転職エージェント「ワークポート」の口コミ一覧

転職エージェントによるワークポートのレビューをチェックするなら

当ページは、ワークポートに対する一般ユーザーからの口コミ一覧ページとなります。
コチラの記事で本職の転職エージェントがワークポートを徹底レビューしています。

実際に利用したユーザーの口コミから見てみる!ワークポートのぶっちゃけ評価

ワークポートはIT業界でも知らない人はいないほど有名な転職エージェントです。ネット上でワークポートの広告を目にしたことのある方も多いでしょう。ワークポートは、IT業界や20代に圧倒的な支持を得ておりますが、それはあくまで表向きの情報に過ぎません。
「実際にワークポートを使った人は本当に満足した結果を得られているのか?」
これが多くの方が気になるところだと思います。
そこで、今回、転職Wikiではワークポートを実際に使って転職活動を行った方、延べ50人以上にアンケート調査を実施し、表向きには言えなかったぶっちゃけ評価を徹底リサーチ致しました。

CrowdWorksを利用して有償で本物の口コミリサーチを実施

今回集まった口コミは、どれもワークポートを本当に使った方から投稿された忌憚のない辛口意見ばかりです。転職を考えている方は、まず以下の口コミに目を通して頂き、ワークポートという転職エージェントに対する本当のユーザーの評価をご確認いただくだけで、この後の転職活動に大きく寄与することをお約束いたします。
[aside type=”warning”]マイナス・ネガティブな口コミの扱いについて
転職Wikiでは、口コミの募集時に、「利用して問題だと感じた箇所、不満だったものについても正直な感想を投稿していただく」ことを全ての口コミ投稿者様に依頼しております。そのため、希望通りに転職活動が運ばなかった方からの厳しい口コミも一部に見受けられます。しかしながら、他の口コミサイトでは載せられないような情報であっても包み隠さず公開し、転職活動において役立ていただきたいという想いから、一切の編集を加えること無くマイナス口コミも掲載させていただいております。※各エージェント様からの申し入れが入った場合、口コミは編集せずに非表示にすることで対応いたしております。[/box]

11 COMMENTS

20代 男性 IT系

転職サイトを利用して、一番よかったのはワークポートでした。
サイトに登録してから、面談までの期間がとても早く、電話・メールの連絡がとても早かったのがよかったです。特に、土日も面談してくれるので助かりました。面談では、親身になって話を聞いてくれ、とてもいい印象でした。
登録から案件紹介までの間には、経歴書の添削を丁寧にしてもらいました。初めての転職活動だったので、こういった細かなミスなども添削してもらったことで、だいぶ不安がなくなっていきました。また、自己PRの書き方などは新卒の就活と違ったので、アドバイスを受けておいてよかったと思いました。
紹介された求人5社ほどに応募し、翌日に1社の書類選考通過の通知をもらいました。結果的にはその会社には決まらなかったのですが、ワークポートのシステムから非公開求人が見られるので、そこから応募しながら活動を進めました。
最初に求人を紹介された面談の時、自分の希望以外の案件を紹介されたときにはびっくりしてしまいましたが、業種変更をしたほうが年収は上がる、業界の中でもいろんな会社があるので仕事が選べると説明されたので、納得して業界を絞りすぎることなく応募しました。
こういいた丁寧なアドバイスを受けていたので、選考は順調に進み、内定をいただくことができました。サービス業からIT系への転職だったため不安はありましたが、過去の転職事例なども説明してもらったので決めることができました。
他の転職エージェントでは、面談も一方的にヒアリングされている感じだったり、経歴書などにも細かなフォローがなかったりしたので、転職エージェントの中ではワークポートはとても親切なエージェントだと思います。

返信する
20代 男性

急な転職をなんとか成功させようと転職エージェントを探しました。その結果、大手とワークポートにまずは利用者登録を行いました。
大手については印象があまりよくなく、どうもエリート感があるというか、横柄な雰囲気が感じられて正直な話をするのは難しかったように思います。一方でワークポートの担当者はカジュアルに話ができ、本音のところをうまく伝えられる感じがしました。転職活動はけっこう孤独なもので、こうして気軽に話せるというのは重要なことだと思います。なかなか自分の気持ちを整理できないときもありますが、話すことで自分が何をやりたいのかなどが整理されるのでやはりエージェントを利用する限りはそうした会話がしやすいところを選ぶべきだと思います。
ワークポートはeコンシェルという利用者用のシステムを提供していてそちらはとても使いやすかったです。というのも会社の名前や選考のスケジュールの管理は活動を積極的にやればやるほど難しくなります。特に現業があるなかで隙間時間に転職活動をすることになります。システムがあることで情報を一元管理できて非常に助かりました。
とにかく量でサービスしてくる大手より、そのなかからうまくフィルタリングできるワークポートのほうが楽に転職活動を勧められました。最初は複数のエージェントを併用していましたが、最終的にはワークポートをメインとしました。
担当者のレスもスピーディで、ちょっとした連絡はアプリからできたので便利でした。

