【この記事を読めばわかります!】

  • ◆ワークポートのメリット・デメリット
  • ◆ワークポートを利用すべき人
  • ◆ワークポートの効果的な使い方
  • ◆ワークポートと併用すべき厳選転職エージェント
  • ◆ワークポートの登録から転職までの流れ
後輩
ワークポートを使おうかと思ってるんですけど、実際の評判を知ってからじゃないと心配、、、
先輩
ですよね、、、でも安心してください!この記事では、口コミからわかる本当のワークポートの評判についてわかりやすく解説していくので、あなたがワークポートを利用すべきかわかりますよ。

では、ワークポートの評判についてみていきましょう!

総評|ワークポートはIT・WEB業界に転職したいならぜひとも利用したい転職エージェント

ワークポートはIT・WEB業界の転職に強いと評判の転職エージェント。

ワークポートはリクルートキャリア主催のリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』で5年連続転職決定数部門第1位を受賞しており、実績のある転職エージェントです。

実際、以下のような方々はワークポートを利用すべきです。

  • IT・WEB業界で転職したい方
  • 未経験でIT・WEB業界で転職したい方
  • スピーディーに転職したい方
先輩
まず最初に登録しておきたいという方はこちらから登録しましょう!

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

具体的には、ワークポートには以下のメリット・良い評判があるので先ほどの方々は利用すべきです。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 未経験可能な求人が多い
  • 連絡や対応が迅速
  • 無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

しかし、ワークポートには以下のようなデメリット・悪い評判もあります。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 対応が事務的でそっけない
  • 的外れな求人が紹介されることも

後輩
ワークポートにもデメリットがあるんですね、、、!本当に利用すべきなんですか?ぶっちゃけ心配です
先輩
大丈夫。ワークポートはデメリットがあっても、転職をするなら必ず利用すべき転職エージェントです。後述しますが、デメリットを打ち消して利用する方法もありますよ!

では、より詳しく見ていきましょう!

ワークポートの4つのメリット・良い評判

ワークポートには以下4つのメリット・良い評判がありました。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 未経験可能な求人が多い
  • 連絡や対応が迅速
  • 無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

では、ひとつずつ見ていきましょう!

IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い

ワークポートの最大のメリットなのが、IT・WEB業界の転職に強いことでしょう。

ITに強いという評判を聞いてワークポートの利用を考えている方が大半ではないでしょうか?

実際に、以下5つの理由でワークポートはIT転職に強いのです。

  • ①IT転職のノウハウが豊富 
  •  ・・・IT一筋で10年以上の老舗転職エージェントならではの独自のIT転職ノウハウをデータベースとして保有
  • ②求人企業・人事との強固な信頼性
  •  ・・・ワークポートだけしか求人を出さない企業があったり、「ワークポートだから特別な条件で選考を免除する」という企業も多い
  • ③IT求人が非常に多く、質も高い
  •  ・・・15000件ほどの公開求人(ITで約7000件、エンジニアで約4700件)に加え、8割以上の非公開求人には年収700万円以上の優良ホワイトIT求人が多い
  • ④コンシェルジュがIT業界に非常に詳しい
  •  ・・・コンシェルジュは業界出身者が多く、豊富なITの知識と求人企業の情報を持っている
先輩
IT・WEB業界の営業や事務の求人も多いので、営業や事務、コーポレート部門で転職したい人にもおすすめです!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

32歳女性・webデザイナー:年収450万円台
ワークポートを利用したきっかけはITに強いということをどこかで聞いていたからです(どこだったか覚えていませんが…)。

利用していて不満に思ったことは特になく、通過率が低い書類選考がなくなっていきなり面接から選考を受けることができる「人事アプローチ」が何件も来たのがよかったです。

24歳男性・SE:年収300万円台
高卒なので転職では不利になるのでは、ブラック企業にしか転職できないのではないか、と不安でした。

でも、ワークポートは応募条件では大卒以上のところを、コンシェルジュの方の推薦で受けさせてくれた企業もいくつかありました。

未経験可能な求人が多い

ワークポートは未経験でも応募可能なIT求人が多いため、未経験でIT・WEB業界に転職したい方にもおすすめです。

先輩
ワークポートはフリーター、契約社員、派遣社員など非正規雇用から正社員になれる求人、高卒でも応募可能な求人も多いんですよ!

