※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

皆さんはこのように思ってはいませんか?


◆ 第二新卒の転職って実際どうなのか知りたい
◆ ワークポートの評判を知りたい
◆ 第二新卒でワークポートを利用すべきなのか知りたい

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できます!
第二新卒の転職においてワークポートを上手く活用することで、あなたの転職を成功へと導きます。

また、この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、本記事でご紹介している転職エージェントの評判を調査した際には、各転職エージェント利用者約1000名に対して、web上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、第二新卒におけるワークポートの評判を見て行きましょう!

第二新卒とは?

「第二新卒って、卒業してどのくらいまでを指すの?」
「そもそも第二新卒ってなに?」

そう考える20代の方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、第二新卒の定義について、まずは解説していきます。

【第二新卒の定義】

  1. 法的な定義はない
  2. 一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者」を指すことが多い
  3. 短期だが社会経験がある若者のこと
  4. 年齢は、25~26歳くらいまで
定義は出典によって様々なようですが共通しているのは大学卒業から2〜3年以内の社会人経験者というところですね。よく間違えられるのは「既卒」ですが、既卒は大学卒業後、就職していない場合に使います。

第二新卒は有利!転職すべき3つの理由

「第二新卒は転職に有利って聞くけど本当なの?」
「第二新卒って社会人経験ないから不利なんじゃないの?」

そんな風に考えている方も多いかと思います。

上記のような疑問を解消できる「第二新卒が転職すべき3つの理由」をご紹介していきます。

柔軟性が高く大幅なキャリアチェンジも可能

新卒入社した企業での勤続年数が少ないため、その企業に良い意味で染まりきっていないです。
そのため、新しい環境でもいち早く適応でき、新しいことへの吸収スピードも早いです。

ポテンシャルを評価してもられば、これまでの経歴に関係なく、大幅なキャリアチェンジも可能です。
企業は第二新卒に対して、即戦力ではなく数年後の活躍を期待しています。

スキルを身につけるために努力を惜しまない姿勢と能力をアピールすることで、前職よりも大手企業に転職できる人が沢山いるんです。

企業は新卒採用で取りこぼした優秀な若手を確保したい

企業は、新卒採用で取りきれなかった優秀な若手を第二新卒で確保したいと思っています。
伸びしろがあり、柔軟性がある点は新卒と変わりません

企業は教育コスト削減のために基本マナー等を習得している人材が欲しい

第二新卒の場合は、新卒で入社した企業で一通りの基本的なマナーを習得できているので、
企業からしたら研修にかける費用が少なくて、コスト削減になります。

その上、新卒と変わらない柔軟性があるため、第二新卒は優遇されます。

第二新卒の転職体験談


第二新卒の転職体験談(1)
23歳 男性・営業:年収400万円台

ポテンシャル採用で念願の転職先へ転職できた!

四年制大学を卒業後、3年間IT企業で営業の仕事をしていました。
仕事自体は楽しく、やりがいを持って働いていたのですが、中小企業だったので「大手企業で自分の実力を試したい」という思いがあり転職することにしました。
面接では、前職での成果を中心にアピールしていましたが、大した実績ではなかったので、最終的にはポテンシャルで採用してもらいました

内定は大手企業3社と中小企業1社から頂くことができました。

第二新卒はポテンシャル採用もかなりあります!ポテンシャルがあると判定されるためのポイント等、転職エージェントではノウハウを多く蓄積しています!


第二新卒の転職体験談(2)
23歳 女性・人事:年収400万円台

短期での転職で苦戦するもエージェントからの助け舟によって転職成功!

メーカーの人事から1年足らずで転職をしました。
面接の時は、企業から勤続年数が短いことを深掘りされました。
前職を短期間で退職したため、すぐ離職してしまうという、ネガティブなイメージを持たれていたようです。

最初は転職理由をうまく伝えられず、なかなか苦戦していたのですが、キャリアアドバイザーの方から助言を頂くなどして、改善を重ねてなんとか志望度の高かった企業から内定を頂くことができました。

短期での退職はネガティブな印象になってしまうので、しっかりとした理由が必要です!
情報収集や面接対策も行ってくれる転職エージェントは効率良く転職活動をしていくために活用すべきですね!


