▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

 

【転職活動中の井上さん】

2012年、早稲田大学を卒業。ITベンチャーに入社し、Rubyエンジニアとして5年間勤務。ITベンチャーで得られる経験やスキルに限界を感じ、自身のキャリアアップとさらなる年収アップの為に大手上場企業への転職を希望している。

皆さんはこのように思ってはいませんか?

  • ◆ワークポートの詳しい評判が知りたい
  • ◆ワークポートは他の転職エージェントと比べたらどんなメリット・デメリットがあるのか知りたい
  • ◆ワークポートを利用して転職した利用者の口コミを知りたい
  • ◆できれば元キャリアアドバイザーの目線でワークポートの評判はどうなのか知りたい
  • ◆自分はワークポートを利用すべきか否かを知りたい

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できると自信をもって言えます。

さらに、この記事ではワークポートの評判のほか以下のような内容をお伝えしています。

  • 【この記事でお伝えしていること】
  • ◆ワークポートの評判
  • ◆ワークポートの効果的な使い方
  • ◆ワークポートと併用すべき厳選転職エージェント
  • ◆ワークポートを利用すべき人

転職成功のためには、転職エージェントの評判を知ったうえで自分に合った転職エージェントを利用することが欠かせません。

むしろ、自分に合わない転職エージェントの利用は転職失敗につながってしまう危険も…

でも、ご安心ください。

この記事を読めば、ワークポートの「正しい」評判を知れるだけでなく、ワークポートは自分に向いているのか・本当に利用するべきなのかおわかりいただけます。

ですが、情報の信頼性について怪しいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その点は心配無用です。

この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、ワークポートの評判を調査するためにワークポート利用者約500名に対してweb上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、さっそくワークポートの評判について見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えてライバルが少ない転職にもってこいの時期!早めの行動がベスト」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事で詳しくご紹介しますが、ワークポートはIT・WEB領域に絶大な強みがあり、フリーターからエグゼクティブなどハイキャリア層まで支持される転職エージェント。

type転職エージェント』『パソナキャリア』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など他社転職エージェントを併用し、求人の量とサポートの質を補完してワークポートを利用すれば、希望の転職実現へと最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

ワークポートの総評:IT業界で転職したいなら絶対に外せない転職エージェント

ワークポートはIT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強みがある転職エージェント。

ワークポートは、IT・WEB業界・ゲーム業界で転職を考えているのであれば、後述の9つのメリットから利用必須の転職エージェントであると断言できます。

「説明はいいからワークポートがIT業界で転職するには必須ということがわかった、まずは登録してからゆっくり評判を確認したい」という方は先に登録しておくことをおすすめします。

登録は完全無料ですし、以下の公式サイトから60秒もかからずに登録できます。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

なんと、ワークポートは5年連続でリクルートキャリア主催のリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』では5年連続転職決定数部門第1位を受賞!

さらに、『DODA Valuable Award 2017』でも転職決定数部門第1位を獲得しているという驚異的な実績をあげているんです!

しかし、ワークポートはIT転職では他を寄せ付けないほどの強みを持っていますが総合型としてはイマイチ。

メーカーや小売などIT以外の業界で転職を目指している方であればリクルートエージェント』『マイナビエージェント』『パソナキャリアなどの転職エージェントを利用すべきです。

500名以上のワークポート利用者への調査と、元キャリアアドバイザー宮前の視点から、ワークポートは以下9つのメリットがあって選ばれていることがわかりました。

この9つのメリットから、ワークポートはIT転職には必須と言えます。

【ワークポートの9つのメリット】

  • 1.IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 2.登録が非常にラク
  • 3.登録を拒否されない
  • 4.フリーター・高卒からエグゼクティブまで対応している
  • 5.女性のIT転職に強い
  • 6.連絡や対応が非常に迅速
  • 7.サポート力が高い
  • 8.無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる
  • 9.サービスの使い勝手が素晴らしい

しかし、どんな評価の高い転職エージェントでもデメリットはつきもの。ワークポートには以下4つのデメリットがあることがわかりました。

【ワークポートの4つのデメリット】

  • 1.IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 2.担当者がガツガツしている
  • 3.対応が事務的でそっけない
  • 4.求人紹介数が多すぎたり的外れな求人を紹介されることも
井上
でも、4つもデメリットがあるんですけど、大丈夫なんですか…??
井上さん、まったく心配無用です!デメリットがない転職エージェントなんて世界には存在しませんし、後述しますがデメリットを打ち消して活用する方法もあるからです!

では、まずはワークポートのメリットについて詳しく見ていきましょう!