ワークポートとしても大卒ではない方はサポートしがいがある大事なお客様なのです。

連絡や対応が迅速

ワークポートは登録も1分で完了するなど、とにかく対応がスピーディー。

ワークポートが連絡や対応が早い理由は以下です。

  • ①コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)が優秀
  •  ・・・コンシェルジュは人材業界では最多の研修をクリアしている
  • ②社内でいち早く報告・連絡・相談をする文化が徹底されている  
  •  ・・・利用者に対してストレスなく利用してもらうため、ワークポート社員では「早い連絡はできて当たり前」
先輩
連絡や対応が早いということは連絡を待つストレスがかからないので、心に余裕をもって転職活動を進められることにもなりますよ!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

27歳男性・web広告営業:年収500万円台
紹介会社はワークポート含めて4社利用していましたが、他の3社では連絡が2日こないことなど多々ありました。しかし、ワークポートはとにかくレスポンスが早い!

基本的に1日以内には絶対レスポンスがありますし、求人紹介から選考までのスピード感が最高でした。

ストレスを感じることなく1ヶ月で転職活動を終えることができたので、利用して不満に思ったことはありません。

32歳男性・セキュリテイエンジニア:年収700万円台
思ったより早く転職活動を終えることができましたが、それは担当者がかなりの数の求人を紹介してくれたところと、連絡の速さによると思っています。

企業からの返信も早かったので、企業担当の営業さんとの連携もしっかりと取れているのだと感じました。

無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

ワークポートは面接対策などのセミナーや選考会を随時開催しているほか、完全無料でプログラミングスクールも利用できます。

実際に以下のように全国でセミナーや豪華な大手企業の選考会を頻繁に開催。

無料で利用できるプログラミングスクール『みんスク』は「未経験からエンジニア転職したい」「さらに技術力を高めて転職でもっとキャリアアップしたい」という方には非常にうれしいですよね。

後輩
プログラミングスクールがタダで通えるのは凄いですね!
先輩
コンシェルジュによる素晴らしい質のサポートだけでなく、サービスを徹底的に充実させているからこそ、転職決定数5年連続第1位という実績をだせるのでしょう!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

24歳男性・金融:年収300万円台
今まで大学の授業でjavaを取っていたくらいしかプログラミングの経験がなく、未経験で転職できたとしても転職後についていけるか不安でした。

でも、タダでプログラミングを学び放題だったのでjavaだけでなくhtmlやcssなどの基礎も習得することができ、志望していた企業のエンジニアとして働けることが決まりました。

今は研修中ですが、みんスクで習ったことが役立っているので今後の業務が楽しみです。

27歳女性・ネットワークエンジニア:年収600万円台
あまり話すのが得意でなく、就活のときも面接は大の苦手だったので、面接のテクニックをセミナーでレクチャーしてくれたのはかなり本番で役立ったので良かったです。

コンシェルジュの方が面接前に選考のポイントをチャットでまとめて送ってくれたのと合わさって、結果的に内定も3社いただくことができました。

この章をまとめると、ワークポートには以下4つのメリット・良い評判がありました。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 未経験可能な求人が多い
  • 連絡や対応が迅速
  • 無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートの3つのデメリット・悪い評判

ワークポートには以下3つのデメリット・悪い評判がありました。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 対応が事務的でそっけない
  • 的外れな求人が紹介されることも

では、それぞれ見ていきましょう!

IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い

IT転職と言えばワークポートですが、ワークポートはIT業界以外の転職にはイマイチです。

なぜワークポートはIT業界以外の転職に弱いかと言うと、ワークポートは2014年9月にIT専門の転職エージェントから総合型転職エージェントに移行したため、まだIT業界以外の求人数も実績も少ないから。

先輩
ワークポートの現役コンシェルジュと話す機会があったのですが、そのコンシェルジュは「IT・WEB業界以外を見ているようでしたらうちではなくマイナビさん、リクルートさんあたりをおすすめします」と断言していました(笑)