第二新卒の転職体験談(3)

短期での転職で苦戦するもエージェントからの助け舟によって転職成功!

新卒からずっと広報として在籍しており、入社3年目のタイミングで営業職への異動が決まりました。
営業職よりも現在の広報で仕事を続けたかったので、転職することを決めました。
3年のキャリアは短いと自分では思い込んでいたんですが、転職市場では意外にも求人が多く、自分のキャリアでも十分に応募できるものばかりでした。
無事に年収アップを叶えつつ、広報に転職できてよかったです!

第二新卒では、求人が少ないのではないかと思われがちですが、実は3年も同じ職種での経験があれば十分に雇ってくれる会社はあります!
情報収集や面接対策も行ってくれる転職エージェントを大いに活用して転職活動を効率的に進めて行きましょう!

ワークポートの特徴

転職エージェントに登録した方が良いのはわかったけど、

「たくさんあってどこの転職エージェントが良いかわからない」
「ワークポートトと他のエージェントの違いって何?」
「第二新卒でワークポートを利用するのはどうなの?」

そんな方のために、要点をまとめつつ特徴を解説して行きます!

ワークポートとは

以下にワークポートのポイントを3つにまとめてみました。

【ワークポートの特徴】

    1. ・IT・Web業界にて10年以上の実績

 

    1. ・対応が早く急な転職に向いている

 

    ・「みんスク」という無料エンジニアスクールを構えている

ワークポートのポイント設立15年の実績がある総合転職エージェントです。
キャリアコンサルタントの対応には定評があり、丁寧かつ迅速な対応をしてもらえる転職エージェントです。
取引実績は約2,000社にものぼり、常時15,000件の求人を保有しています。
特にIT・Web業界に強みがあるのが特徴です。

初回面談後、その日のうちに20件、次の日に50件以上の案件を提示してもらえるそうです。
求人の提示が早いので、急いで転職を希望している方にとっては、オススメのエージェントになります。

IT・Web業界に強みがあることもあり、東京、大阪にて未経験者のためのプログラミングスクールが利用できます
コースは、開発エンジニアコース(1ヶ月)、インフラエンジニアコース(2週間)の2つがあり、コース受講後に企業を紹介してもらえます。
ただ、コースを受講する時は、エンジニアへの転職が前提となります。

【完全無料】ワークポート公式サイトから1分で登録する:https://www.workport.co.jp

※合わないと思ったら即解約可能。ノーリスクで利用できます。

実績・受賞歴

近年だと以下のような実績を残しています。
いずれも大手が出しているランキングになるのでかなり信憑性が高く業界的にも高く評価されていることがわかります。

◆ リクナビNEXTエージェントランキング
転職決定人数部門第1位(2017年)
※5回連続受賞

2017年にはリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア「DODA Valuable Partner Award2017」、マイナビ転職『The Best Matching Of The Year 2016』にて『転職決定人数部門 第1位』を受賞(リクナビは4回連続)した超実力派転職エージェント
これまでに総勢30万人の転職支援をしてた、自他共に認める実力派エージェント。

みんなの評判・口コミ


みんなの評判・口コミ(1)
24歳 女性・営業:年収400万円台

セミナーに参加して自分の将来が明確になり自信を持って転職できた!


キャリアップセミナー等に参加させて頂いて、今後のキャリアについての考え方を学ぶことができました。
本当は何がしたいのか自分でも良くわからなくなっていた部分があり、将来が不安になることもあったのですが、セミナーを通じてクリアになりました。自分と向き合う機会もあって、転職を通じて自分のキャリアを再確認することができ、自信をもって営業職に転職することができました。


ワークポートではセミナー等が開催されており、キャリアに悩む第二新卒にとって大変有意義な機会になること間違いなしです。


みんなの評判・口コミ(2)
23歳 男性・SE:年収500万円台

IT案件かつスピーディー転職希望が叶う!