ワークポートの9つのメリット

ワークポートのメリットは以下9つでした。

【ワークポートの9つのメリット】

  • 1.IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  • 2.登録が非常にラク
  • 3.登録を拒否されない
  • 4.フリーター・高卒からエグゼクティブまで対応している
  • 5.女性の転職に強い
  • 6.連絡や対応が非常に迅速
  • 7.サポート力が高い
  • 8.無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる
  • 9.サービスの使い勝手が素晴らしい
では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い

ワークポートの最大の特徴は「IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い」ことです。

ITに強いという評判を聞いてワークポートの利用を考えている方が大半ではないでしょうか?

そんなIT転職に強いと評判のワークポートですが、以下5つの理由でワークポートはIT転職に強いのです。

【ワークポートがIT業界に強い5つの理由】

  • ①IT転職のノウハウが豊富 
  •  ・・・IT一筋で10年以上の老舗転職エージェントならではの独自のIT転職ノウハウをデータベースとして保有
  • ②求人企業・人事との強固な信頼性
  •  ・・・ワークポートだけしか求人を出さない企業があったり、「ワークポートだから特別な条件で選考を免除する」という企業も多い
  • ③IT求人が非常に多く、質も非常に高い
  •  ・・・15000件ほどの公開求人(ITで約7000件、エンジニアで約4700件)に加え、8割以上の非公開求人には年収700万円以上の求人や大手、ベンチャー、中小など優良ホワイトIT求人が多い
  • ④コンシェルジュがIT業界に非常に詳しい
  •  ・・・コンシェルジュは業界出身者も非常に多く、ITの知識量と求人企業の情報量では転職エージェント最高クラス
  • ➄人事アプローチというサービスが役立つ
  •  ・・・求人企業からスカウトが送られてきて、書類選考免除・面接確約という有利な状況で選考を受けることができる

日ごろから仲良くしているワークポートの現役コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)のNさんは実際にこのように言っていました。

ワークポートのキャリアアドバイザー・N
ワークポートはIT専門の転職エージェントとして10年間以上運営しています。企業や企業の人事とバッチリ信頼関係を構築していますから、「ワークポートさんだけに詳しい選考情報を教えてあげるよ」という企業さんも多いんです。

また、オフィスの6階には企業の人事が来社するスペースがあるのですが、毎月300人くらい求人企業の人事の方がご来社され、採用のことについてお話します。

いつも「ワークポートさんは昔から仲良くしているから特別だよ」といって極秘の選考情報教えてもらえますし、私も「この人いいですよ」という方がいれば人事の方にお伝えします。

その結果、書類選考免除・面接確約という有利な状況で選考を受けられ、実力以上の企業に転職を実現している方も多いんですよ!

ワークポートは多くのIT企業と強固な信頼関係を築いているので、結果としてIT転職ではダントツに強い転職エージェントになりえたのです!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

32歳女性・webデザイナー:年収450万円台
ワークポートを利用したきっかけはITに強いということをどこかで聞いていたからです(どこだったか覚えていませんが…)。

利用していて不満に思ったことは特になく、通過率が低い書類選考がなくなっていきなり面接から選考を受けることができる「人事アプローチ」が何件も来たのがよかったです。

24歳男性・SE:年収300万円台
高卒なので転職では不利になるのでは、ブラック企業にしか転職できないのではないか、と不安でした。

でも、ワークポートは応募条件では大卒以上のところを、コンシェルジュの方の推薦で受けさせてくれた企業もいくつかありました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

2.登録が非常にラクですぐに面談に行ける

利用していて一番先に感じるメリットが、登録が非常にラクで面談まですぐに進むことができることでしょう。

実際にワークポートの登録は60秒もかからずに完了してしまいます。他の転職エージェントは2分~5分程度はかかってしまうのでワークポートがいかにラクに登録できるかがわかります。

ちなみに、登録はワークポート公式サイト(https://www.workport.co.jp/)からできます。もちろん完全無料です。

ワークポートの登録で入力する項目は以下 ・氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号・都道府県・希望勤務地・希望職種

登録は画像にある項目を記入するだけ。公式サイトにも【60秒で登録完了】という記載があります。

登録完了後は登録完了から2日以内(だいたいの場合は登録完了から1時間以内ほどで)に電話がかかってくるのですが、事前に電話面談は実施せず、日程を調整するだけです。

このように、面談日程がラクに・すぐに決まることだけでなく、ワークポートは面談までの手間も一切かからないのが面倒くさがりの私たちにとっては非常に魅力的。

というのは、ほとんどすべての転職エージェントが面談までに履歴書・職務経歴書を用意しなくてはならないので面談までに手間がかかってしまいます。

でも、ワークポートは履歴書、職務経歴書を用意しなくてもいいから面談までに手間がかからないんです!