返信する
40代 男性

私は40代ですが、給与面も重視しながらャリアチェンジをしたいと思い転職活動を始めましたが、個人で応募してもなかなか書類で通らなかったため、転職支援会社を利用することとしました。
支援会社はいくつかあると思うのですが、そのなかでワークポートはあまりうまく活動が進まなかったエージェントでした。
そもそも、コンシェルジュが若い人が多く、私のような40代の転職希望者はあまり対応したことがなかったのかもしれません。
また、求人自体も年齢、経歴に合うものが少ないようで、申し訳なさ程度に数件紹介してもらっただけでした。それらも報酬は年齢・スキルや経験に応じてというところや、現職とあまり変わらないところばかりだったので、応募する気になれませんでした。
紹介された求人を見たところ、20代、30代の若い転職希望者対象のところが多く、未経験可の募集も多くあったので若い人には向いているエージェントかもしれませんが、私のような40代の転職希望者には向いていないのだと思います。
結局私はつてをたどって、知人の会社に転職することにしたので、エージェントを使っての転職は実現しませんでした。
ワークポートは、ウェブサイトは使い勝手がよかったので、サービスにも期待していたのですが、その分残念でした。また、一つ残念だったのは、ほかで内定が出たころを伝えるとすぐにサービスが受けられなくなったので、ほかで内定が出てからもワークポートを使いたい方は、しっかりとコンシェルジュに連絡しておく必要があると思います。
ご参考になれば幸いです。

返信する
Anonymous

これまでもいくつかのサービスを利用していたので、一つにしぼるのではなく、何件か転職エージェントを利用しようとしていた。今回はその中でも最初に登録をしたのがワークポートだった。
まずは面談となった。一般的な質疑応答を行い、転職の動機や希望職種、これまでのキャリアなどをこちらから説明した。そこでは特に問題なく淡々と進み、次に今後の連絡の取り方などを担当者から説明してもらった。説明によると、以後はワークポートの独自のプラットフォーム「eコンシェル」で連絡をとりあい、送られてきた仕事の情報をみて応募するということであった。面と向かったやりとりが普通であったので、こうしたプラットフォームが用意されていることは多少驚いた。
その後ひと月くらい使ってみたがかなり使い勝手がよく積極的に案件に対してエントリーをするようにしました。e-コンシェルですべてが完結するので担当者とコミュニケーションすることがないのがマイナスですが、その代わりにスピーディに活動ができることはメリットだと感じました。
いずれにしても他の転職サイトを利用したとしても、ゲットできる求人情報があまり多くなかったり、あまり自分に合っていないものが適当に送られてきたりするので、そうした状況でよいとするなら、ワークポートの便利なシステムで機械的に活動していくほうが精神的にも楽かもしれません。
よい職と出会うにはいろいろな努力が必要で、一つのエージェントに頼るのではなくて特徴を理解したうえでいろいろなサービスを併用してリサーチをしていくのがよいと思う。

返信する
20代女性不明

転職活動時にワークポートを利用しました。知ったきっかけは電車の広告で、当時はワークポートの名前を知りませんでしたので家でネット検索しました。
登録時には面談が必要とのことでした。大崎の会社オフィスに行く必要があり、当初は乗り気ではなかったものの、意を決して埼玉から会社に向かいました。
ワークポートのオフィスは想像以上にきれいで好印象を受けました。初対面のコンサルタント(担当者)は親しみやすい感じで、ためになる転職情報を多くお話してくれました。満足度が高い初回の面談でした。
名の知れた転職会社の担当者は、紹介する会社についてあまり詳しく教えてくれないように思います。しかしワークポートのコンサルタントはその会社の良い点や悪い点を明確に示してくれる印象でした。
なお他の転職会社が出している求人情報もあわせて紹介してくれ非常に親身になって相談にのってもらえました。
ライバル会社の求人情報を勧めてくれた時でも「ここはとても魅力的な会社だと思いますよ。うまく選考が進むとよいですね」と応援してくれたり、逆に「この会社は実は厳しいらしいので注意したほうがよいです」と貴重な情報を教えてくれました。営業トークというよりは正直にいろいろと教えてくれていると思えたので、こちらもオープンな気持ちで面談に望められていたように思います。
最終的には他社が扱っていた求人案件での転職がきまりました。「せっかくよくしてくれたのに売り上げに貢献できずにごめんなさい」と言ったところ「いえ、よかったですね」と祝ってくださったのもありがたかったです。
「次に転職するときにはまた声をかけてくださいね」としっかりアピールされましたが、いやな気持はせずむしろ本当に次の機会にはワークポートさんに相談してみたいなと思っています。