ワークポート利用者の裏付け口コミ

23歳女性・メーカー:年収300万円台
登録がめちゃくちゃラクだったのが良かった点です。

しかし、紹介された求人はどれもイマイチ。担当者に訊いたら私の希望する業界の求人は中小ばかりとのことでした。

33歳男性・土木設計:年収450万円台
自分が思っていたような求人は紹介されなかったので、他社の紹介会社を利用して転職を決めました。

対応も迅速でコンシェルジュの方も丁寧にしてくれただけあって、求人の少なさはもったいないと思いました。

対応が事務的でそっけない

ワークポートは対応が事務的でそっけないと感じてしまった利用者の方も見られました。

なぜ、ワークポートが事務的でそっけなく感じてしまうのかというと、以下の理由があるからです。

  • ①スピード重視のサポート
  •  ・・・すぐに選考日程が決まるななどとにかくスピード感が早いため、対応が事務的に感じることも
  • ②コンシェルジュは徹底的に教育されている
  •  ・・・人材業界でトップクラスに多い研修を受け、「コンシェルジュとしてふさわしい」敬語の使い方やマナーを習得するので、敬語が固すぎると感じる人も
先述の通り、ワークポートは連絡や対応が非常に早く、スピーディーなサポートが強み。

しかし、あまりにもスピーディーなため、人によってはビジネスライクに感じてしまったりする方もいます。

ワークポートを利用する際は「ビジネスライクなのは割り切って使おう」という気持ちで利用することをおすすめします!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

34歳男性・WEBデザインナー:年収600万円台
とことん合理的さを重視しているためか、とてもシステマチックに感じました。例えば求人の紹介から選考までのフローなど。非常にスピードが早い上、チャットでの事務的なやり取りがメインになって面談以降担当の方と会うことはありませんでした。

29歳女性・事務職:年収300万円台
私はやりやすかったのですが、コンシェルジュという割にはサポートがあまり期待できませんでした。なので、私の場合は求人紹介マシーンとして活用していました。

的外れな求人が紹介されることも

ワークポートは膨大な量の求人を紹介され、良いと思った求人を選んで選考を受けていくスタイルを採っています。

実際、面談後には職種によっては100件以上の求人をごっそりと紹介されることが多く、質の高い求人は目立ちます。

しかし、紹介される求人が多すぎるゆえに的外れな求人があったりといったデメリットもあります。

的外れな求人を紹介されてしまうのはワークポートの求人紹介のスタイルが原因であるところもありますが、「面談でうまく希望を伝えられていない」ということも要因でしょう。

先輩
面談前には転職の希望をまとめておくことが大事です。

また、「自分の求める条件だけをご紹介お願いします」とコンシェルジュに伝えることで紹介される求人数を抑えることができ、デメリットに感じず利用することができます!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

32歳男性・アカウントプランナー:年収700万円台

他の紹介会社が15件程度なのに対し、ワークポートは一気に152件もの求人を紹介してきたのはびっくりしました。

希望に合った求人も多くあったのですが、「おや?」と思うような微妙な求人や希望に合わない求人もいくつかありました。

25歳男性・アプリエンジニア:年収400万円台
担当者の方はかなり業界と企業について詳しく、企業の社風や過去に採用された人の特徴を教えてくれました。

しかし、あまりにも紹介された求人が多すぎたのでどの企業を受けるかどうか決めるのが大変でした。

でもIT業界に強いからこそ、膨大な求人を紹介できるんだと思いました。

この章をまとめると、ワークポートには以下3つのデメリット・悪い評判がありました。

  • IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 対応が事務的でそっけない
  • 的外れな求人が紹介されることも

評判を受けてワークポートを利用すべき方

ここまで、ワークポートの様々な口コミ・評判をご紹介してきました。

先輩
結論、IT・WEB業界に転職するならワークポートは利用必須ですが、特に以下にあてはまる人は利用すべきでしょう!
  • IT・WEB業界で転職したい方
  • ・・・豊富な求人とノウハウで希望の転職実現に近づける
  • 未経験でIT・WEB業界で転職したい方
  • ・・・登録も拒否されず、未経験歓迎求人も多い
  • スピーディーに転職したい方
  • ・・・スピーディーな対応でストレスフリーに転職活動を進めることができる

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートの登録から転職までの流れ

パソナキャリアの登録から内定までの流れは以下5ステップです。

  1. 登録
  2. 面談
  3. 書類選考・面接対策
  4. 選考
  5. 内定

では、ひとつずつ見ていきましょう!