面談までのハードルが低いからこそ、「転職のハードルが低くなった」「手間がかからないので嬉しい」という利用者の評判も多く見られたのでしょう。

ワークポート利用者の裏付け口コミ

20代男性・ネイティブアプリエンジニア:年収500万円台
そんなに転職する気がなくて「どんな求人があるんだろう」というノリで他の転職エージェントに登録したのですが、面談までに職務経歴書を用意しなくては行けないのが面倒くさくなって面談にいきませんでした。

ワークポートは手ぶらで面談に行けるので、「本気で転職したいけどなかなか行動が起こせない」みたいな方だけでなく、僕みたいに「本気では転職を考えていない」「なんとなく転職が気になっている」みたいな人にとっても最適だと思います。

30歳女性・システムエンジニア:年収500万円台
契約期間が終了したタイミングで2回目の利用です。前回もなのですが、とにかく手間がかからないのが魅力です。

前回は3社使っていたのですが、ワークポートさんは気軽に、楽に利用できるのが面倒くさがり屋の私にはピッタリで今回はワークポートさんだけにお世話になりました

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

井上
実は僕、実際にワークポートに登録して、面談に行ってきました!

以下のワークポートの体験談をチェックすることで、ワークポートを利用する具体的なイメージがつくのではないかと思います。

また、実際に面談でコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の方に転職成功のコツもたっぷり聞いてきました!

もちろん、体験談では余すところなくお伝えしています!ここでしか知れない内容になっているので、ぜひチェックしてみてください!

【体験談】ワークポートの面談の内容と現役コンシェルジュにきいた転職成功のコツを公開

ワークポートの面談を受けた感想 皆さんと同じく転職活動中の筆者がワークポートに登録して面談を受けてみた感…

また、以下の記事も実際にワークポートに登録して転職活動をしていた方の体験談になっています。画像をクリックすると見れますので、ぜひ併せてチェックしてみてください!

3.登録を拒否されない

ワークポートの利用者からの声でわかったのが、「登録を拒否されない」という評判でした。

実は、転職エージェントは誰でも利用できるわけではありません。

転職エージェントは、登録時のレジュメを見て「キャリア的に紹介できる求人がなさそう」「売り上げに直結しなさそう」と判断すれば「紹介できる求人はありません」というメールを送って登録を拒否することもあるのです。

そんな中、ワークポートは100%登録でき、面談に進むことができます。

それには以下2つの理由があるのです。

【ワークポートが利用者の登録を拒否しない2つの理由】

  • ①面談で職務経歴と人柄を知りたいと考えている
  •  ・・・職務経歴がイマイチであったとしても人柄で企業にプッシュできる可能性があるから
  • ②大卒でなくても応募できる求人が非常に多い
  •  ・・・高卒でも応募可能な求人、フリーターや派遣社員で正社員を目指せる求人も多く保有している

ワークポートは登録を拒否せず、面談では職歴だけでなくあなたの「人柄」も求人企業にプッシュしてくれます。

しかも、先述の通りワークポートは企業との強固な信頼関係を確立させているので企業としては「ワークポートさんの言っていることだしOK!」となるので企業にプッシュしやすいのです。

ワークポートが職歴で判断せず、人柄も企業にプッシュしてくれる理由ですが、それはワークポートは『人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』という企業理念に基づいて運営されているから。

ワークポートは、あなたにとっては『これまででは考えられなかった企業に転職できる”可能性”』。企業にとっては、『人間的に魅力的な人材を確保できる”可能性”』を見つけてくれます。

登録を拒否されることはないので、まずは面談でコンシェルジュに気軽に悩みや希望を相談してみましょう!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

32歳男性・派遣:年収300万円台
高卒で正社員じゃないため、3社に登録を拒否されて劣等感で絶望していましたが、ワークポートはすぐに面談をしてもらえて求人も紹介してくれ、こんな低スペック中年に対しても丁寧にサポートしてくれました。

なんも取り柄もないと思ってましたが正社員として希望の転職が実現できたのはワークポートのおかげです。

37歳男性・外資IT:年収800万円台
はっきりって経歴にはそれなりの自信があったので、J社から「紹介できる求人がない」と言われたときは「えっ」と思いましたしもう転職できないんじゃないかと絶望しました。

でも、ワークポートさんはすぐに面談が決まって求人も紹介、丁寧にサポートまでしてくれて救われました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

4.フリーター・高卒からエグゼクティブまで対応している

ワークポートはフリーター、契約社員、派遣社員など非正規雇用から正社員になれる求人、高卒でも応募可能な求人から、年収1000万円以上のエグゼクティブ求人まで保有。

さらに、ワークポートはコンシェルジュも「高卒」「非正規雇用」「エグゼクティブ」など専門に分かれているのでサポートも万全です。

さきほど、ワークポートは登録を拒否されないため100%面談に進めるということをお伝えしましたが、それは高卒でも応募可能な求人、非正規雇用から正社員を目指せる求人が多いから。