返信する
30代男性不明

これはあくまでも個人の所感ではありますが、担当してくれたエージェントは他社と比べて私のキャリアやこれからやりたいことなどについてのヒアリングは淡白で、言葉を選ばずにいえば忙しい中で流れ作業のように扱われたように感じました。
書類の確認や校正も特に行われませんでした。これが内容がよかったから修正の必要がないということだったのか、やる気がなかったのかはわかりませんが。
ただメールのレスポンスはスピーディで、紹介される求人情報も多かった印象です。希望に対する一致度も高かったので、仕事としてはきっちりやってくれたのかなとも思います。
有名どころの転職サイトより良い案件を紹介されたかなとも思います。
ということで、面談時などにカジュアルにいろいろ相談できて気持ちを整理していきたかった私としては物足りなかったですが、案件の多さ、マッチングの質からすると、全体としては良かったのかもしれません。
個人で求人を見つけて一人で応募・面談するというのは骨が折れます。その意味ではやはりエージョンとは有効だなと思います。
でも結局すべてをその担当者に任せる、丸投げするという姿勢だと最終的にはいい巡りあわせはないのでは。基本的には自分の意志や希望をしっかりもってそれを担当者にぶつけることでいいコミュニケーションができ、いい案件を紹介してもらえます。エージェントも丸投げされた仕事にはそれなりの対応しかしないと思いますので、お互いによい結果を得られるためには自分の意志をしっかりもちつつ、努力もしていかなければいけないと今回も改めて思いました。

返信する
20代 男性

転職活動を始めるとき、最初は大手転職エージェントのリクルートエージェントなどに登録しましたが、私の業務経験やスキル面が足りなかったのか、希望する条件の求人を紹介してもらうことができませんでした。いろいろとネットで調べてみると、ワークポートは登録の基準があまり厳しくないという口コミが多かったので、ワークポートに登録して活動を進めました。
ワークポートでは、転職コンシェルジュからIT系の求人を中心に紹介されました。職種は、新規取引先を開拓する営業(営業開発という名前だったと思います)の求人提案を多く受けました。担当のコンシェルジュから聞いた話では、IT系の営業職はいつも人手不足なようで、その分報酬も高収入の場合が多いということでした。
それなら私にも年収アップのチャンスがあるかもしれないと思い応募し、いくつか面接まで進みましたが、どの企業も圧迫面接やストレス耐性を試すような質問や態度が多くて面接自体がとても大変でした。
結果としてはIT系の企業から内定は出なかったのですが、離職率の高さなどのよくない評判を後で知ったので、採用されなくてよかったと思っています。こういったことも事前に転職コンシェルジュから話があったわけではなく、給与が高いといった条件のいい部分だけを説明されたという印象です。
私のように面接で大変な目にあった後で知ることがないように、ワークポートでIT系の取引先開拓営業の求人を紹介されたときには、待遇面だけでなく、会社の評判や離職率などもちゃんと聞いておいたほうが時間もムダにならないし、大変な目にも合わないと思います。

返信する
30代 男性 Web系

Web系の転職でワークポートを利用しましたが、自分としてはまったくおすすめできるところではなかったです。
転職コンシェルジュと名乗っているコーディネーターがとにかく常識では考えられないような対応ばかりで、信頼どころか不信感しかありませんでした。たまたま担当になった人がはずれだったのかもしれませんが、ほんとうにあり得ませんでした。
例えば、前職が忙しい時期に3日連続で面接の予定を組んで連絡してきたことがありました。忙しいと連絡していたにもかかわらずの対応だったので、今後は3日連続で入れないでほしいと正直に言ったら、自分でも3日連続の面接は大変だった経験があると半笑いで答えました。普通は、忙しいと伝えていなくても勤務しながらの転職活動だったら、常識的にそんなことはしないと思います。
他にも、紹介する求人についても残業時間が100時間以上と記載されている求人案件を、何も考えずに紹介してきます。しかも、Web系の企業がブラック企業なのは当たり前だと言っていました。自分としては体力的にも厳しいと伝えても、そんな気持ちでいたら転職先は決まるはずがないと、勝手に怒り出す始末でした。
こんな風に、自分のやりたくないこと、しかも経験して大変だったことを平気でやったり、自分の価値観を押し付けたり、とにかく自分勝手で不誠実なコーディネーターでした。レスポンスの速さだけはよかったのが、逆に悪目立ちする感じです。
たまたま担当になったコーディネーターが悪かったと思われるかもしれませんが、求人自体も残業時間が多いといったブラックなところが多いので、特にWeb系で考えている方には転職エージェントとしては決しておすすめできません。