ワークポートは同じSEで転職した友人が以前利用したとの話を聞いて登録しました。
友人も言っていましたが、IT案件が強いだけあってに、企業との繋がりが強く、条件交渉や年収交渉もかなりスピーディーでした。
早めに転職を希望していたので、大変ありがたかったです。

IT案件といえば、IT業界に15年の実績があるワークポートです!早期転職を希望している方にとってもワークポートは有用ですよ!


みんなの評判・口コミ(3)
25歳 男性・システム設計:年収500万円台

企業コネクションのおかげで条件交渉も楽に!


スキルセットが条件より不足していると感じることが多かったのですが、企業との繋がりが強く、かつ第二新卒で見込みがあることを推して頂き、なんとか面談まで実施して下さった会社が2社ありました。
実績と企業とのコネクションでこんなに違うのか、と正直驚きました。

ワークポートは企業とのコネクションが厚いことで有名です!コネクションの違いだけで年収や条件も大きく異なってくるので、実は非常に重要なポイントなんです。

第二新卒には良くない!?ワークポートの特徴

上記で解説してきたワークポートの特徴に基づいて、他の転職エージェントと比較した際のワークポートのポイントの特徴を3つにまとめました。

    1. ・転職活動を強力にサポートする独自のツールがある

 

    1. ・老舗ならではの企業コネクション

 

    ・約70~95%が一般公開してない求人

上記のポイントを詳しく見て行きましょう!

転職活動を強力にサポートする独自のツールがある

転職活動中の進捗が一目でわかる「e コンシェル」というツールがあります。
キャリアアドバイザーから紹介してもらった新着求人が一覧で表示され、応募状況や選考状況などの転職状態を一括管理出来ます。
また、オススメの求人情報がリアルタイムで更新され、社名も全て公開されます。気になる求人があったらその場でキャリアアドバイザーに問い合わせまで行えます。

便利ツールがあるかないかで就職活動の効率がかなり変わってきます!e コンシェルは他のエージェントと比較してもかなり使いやすくオススメのツールです!

老舗ならではの企業コネクション

15年の実績がある老舗エージェントなので、企業とのコネクションはかなり強固です。
転職業界は昔ながらの風潮が続いていることが多いため、コネクションによって企業への年収交渉等の可否が変わってきます。
企業コネクションが強いかどうかは、一見わからないのですが、ワークポートは私が自信をもってコネクションの強さをおすすめできる転職エージェントの一つです。

ワークポートの企業コネクションの強さは圧倒的です。特にIT業界への転職を考えている方は確実に登録することをオススメします。

約70~95%が一般公開してない求人

非公開求人が全体の約70~95%を占めているとはかなりの割合ですよね。

この非公開求人の多さも企業コネクションが強いことと繋がっているのですが、非公開求人の良いところは「公開求人での売れ残りではない」というところです。
多くの人の目に触れているのにも関わらず、まだ残ってる一般的な公開求人は、売れ残っているので、あまり良い求人とは言えません。
その点、非公開求人は条件にあった人にしか公開されない限定的な求人なので比較的良い求人が多いのです。

非公開求人の多さはピカイチです。非公開求人の多さは企業とのコネクションの強さの裏付けでもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に、ワークポートの特徴をまとめておきます。

【ワークポートの他社エージェントと比較した際の特徴】

    1. ・転職活動を強力にサポートする独自のツールがある

 

    1. ・老舗ならではの企業コネクション

 

    ・約70~95%が一般公開してない求人

登録は無料で、登録後もお金を請求されることは一切ないので、上記に少しでもピンときた第二新卒の方は、登録してみることをおすすめします!
皆様の転職成功を心から祈っております。

【完全無料】ワークポート公式サイトから1分で登録する:https://www.workport.co.jp

※合わないと思ったら即解約可能。ノーリスクで利用できます。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!