ワークポートとしても大卒ではない方はサポートしがいがある大事なお客様なのです。

また、以下の画像はワークポート公式サイトのトップページですが、役員専門の求人を揃えていることがわかります。

実際に、ワークポートは年収700万円以上のIT求人を非常に多く保有しているだけでなく、先述の通りエグゼクティブ転職専門のコンシェルジュも在籍。

IT領域に関してはワークポート以上にエグゼクティブ転職に強い転職エージェントはないと言えます。

ワークポートが高卒、非正規社員~エグゼクティブまで幅広い層の方々に対してサポートしているということは、『人と企業に、ひとつでも多くの可能性を。』というワークポートの企業理念の現れと言えるのではないでしょうか!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

28歳女性・フリーター:年収200万円台
高卒でフリーターで、これからが心配になり、未経験でも活躍できるIT企業に転職を目指そうとこちらを利用しました。

今まで定職についたことなく、飲食のウェイターしか経験なかったのですが、コンシェルジュの方は私の行動力と考えを評価してくれて企業にも推薦書を書いてくれました。「え、ここまでやってくれるの!?」て感じでした。

フリーターを脱出して正社員としてエンジニアデビューできたので大満足です。人間やればできるんだなぁと感じました(笑)

42歳男性・PM:年収1300万円台
前回の利用は6年前なので結構前でしたが、今回も満足できました。

ワークポートで紹介された求人は目を見張るような質の高い求人が目立ち、年収2000万円クラスのも!

他の転職エージェントより紹介された求人の量も質もダントツでした。

若い人の多い職場なのでおっさんの私は少々浮きますが、役員としてキャリアアップできてよかったです!

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

5.女性の転職に強み

ワークポートは女性の転職にも強みがあります。

ワークポートが自社でも女性が働きやすい環境を整備しているため、女性の転職に特化したサポートが提供できるのです。

以下はワークポート公式サイトですが、ワークポートは女性でも永く働けるような独自の福利厚生を持っています。

さらに、以下リクナビの新卒採用ページでも、女性の福利厚生が整っていることが記載してあります。

出典:リクナビ2019

ワークポートは女性のための特設サイトを設置しており、ワークポートが女性の転職に注力していることがわかります。

また、女性が働きやすい、キャリアアップできる求人を数多く保有。IT業界はもちろん、販売や事務といった女性に人気の求人も多く保有しています。

ワークポートは女性のためのページを設置しており、女性のための求人も特集している
さらに、ワークポートには女性の転職に精通した女性の転職専門のキャリアアドバイザーが在籍。

「出産」「結婚」など女性のキャリアプランに沿い、女性が働きやすい求人を紹介し、女性の転職に特化したサポートをしてくれます!

ワークポートと同じく女性の転職に強いと有名な『パソナキャリア』、ITにも女性の転職にも強いマイナビエージェントを併用すれば、グッと有利に転職活動を進めることができるはずです!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

36歳女性・事務:年収450万円台
転職するのに年齢と自分のスキルのなさを気にしていましたが、担当者の方は面談で私の強みを見つけてくれ、働きやすそうな仕事を厳選して紹介してくれました。

結果的には知人の紹介で転職することになったのでこちら経由では転職しませんでしたが、機会があればまた利用したいです。

25歳女性・運用系:年収400万円台
前職があまりにもブラックで体がもたないという理由で、キャリアアップを目指し第二新卒として転職しました。

ネットで評判がよかったので利用してみましたが、コンシェルジュの方は私の前職の労働環境のことを聞いて、「絶対に働きやすくてスキルアップできる会社に転職しましょうね」と励ましてくれました。

求人も福利厚生がバッチリでかつ成長できる企業を紹介してくれました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

6.連絡や対応が非常に迅速

ワークポートは非常に多くの利用者を対応しているのにもかかわらず、連絡や対応が迅速であると利用者から高く評価されています。

実際に、先述の通りワークポートは登録も60秒で終わりますし、面談までの電話面談もありません。

面談も職務経歴書・履歴書の用意が不要など、ワークポートのサポートはストレスフリーでサクサク進みます。

さらに、ワークポートは面接日程の連絡や求人紹介なども非常に迅速。「いち早く転職を決めたい」という方にとっては非常におすすめです。

なぜ、ワークポートは連絡や対応が早いかというと理由は2つあります。

【ワークポートが連絡や報告が迅速である2つの理由】

  • ①コンシェルジュ(キャリアアドバイザー)が優秀
  •  ・・・能力的にも優秀であり、コンシェルジュは人材業界では最多の研修をクリアしている
  • ②社内でいち早く報告・連絡・相談をする文化が徹底されている  
  •  ・・・利用者に対してストレスなく利用してもらうため、ワークポート社員では「早い連絡はできて当たり前」

転職エージェントからの連絡が遅いと…

井上
最終面接の結果ってまだわかんないのかなぁ…?落ち着けないよ…!

次の日程の連絡が来るまで次の予定入れられないんだけど…

そう、転職エージェントからの連絡の遅さは転職活動での大きなストレスになってしまうのです。

ワークポートはとにかく連絡や報告が早い!連絡が早いことは、転職活動中には本当にありがたいメリットですよ!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

27歳男性・web広告営業:年収500万円台
紹介会社はワークポート含めて4社利用していましたが、他の3社では連絡が2日こないことなど多々ありました。しかし、ワークポートはとにかくレスポンスが早い!

基本的に1日以内には絶対レスポンスがありますし、求人紹介から選考までのスピード感が最高でした。

ストレスを感じることなく1ヶ月で転職活動を終えることができたので、利用して不満に思ったことはありません。

32歳男性・セキュリテイエンジニア:年収700万円台
思ったより早く転職活動を終えることができましたが、それは担当者がかなりの数の求人を紹介してくれたところと、連絡の速さによると思っています。

企業からの返信も早かったので、企業担当の営業さんとの連携もしっかりと取れているのだと感じました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

7.サポート力が高い

ワークポートはサポート力の高さにも定評があります。

ワークポートはリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて5年連続第1位。ずば抜けた実績はワークポートの高いサポート力による

ワークポート公式twitterでも記載がありますが、ワークポートは非常に高いサポート力を持っているからこそ、このようにずば抜けた実績を出せると言えます。

例えば、ワークポートは面談に1時間~2時間ほどと他社転職エージェントの倍ほどの時間をかけ、徹底的にスキルやキャリアを洗い出し、あなたの強みや望む条件を整理。

希望に合った求人の紹介をします。

井上
実際にワークポートの面談に行ってきたのですが、聞かれる質問のレベルも高いし、一つの質問でもかなり深掘りされましたね…

コンシェルジュの優秀さを感じました…!

求人紹介でも、「この会社は3年前からこういった人材が採用されていて」「この会社は社長がエンジニア出身でラボみたいな雰囲気で」などプラスの情報を教えてくれて、コンシェルジュの求人企業や業界知識の深さが半端ないと思いましたね。

井上さんが言っていたように、ワークポートはコンシェルジュが非常に優秀。ホテルのコンシェルジュのように、あなたに徹底的に寄り添って親身にサポートしてくれます。

だから、転職初心者や未経験業種への転職でも安心です。

また、ワークポートは転職エージェントとしては15年、IT専業としては10年以上の運営実績があります。

面談では、ワークポートの15年のノウハウが凝縮された『Compass』という転職のガイド集をもらえます!

現役のコンシェルジュの方もおっしゃっていましたが、『Compass』は転職に必要なすべてが書かれているので、ワークポートのサポートと『Compass』があれば不安なく転職をすすめられるはずです!

ワークポートの面談でもらえる転職ノウハウ集『Compass』は非常に役立つ

実際に面談時にもらえる転職ノウハウ集の『Compass』。内容はワークポートのみぞ知る独自のノウハウから、転職の基本の「き」レベルのノウハウまで網羅しています。

未経験でも応ワークポートでは募可能な求人も非常に多く、公式サイトでも特集を組まれているほど。未経験でも応募可能な求人が多いこともワークポートが未経験での転職に強いことがわかります。

未経験業種への転職に強いとお伝えしましたが、公式サイトでも未経験でも応募可能な求人を特集しています。

ワークポート利用者の裏付け口コミ

40歳男性・プリセールス:年収700万円台
必要なこと以上のことをしてくれたので満足。面接や書類選考ではサンプルを見せてもらって過去の動向も教えてくれた。

おかげですいすい転職活動が進んだ。

22歳男性・エンジニア(画像解析):年収300万円台
大卒じゃないので学歴で落とされてしまうことを心配していましたが、コンシェルジュの方は僕のスキルを選考前に企業に伝えてくれたこともあり、専門卒でも応募でき、書類選考免除でいきなり面接、すぐに内定を決めることができました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

8.無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる

ワークポートは面接対策などのセミナーや選考会を随時開催しているほか、なんと完全無料でプログラミングスクールも利用できます。

実際に以下のように全国でセミナーや豪華な大手企業の選考会を頻繁に開催。

無料で利用できるプログラミングスクール『みんスク』は「未経験からエンジニア転職したい」「さらに技術力を高めて転職でもっとキャリアアップしたい」という方には非常にうれしいですよね。

コンシェルジュによる素晴らしい質のサポートだけでなく、このようにワークポートはサービスを徹底的に充実させているからこそ、転職決定数5年連続第1位という実績をだせるのでしょう!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

24歳男性・金融:年収300万円台
今まで大学の授業でjavaを取っていたくらいしかプログラミングの経験がなく、未経験で転職できたとしても転職後についていけるか不安でした。

でも、タダでプログラミングを学び放題だったのでjavaだけでなくhtmlやcssなどの基礎も習得することができ、志望していた企業のエンジニアとして働けることが決まりました。

今は研修中ですが、みんスクで習ったことが役立っているので今後の業務が楽しみです。

27歳女性・ネットワークエンジニア:年収600万円台
あまり話すのが得意でなく、就活のときも面接は大の苦手だったので、面接のテクニックをセミナーでレクチャーしてくれたのはかなり本番で役立ったので良かったです。

コンシェルジュの方が面接前に選考のポイントをチャットでまとめて送ってくれたのと合わさって、結果的に内定も3社いただくことができました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

9.サービスの使い勝手が素晴らしい

ワークポートはサービスが充実しているだけでなく、サービスの使い勝手も素晴らしいとの良い評判が多く集まっています。

『eコンシェル』は以下のような機能があり、転職活動ではかなり役立ちます。

【eコンシェルの主な機能】

  • ・チャットと電話でいつでもやり取り可能。担当コンシェルジュに気軽に相談できる
  • ・紹介された求人の一覧だけでなく、各求人の選考状況まで確認できる
  • ・サンプルを見ながら簡単に職務経歴書が作成できる
  • ・おすすめ求人が見れるので自分で応募できる

『eコンシェル』の実際の画面はこんな感じ。リニューアル後の画面です。赤枠の欄をクリックすると今の選考状況を簡単に確認できます。

ワークポートのeコンシェルの実際の画面

紹介された求人とその選考状況まで確認できるので、転職活動では苦労するスケジュール管理が簡単。面接日程のダブルブッキングなどの心配はありません。

ワークポートのeコンシェルの画面。選考スケジュールの管理がラクにできる
このように、ワークポートはIT転職専門で始まった転職エージェントだけあって、サービスの使い勝手もバツグン。

実際に社内でも優秀なエンジニアを抱えており、日々サービスの改善をしているんです!

ワークポートは自社で優秀なエンジニアを採用し、自社サービスの改善を繰り返している。

eコンシェル内でもこのように自社のエンジニアの募集があり、ワークポートが優秀なエンジニアを獲得し、サービスの質を改善しようとしていることがわかります。

ワークポート利用者の裏付け口コミ

28歳女性・WEBデザイナー:年収500万円台
2回目の転職でお世話になりました。転職は何かとストレスがたまりますが、eコンシェルでスケジュール管理がとても楽になったのはよかったです。2回の転職で7社の転職エージェントを利用しましたが、ワークポートがいちばん使いやすかったです。

43歳男性・PM:年収900万円台
エンジニアの私の観点から見ても、ワークポートのサービスはかなり洗練されていると感じた。サービスの使いやすさからこだわっているのも、IT転職を前面に押し出しているワークポートらしいと思う。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

ワークポートの4つのデメリット

ワークポートだけでなくすべての転職エージェントに共通して言えることですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

ワークポートには以下4つのデメリットがありました。

【ワークポートの4つのデメリット】

  • 1.IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  • 2.担当者がガツガツしている
  • 3.対応が事務的でそっけない
  • 4.求人紹介数が多すぎたり的外れな求人が紹介されることも
しかし、デメリットを打ち消して活用する方法もあるので、後述しますね!まずは、ワークポートの4つの悪い評判(デメリット)について包み隠さずお伝えしていきます!

1.IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い

ワークポートに対して「ワークポートと言えばIT転職」といったイメージを持っている方は多いと思いますし、実際にワークポートはIT転職では最強の転職エージェント。

一方、ワークポートはIT業界以外の転職にはイマイチです。

事務、販売などの職種はある程度は充実していますが、メーカー、金融、小売りなどの職種の求人ははっきり言ってほとんどありません。

なぜ、ワークポートはIT業界以外の転職に弱いかと言うと、ワークポートは2014年9月にIT専門の転職エージェントから総合型転職エージェントに移行したため、まだIT業界以外の求人数も実績も少ないから。

ワークポートの現役転職エージェントのNさんも実際に「IT・WEB・ゲーム業界を見ているようでしたらうちではなくマイナビさん、リクルートさんあたりをおすすめします」と断言していました(笑)

私からも、IT業界以外で転職したい方は以下の転職エージェントをメインに利用することをおすすめします!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

23歳女性・メーカー:年収300万円台
登録がめちゃくちゃラクだったのが良かった点です。

しかし、紹介された求人はどれもイマイチ。担当者に訊いたら私の希望する業界の求人は中小ばかりとのことでした。

33歳男性・土木設計:年収450万円台
自分が思っていたような求人は紹介されなかったので、他社の紹介会社を利用して転職を決めました。

対応も迅速でコンシェルジュの方も丁寧にしてくれただけあって、求人の少なさはもったいないと思いました。

2.担当者がガツガツしている

ワークポート利用者への調査では、「内定を急かしてくる」「押しが強い」など担当者がガツガツしているという評判も見られました。

これはワークポートに限ったことではなく、他の転職エージェントにも当てはまりますが、担当者がガツガツしていると感じてしまうのには以下の理由があります。

【担当者の押しが強いと感じてしまう理由】

  • 担当者にもノルマがあるから

・・・特に若手社員はノルマ達成のために焦って押しが強くなりがち

ワークポートをはじめとする転職エージェントは完全無料でサービスを利用することができますが、不思議に思ったことはありませんか?

実は、転職エージェントはクライアント企業からの紹介手数料(転職した利用者の年収の30%ほどが相場)などの売り上げがあってはじめて全てのサービスを完全無料にすることが実現できているのです。

逆に言えば、クライアント企業(求人企業)に対して利用者を転職させないとワークポートをはじめとする転職エージェントには売り上げは入りません。

だから、転職エージェント社員に対してはノルマが課されることになります。

ノルマも厳しいので、「ノルマを達成しなければ…!」とノルマ達成に焦って利用者に対して押しが強くなってしまう担当者もいるのです。

ここで、ぜひともやっていただきたいことがひとつ。

それは、担当者の焦ってしまう気持ちを理解し、日ごろから「お仕事も大変ですよね、いつもご苦労様です」と担当者を労わることです。

ワークポートにもノルマに追われている担当者はいます。

そんな中「いつもご苦労様です」と声をかけられたら、ワークポートの担当者からすれば「この方は私のことを考えてくれている…!なんとしてでも希望の転職を実現させたい…!」

という気持ちになり、結果的にいい仕事をする。つまり、モチベーションが高まってノルマを達成しやすくなります。

一方あなたにとっては、担当者が転職実現に向けて全力でサポートしてくれることになります。

結果的に希望の転職を実現することにもつながるんです!

「担当者を労わってあげる」ということは、担当者の押しの強さを感じることなく転職エージェントを活用するための、転職のプロのみぞ知るテクニックです!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

33歳女性・セールスエンジニア:年収500万円台
必要なことはすべてしてもらったと思っているので満足していますが、内定を取った後辞退するときに説得され、なかなか辞退しにくかったです。

27歳男性・WEBマーケティング:年収700万円台
日中は電話に出れるタイミングが少ないのにも関わらず、しつこいほど「今内定された企業の志望度はどうですか?」「いつまでに決められそうですか?」と電話をかけてきました。

結果的に転職が決まったので気にするまでのことではなかったと思いますが、ちょっと強引さは感じてしまいました。

3.対応が事務的でそっけない

ワークポートは対応が事務的でそっけないと感じてしまった利用者の方も見られました。

【ワークポートの対応が事務的でそっけないと感じてしまう2つの理由】

  • ①スピード重視のサポート
  •  ・・・ワークポートはスピード重視のサポート体制。優秀なコンシェルジュがテキパキ仕事をこなすので、すぐに選考日程が決まるななどとにかくスピード感が早いため、対応が事務的に感じることも
  •  ・・・また、電話面談がなくすぐに面接日程が決まるなどあまりのサポートの早さにそっけなく感じることも
  • ②コンシェルジュは徹底的に教育されている
  •  ・・・人材業界でトップクラスに多い研修を受け、「コンシェルジュとしてふさわしい」敬語の使い方やマナーを習得するので、敬語が固すぎると感じる人も
井上
ワークポートは実際に利用してわかりましたが、とにかくスピードが早い!面接日程や選考日程もすぐに決まってしまいます。

僕はむしろ時間がないので、スピーディーなサポートはありがたいですが、そっけないと感じてしまう方もいるかもしれません…

先述の通り、ワークポートは連絡や対応が非常に早く、スピーディーなサポートが強み。

そのため、「予想外の速さで転職が決まった」という良い評判は非常に多いんです!