返信する
30代 男性 営業職

30代、営業職の転職で、ワークポートを利用しました。いくつか利用した転職エージェントのなかで、一番よかったです。
私の場合、30代で営業職ということもあって、登録の面談も電話のみというところもありましたし、エージェントから丁寧にアドバイスをもらうということはなく、いつも当たり障りのないことを言われるだけでした。
そんななか、ワークポートのコンサルタントは信頼できました。
まず、最初の面談は電話ではなく、きちんと対面で面談をしてくれました。面談では、私の考えの甘い部分を指摘してくれたり、強み・弱みの分析、年収アップの可能性、転職活動の方向性を厳しくアドバイスしてくれたりしました。具体的な方法を教えてくれたので、一般論ではなく自分に対してきちんと話してくれているのだと感じることができました。
面談でコンサルタントを信頼することができたので、主にワークポートで転職活動をしましたが、「eコンシェルジュ」というスケジュール管理をするシステムが便利で、面談の日や書類選考をしている企業などを簡単に管理することができました。それに加えて、コンサルタントが細目に連絡をくれて、選考企業の求める人材像や面接の質問内容などをアドバイスしてくれたのがよかったです。そのおかげで対策も十分で、面接で緊張することなく進めることができました。
転職のエージェントは転職者からは無料で使えるので、どのエージェントがよいかは人によって違うと思います。情報は多いほうがよいので、複数の転職支援会社に登録して情報をもらいながら自分に合ったサービスが受けられるところを探すのがよいかもしれません。

返信する
20代 女性 管理部門

ワークポートのホームページを見ると、いろんな業界や職種の専門カテゴリがあって、私が希望していた事務・経理・総務といった管理部門の「営業/バックオフィス」のカテゴリがあったので利用してみました。「営業/バックオフィス」のところを見てみると、私も知っている企業のロゴがたくさん載っていたくらいなので、もう少し規模の小さい企業も含めるとかなり多くの求人件数があるだろうと思っていました。サイトにも非公開求人を含めると約1万件という記載もあります。
どんな求人があるのかとても期待していたのですが、実際には、担当の転職コンシェルジュから紹介されたのは、営業職の求人案件ばかりでした。私は管理部門の案件を紹介してほしかったので、あらためてそれに合うものをお願いしましたが、条件に合致する案件は紹介してもらえませんでした。結局は、「バックオフィス」というのは見出しだけで、なんだかんだと担当者から営業職に転職するように促される結果になりました。コンシェルジュは営業に転職したほうが稼げるという説明をしてきましたが、そもそもバックオフィスの職種を希望していたし、営業職の裁量労働制などにいい印象を持っていなかったので、いくら稼げるといっても興味が移ることはありませんでした。
営業のほうが高収入だからといって勧められた場合でも、自分の志向に合っていないのであればコンシェルジュの言うとおりにはしないほうがいいと思いました。

返信する
31歳 男 経理 東京都

今回の経理の転職時にワークポートさんにお世話になりました。 
結論から申し上げますと、とても使いやすく、転職者目線でのサービス、対応だと思いますので、また転職する際には、再度使わせていただきたいと思っています。 
 
ワークポートさんの良かったポイントは3点あります。 
 
1、転職サイトから、転職者にアプローチすることが早く、ワークポートさんに登録してからの反応も早いです。
分からないことは電話でも、メールでも、担当の方にすぐに連絡が取れますので、聞きたいこと、確認したいことを、早めに対応していただけます。電話での対応も、親切丁寧です。 
 
2、個人用のフォルダでメール管理、応募管理、プロフィールや、履歴データ作成、オススメの求人をシンプルに表示してくれます。パッと見てわかると、次の応募や、検索も、精査することも行いやすいです。
大手の転職サイトでも、大手でなくても、ある程度は似たシステムかもしれませんが、ワークポートさんは他よりもシンプルなので、使いやすいと思います。 
 
3、求人数、求人の質が良いです。私は転職を複数回していますので、転職サイトや、エージェントさんを沢山使わせていただきましたが、ワークポートさんの求人の質はその中でも高いです。
また、転職者の要望にも応えてくださるので、少しハードルの高いキャリアアップの求人から、それほどハードルの高くない未経験の求人まで、タイムリーに表示してもらえます。
キャリアアップでも、未経験の挑戦でも、どちらでも、使いやすく、求人は多く見ることができると思います。 
 
ポイントは以上です。 
お使いの転職サイト、エージェントにプラスして、ワークポートを、是非使ってみてください。

返信する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *