ミドル層)の転職者増加に伴い、中高年(ミドル層)の求人案件も増加傾向にあります。
エン・ジャパンによる135名の転職コンサルタントを対象とした調査によると、2018年において中高年(ミドル層)を対象とした求人募集は「増加すると思う」の回答が85%を占めています

参照:2018年の転職市場予測「ミドル人材の求人動向」について

私から見ても中高年(ミドル層)の求人募集は今後ますます増加していくでしょう。
さらに転職の専門家であるコンサルタントも同様に増加傾向の予想を立てているので、中高年(ミドル層)の需要が高まることは間違いないでしょう!

異業種へ転職した中高年は約70%を占める

「中高年(ミドル層)の転職で今更、業種を変えるのは難しいのではないか?」
「これまで培ったスキルを活かせる仕事を探さなければ…」

そう考える中高年(ミドル層)の方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、エン・ジャパンが2018年6月29日~2018年7月31日の期間で中高年(ミドル層)1,264名を対象に実施したアンケート結果では、
約70%の中高年(ミドル層)が異業種への転職を検討していると回答しました。
最近では、これまでの業種に縛られず、幅広い業種の中で転職を目指す中高年(ミドル層)が多いようです。

異業種への転職を検討している理由として1位は「新しい経験を通じて、自分を高めたいから」が53%でした。

「検討していても実際に異業種へ転職できる人は少ないのでは?」
と思った方、実際に異業種への転職に成功した方はなんと約70%もいました。

転職支援の専門家である転職コンサルタントに「担当した中高年(ミドル層)の転職者のなかで、
異業種・異業界企業への転職を実現された方はいますか?」の質問で、68%のコンサルタントが「いる」と回答しました。

参照:ミドル世代のための転職サイト「ミドルの転職」 https://mid-tenshoku.com/

2017年の同調査よりも9ポイント上昇していますね!
年々増加傾向なことから、異業種への転職はより一層しやすくなってくるでしょう。

中高年の転職体験談


体験談(1)
43歳 女性・人事:年収400万円台

良好な人間関係と新しいキャリアを手に入れました!


元の職場は業務内容はよかったのですが、人間関係がうまくいっておらず、かなり窮屈でした。
40歳前に転職しようと思い、ハローワークなどで仕事を探し回っていました。
書類選考は通過したことろもありましたが、面接は平日に入ることが多かったので仕事で行けないことが多々ありました。
このままではいつまでも転職できないと思い、会社を退職して就職活動に専念しました。

前職と同じ人事で仕事を探しても良かったのですが、異なる職種も幅広く見ていました。
最終的には、異業種・異職種である営業オペレーション業務に従事することに決まりました。
これまで人事の業務で培った対人能力を活かせる仕事でもあり、自分の新しいキャリアが拓けて非常に満足です。何よりも、今の会社は人間関係が良く、同僚と仲良く仕事ができています。
給与面は少し下がりましたが、人間関係の改善と新しいキャリアの構築ができたので転職成功だと思っています。


職場の人間関係が理由で転職を希望する方も一定数いらっしゃいます。
人間関係も改善できて、キャリアアップにも繋がる転職ができれば文句なしですね!


体験談(3)
50歳 男性・経理:年収500万円台

定時で帰宅できて評価制度も整っている会社へ転職!


前職では中間管理職という事もあり、ほぼ残業をしていました。
また、経理という仕事柄なのか、会社からもあまり評価されず、仕事へのやりがいを失っていました。
そのような会社の体制に不満を覚えて、転職を決意しました。これまでのスキルを活かしたかったので、同じく経理として転職しました。
給与は変化ありませんでしたが、毎日定時に帰宅できるようになり、身体的にも精神的にも楽になりました。
何よりも仕事での評価を公正にしてくれる会社なのでやりがいを感じています。


同じ職種でも社員のモチベーションが上がるような評価制度になっているかは重要な指標でもあります。
公正な評価をしてくれる制度が整っている会社は社員の生産性も高く、人間関係も良好なことが多いです。


体験談(2)
48歳 女性・法人営業:年収700万円台

キャリアチェンジと昇給が叶った


前職は、クレジット会社の営業職でした。
転職したいと思った理由は、25年近く営業一筋でやってきたためやりきった感があり、職種を変えたいと思ったからです。
働きながら転職活動をしていたため、転職先が決まるまではかなりハードな日々が続きました。
仕事から帰ってきて自分で転職先を探すのに限界を感じて、転職エージェントに相談しました。
キャリアアドバイザーの方に希望を伝えて良さそうな求人をピックアップしてもらったり、様々な情報を頂きました。
推薦してもらった求人の中で求める条件にピッタリのものがあり、人材業界のインサイドセールス職として、現在は転職することができました。
給与も少し上がり、異職種への転職もできて今の職場に大変満足しています。


多くの方が現職と並行しながら転職活動をすることになりますが、かなり大変です。
膨大な転職先から自分に合ったものを探して、書類選考・面接を受けて…とやることは沢山ありすぎて、挫折したり延期になったりすることも。
そんな時、転職エージェントをうまく利用して効率良く時短するのが転職成功のコツです!

ワークポートの特徴

転職エージェントに登録した方が良いのはわかったけど、

「たくさんあってどこの転職エージェントが良いかわからない」
「ワークポートトと他のエージェントの違いって何?」
「中高年(ミドル層)でワークポートを利用するのはどうなの?」

そんな方のために、要点をまとめつつ特徴を解説して行きます!

ワークポートとは

以下にワークポートのポイントを3つにまとめてみました。

【ワークポートの特徴】

    1. ・IT・Web業界にて10年以上の実績
    1. ・対応が早く急な転職に向いている
    ・「みんスク」という無料エンジニアスクールを構えている

ワークポートのポイント設立15年の実績がある総合転職エージェントです。
キャリアコンサルタントの対応には定評があり、丁寧かつ迅速な対応をしてもらえる転職エージェントです。
取引実績は約2,000社にものぼり、常時15,000件の求人を保有しています。
特にIT・Web業界に強みがあるのが特徴です。

初回面談後、その日のうちに20件、次の日に50件以上の案件を提示してもらえるそうです。
求人の提示が早いので、急いで転職を希望している方にとっては、オススメのエージェントになります。

IT・Web業界に強みがあることもあり、東京、大阪にて未経験者のためのプログラミングスクールが利用できます
コースは、開発エンジニアコース(1ヶ月)、インフラエンジニアコース(2週間)の2つがあり、コース受講後に企業を紹介してもらえます。
ただ、コースを受講する時は、エンジニアへの転職が前提となります。

【完全無料】ワークポート公式サイトから1分で登録する:https://www.workport.co.jp

※合わないと思ったら即解約可能。ノーリスクで利用できます。

実績・受賞歴

近年だと以下のような実績を残しています。
いずれも大手が出しているランキングになるのでかなり信憑性が高く業界的にも高く評価されていることがわかります。

◆ リクナビNEXTエージェントランキング
転職決定人数部門第1位(2017年)
※5回連続受賞

2017年にはリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア「DODA Valuable Partner Award2017」、マイナビ転職『The Best Matching Of The Year 2016』にて『転職決定人数部門 第1位』を受賞(リクナビは4回連続)した超実力派転職エージェント
これまでに総勢30万人の転職支援をしてた、自他共に認める実力派エージェント。

みんなの評判・口コミ


みんなの評判・口コミ(1)
42歳 男性・人事:年収700万円台

営業感が少なく利用しやすかった


いくつかの転職エージェントに登録していたのですが、登録した次の日くらいから着信履歴がものすごいことになった経験がありました。
しつこい営業の電話が多くて、迷惑していたんですが、ワークポートは登録もしつこい電話連絡はありませんでした。
ある意味そっけないのかもしれませんが、仕事中は電話取れないですし、こちらからの連絡は迅速に対応してもらえたので、利用しやすかったです。

担当者の温度感の好みは、人によって異なるかと思いますが、ワークポートは比較的、連絡が少なめです。
一方で、質問は迅速に回答してくれるなど仕事をしながら転職活動している方にとっては、ストレスフリーに利用できるエージェントとも言えます。


みんなの評判・口コミ(2)
51歳 女性・営業管理職:年収700万円台

 


希望する企業から内定をもらって入社まで2ヶ月ほどあったのですが、内定後も連絡を下さり、内定先企業の状況を教えて下さりました。
入社するまでの間も丁寧にサポートして頂き、快く入社することができました。


ワークポートの担当者は、丁寧で親切な人が多いと評判です!内定後のフォローアップまで徹底して行ってくれます。


みんなの評判・口コミ(3)
47歳 男性・SE:年収700万円台

IT業界に強いだけあって多くの求人を提示してもらえた


IT業界での転職といえば、ワークポートというのは以前から存じ上げていたので、登録しました。キャリアアドバイザーの方が条件に合う非公開求人を多く提示して下さいました。
企業との繋がりも強いので、年収交渉や条件交渉までしてくれて、希望の年収と業務内容で転職することができました。

ワークポートは企業とのコネクションが厚いことで有名です!コネクションの違いだけで年収や条件も大きく異なってくるので、実は非常に重要なポイントなんです。

中高年(ミドル層)に不向き!?ワークポートの特徴

上記で解説してきたワークポートの特徴に基づいて、他の転職エージェントと比較した際のワークポートのポイントの特徴を3つにまとめました。

・転職活動を強力にサポートする独自のツールがある
・老舗ならではの企業コネクション
・約70~95%が一般公開してない求人

上記のポイントを詳しく見て行きましょう!

転職活動を強力にサポートする独自のツールがある

転職活動中の進捗が一目でわかる「e コンシェル」というツールがあります。
キャリアアドバイザーから紹介してもらった新着求人が一覧で表示され、応募状況や選考状況などの転職状態を一括管理出来ます。
また、オススメの求人情報がリアルタイムで更新され、社名も全て公開されます。気になる求人があったらその場でキャリアアドバイザーに問い合わせまで行えます。

便利ツールがあるかないかで就職活動の効率がかなり変わってきます!e コンシェルは他のエージェントと比較してもかなり使いやすくオススメのツールです!

老舗ならではの企業コネクション

15年の実績がある老舗エージェントなので、企業とのコネクションはかなり強固です。
転職業界は昔ながらの風潮が続いていることが多いため、コネクションによって企業への年収交渉等の可否が変わってきます。
企業コネクションが強いかどうかは、一見わからないのですが、ワークポートは私が自信をもってコネクションの強さをおすすめできる転職エージェントの一つです。

ワークポートの企業コネクションの強さは圧倒的です。特にIT業界への転職を考えている方は確実に登録することをオススメします。

約70~95%が一般公開してない求人

非公開求人が全体の約70~95%を占めているとはかなりの割合ですよね。

この非公開求人の多さも企業コネクションが強いことと繋がっているのですが、非公開求人の良いところは「公開求人での売れ残りではない」というところです。
多くの人の目に触れているのにも関わらず、まだ残ってる一般的な公開求人は、売れ残っているので、あまり良い求人とは言えません。
その点、非公開求人は条件にあった人にしか公開されない限定的な求人なので比較的良い求人が多いのです。

非公開求人の多さはピカイチです。非公開求人の多さは企業とのコネクションの強さの裏付けでもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に、ワークポートの特徴をまとめておきます。

【ワークポートの他社エージェントと比較した際の特徴】

    1. ・転職活動を強力にサポートする独自のツールがある
    1. ・老舗ならではの企業コネクション
    ・約70~95%が一般公開してない求人

登録は無料で、登録後もお金を請求されることは一切ないので、上記に少しでもピンときた中高年(ミドル層)の方は、登録してみることをおすすめします!
皆様の転職成功を心から祈っております。

【完全無料】ワークポート公式サイトから1分で登録する:https://www.workport.co.jp

※合わないと思ったら即解約可能。ノーリスクで利用できます。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!