【登録】

登録は1分ほどで完了。公式サイトから登録しましょう。

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

【面談】

メールや電話で面談日程の調整をし、キャリアアドバイザーと面談します。面談では求人の紹介を受けます。

【書類選考・面接対策】

サポートは完全無料。満足いくまで最大限キャリアアドバイザーを活用しましょう。

【選考】

応募した求人企業の書類選考や面接をしていきます。必ずフィードバックをもらいましょう。

【内定】

見事内定を勝ち取ったら、キャリアアドバイザーがあなたのかわりに年収などの条件交渉をしてくれます。

先輩
後悔のない転職を実現するためにも、その際には希望を必ず伝えましょう!

ワークポートを最大限活用する使い方

後輩
ワークポートを利用すると決めたなら、転職活動に有利になるように使っていきたいです!
先輩
ワークポートを最大限に活かすためには以下7つの点に気を付けていただければ、転職活動を有利に進めることができるでしょう!
  • 1.登録したら、初回の面談には必ず参加する
  • 2.今すぐにでも転職したいとの意思表示をする
  • 3.キャリアアドバイザーを最大限活用する
  • 4.推薦書類には目を通す
  • 5.キャリアアドバイザーが合わなかったら担当を変更する
  • 6.面接後の感想や入社意欲を率直にキャリアアドバイザーに伝える
  • 7.ほかの転職エージェントと併用する

では、ひとつずつ見ていきましょう。

1.登録したら、初回の面談には必ず参加する

ワークポートに登録した際には、必ず初回の面談には参加するようにしてください。

というのは、初回の面談に参加しているか否かで、今後優先的に求人を紹介できるか否かが決まるからです。

先輩
優先的に求人を紹介したいなら、絶対に初回の面談に参加するようにしてください!時間にルーズだと思われてしまうので、無断遅刻も厳禁です!

2.今すぐにでも転職したいとの意思表示をする

ワークポートにすれば、転職意欲の高い人のほうが転職して売り上げにつながりやすいですよね。

そのため、すぐにでも転職したいと意思表示すれば、優先的に求人を紹介してくれるのです。

例えば、こまめにメールを返信したり、電話をしたりして転職意欲を伝えましょう。

先輩
登録時にも転職希望時期を記載する欄がありますが、「今すぐにでも転職したい」と記載することもポイントです!

3.キャリアアドバイザーを最大限活用する

あなたのパートナーになるコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)は最大限活用しましょう。

コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)を最大限活用することで、以下のようなメリットがありますよ。

  • 密にコミュニケーションをとることで本気度の高い利用者と思われ、優先的に優良案件を紹介してくれる
  • コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)は情報収集のプロ。彼らしか知りえない企業の情報を持っている
  • 応募企業ごとに応募書類の添削アドバイスをくれる
  • あなたのかわりに年収などの条件交渉をしてくれる
先輩
転職の成功は、いかにコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)を活用できるかにかかっているといっても過言ではありません。
後輩
僕も、ワークポートのコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)を活用しまくります!

4.推薦書類には目を通す

転職エージェントは、選考の際にあなたを企業にプッシュするために推薦書を企業に向けて書いてくれます。

推薦書があることで選考に有利に働くものの、うまくあなたの魅力や強みを伝えられていない場合もあるので、その場合は有利にならないことにもなってしまいます。

なので、コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)が推薦書を書いてくれたら自分の目で確かめ、足りないと思ったところや記載して欲しい情報を提案しましょう。

先輩
コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)とあなたが考えている強みには認識のズレがある場合もありますから、ちゃんと推薦書を確認して選考前に自分をアピールしておきましょう!

5.コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)が合わなかったら担当を変更する

ワークポートのコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)は優秀ですが、自分に合わないタイプのコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)にあたってしまうこともあるかもしれません。

その場合は、担当コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)を変更してもらうことがベストです。

先輩
担当するコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の力量と相性によって転職成功が決まるといっても過言ではありません。

以下の例文で担当のコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)にメールを送り、担当を変更してもらいましょう。

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている山本と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

6.面接後の感想や入社意欲を率直にコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)に伝える

面接の感想や入社意欲をコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)に伝えることで、以下のようなメリットがあります。

  • 面接で伝えられなかった点を企業に伝えてくれる
  • 落ちてしまった場合でも、再チャレンジさせてもらえるように企業に取り計らってくれる
  • 企業からのフィードバックも伝えてくれる
後輩
ただ面接を受けて終わり、ではもったいないんですね!
先輩
特に企業からのフィードバックを受けられることで、自分の客観的な評価も知ることができますし、振り返って次に生かすことができますよ!

7.ほかの転職エージェントと併用する

リクルートの調査では転職者の約9割は、平均4社以上の転職エージェントを利用しているとわかりました。

【転職エージェントを複数利用することの3つのメリット】

  • 求人数を多く確保できる
  • 複数のキャリアアドバイザーから意見やアドバイスをもらえる
  • 各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用することができる
後輩
でも、転職エージェントってたくさんあるからどれを選べばいいのかわかんないです、、、
先輩
心配いりません!ワークポートと併用すべき転職エージェントがあるので、次の章でご紹介しますね!

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートと併用すべき転職エージェント

結論、ワークポートを利用してIT・WEB業界で転職したいのであれば、「ギークリー」と「リクルートエージェント」に登録してください。

ギークリー」はIT・WEB業界専門の業界特化型転職エージェント。求人の質の高さに定評があります。

リクルートエージェント」は断トツの求人数、実績を誇っている最大手の転職エージェント。質の高いIT求人も大量に保有しています。

リクルートエージェントの評判・口コミをわかりやすく解説

では、口コミからわかったリクルートエージェントの評判についてみていきましょう! 総評…

先輩
また、以下の転職エージェントを合わせて利用するとよいでしょう!
第二新卒 マイナビエージェント マイナビエージェントの評判を利用者の口コミから徹底解説!
ハイキャリア JACリクルートメント  JACリクルートメントの評判・口コミを徹底解説!ハイキャリアなら利用すべき

 

後輩
4社ほど登録するのがベストなんでしたね!忘れないうちに登録しよっと!

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートのよくある質問に回答!

ワークポートは、登録から退会まで一切料金がかかることはなく完全に無料です。

先輩
ワークポートをはじめとする転職エージェントは、転職希望者が求人企業に内定した時点で求人企業から手数料をもらっている成果報酬型のビジネスなので、利用者は料金がかからず利用できるんです!

面談可能なオフィスの場所を教えてほしい!

ワークポートの面談の開催場所は本社か支社になり、以下5つの拠点で行われます。

地域 所在地
 東京 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F
大阪  大阪市中央区平野町二丁目3番7号 アーバンエース北浜ビル14F
 福岡
福岡県福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル7階
名古屋 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル 8F
仙台 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル5F

 

先輩
「この近くに面談拠点がないよ」という方、ご心配無用です。遠方在住などで来社が難しい場合、電話でも面談してもらえます!

ワークポートの面談は土日も対応している?

ワークポートは土日も対応。時間がなく忙しい方には嬉しいですよね

ちなみに、ワークポートの面談可能時間は10:00~20:30開始となっています。

先輩
もし、「忙しすぎて面談の時間が取れない」という場合は電話面談でも対応してもらえるので事前にメールか電話でコンシェルジュに伝えておきましょう!

ワークポートの退会方法を知りたい

退会はこちらの問い合わせページからできます。

その他を選択し、退会したい旨を記載しましょう。

ワークポートは再登録できる?

再登録可能です。

もう一度以下の公式サイトから登録しましょう。

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

まとめ|ワークポートはIT・WEB業界で転職したいなら利用したい転職エージェント

ワークポートはIT・WEB業界の転職に絶大な強みのある転職エージェントでした。

ここで、この記事のおさらいをしましょう!

【ワークポートのメリット】

  • IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 未経験可能な求人が多い
  • 連絡や対応が迅速
  • 無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

【ワークポートのデメリット】

  • IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 対応が事務的でそっけない
  • 的外れな求人が紹介されることも

【ワークポートを使うべき人】

  • IT・WEB業界で転職したい方
  • 未経験でIT・WEB業界で転職したい方
  • スピーディーに転職したい方
先輩
ワークポートと合わせて、「ギークリー」と「リクルートエージェント」に登録した上で、当てはまる方は以下の転職エージェントにも登録するのを忘れずに!
第二新卒 マイナビエージェント マイナビエージェントの評判を利用者の口コミから徹底解説!
ハイキャリア JACリクルートメント  JACリクルートメントの評判・口コミを徹底解説!ハイキャリアなら利用すべき

 

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!