しかし、あまりにもスピーディーなため、人によってはビジネスライクに感じてししまったりする方もいます。

ワークポートを利用する際は「ビジネスライクなのは割り切って使おう」という気持ちで利用することをおすすめします!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

34歳男性・WEBデザインナー:年収600万円台
とことん合理的さを重視しているためか、とてもシステマチックに感じました。例えば求人の紹介から選考までのフローなど。非常にスピードが早い上、チャットでの事務的なやり取りがメインになって面談以降担当の方と会うことはありませんでした。

29歳女性・事務職:年収300万円台
私はやりやすかったのですが、コンシェルジュという割にはサポートがあまり期待できませんでした。なので、私の場合は求人紹介マシーンとして活用していました。

4.求人紹介数が多すぎたり的外れな求人もあることも

ワークポートは膨大な量の求人を紹介され、良いと思った求人を選んで選考を受けていくスタイルを採っています。

実際、面談後には職種によっては100件以上の求人をごっそりと紹介されることが多く「高年収」「成長企業」など、確かに質の高い求人は目立ちます。

しかし、紹介される求人が多すぎるゆえに受験する企業を決めるのに時間と手間がかかってしまったり、的外れな求人があったりといったデメリットもあります。

的外れな求人を紹介されてしまうのはワークポートの求人紹介のスタイルが原因であるところもありますが、「面談でうまく希望を伝えられていない」ということが最大の要因。

面談前には転職の希望をまとめておくことが大事です。

また、「自分の求める条件だけをご紹介お願いします」とコンシェルジュに伝えることで紹介される求人数を抑えることができ、デメリットに感じず利用することができます!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

32歳男性・アカウントプランナー:年収700万円台

他の紹介会社が15件程度なのに対し、ワークポートは一気に152件もの求人を紹介してきたのはびっくりしました。

希望に合った求人も多くあったのですが、「おや?」と思うような微妙な求人や希望に合わない求人もいくつかありました。

25歳男性・アプリエンジニア:年収400万円台
担当者の方はかなり業界と企業について詳しく、企業の社風や過去に採用された人の特徴を教えてくれました。

しかし、あまりにも紹介された求人が多すぎたのでどの企業を受けるかどうか決めるのが大変でした。

でもIT業界に強いからこそ、膨大な求人を紹介できるんだと思いました。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

ワークポートの利用をおすすめしたい方

これまで、ワークポートの良い評判・悪い評判をご紹介してきましたが、以下に当てはまる方はワークポートを利用するべきと言えます。

【ワークポートを利用するべき方】

  • ◆IT・WEB・ゲーム業界に転職したいすべての方
  • ◆スピーディーに転職したい方
  • ◆幅広く求人を見てみたい方
  • ◆未経験・第二新卒でIT・WEB・ゲーム業界に転職したい方
  • ◆高卒でIT・WEB・ゲーム業界に転職したい方
  • ◆派遣社員・契約社員・フリーターから転職して正社員になりたい方
  • ◆IT・WEB・ゲーム業界に転職したいハイキャリアな方
  • ◆女性でIT・WEB・ゲーム業界、または販売・事務職・経理職として転職したい方
しかし、「今すぐ転職は考えてないけど…」という方でも登録しておいたほうが絶対に良いです。

なぜかというと、「仕事が辛くて…」という方でしたら今登録しておかないと精神的に辛くなってしまってキャリアに登録する気力もなくしてしまいます。

また、ワークポートに登録するだけでコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)に悩みを相談できますし、求人の情報もたくさん手に入るので視野がグーンと広がりますよ!しかも無料でたった60秒で登録できるのが嬉しいところです!

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

ワークポートの悪い評判をふまえておすすめできない方

この章では、ワークポートを利用すべきでない方の条件をご紹介しましょう。

先述の通り、ワークポートはIT・WEB・ゲーム業界での転職には絶大な強みがありますが、IT・WEB・ゲーム業界以外の転職には強みはありません。

なので、「IT・WEB・ゲーム業界以外の業種業界で転職したい方」にはワークポートはおすすめできません。

代わりに、マイナビエージェント」「パソナキャリア」「リクルートエージェントなどの総合型転職エージェントをメインで利用するべきです。

ワークポートを最大限活用する賢い使い方

ワークポートを利用すると決めても、どうせ使うなら転職活動に有利になるように最大限利用したいですよね。

以下の3点に気を付けていただければ、ワークポートを最大限活用して転職活動を有利に進めることができるでしょう。

【ワークポートを最大限活用する3つの使い方】

  • 1.エージェントサービスを徹底的に利用する
  • ・・・求人の応募や情報収集をキャリアアドバイザー(コンシェルジュ)に任せるのが賢い利用方法
  • 2.遠慮しない
  • ・・・「キャリアアドバイザー(コンシェルジュ)も忙しいから」と遠慮せず、何回でも面接対策や書類選考対策をお願いするべし
  • 3.社のサービスと組み合わせて利用する
  • ・・・転職決定者の9割が4社以上併用。併用することでワークポートのデメリットを打ち消し、メリットを伸ばして活用できる
次の章では、ワークポートと併用すべき転職エージェントにてご紹介していきますね。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

ワークポートと併用すべき転職エージェント5選

ワークポートは、以下5つの転職エージェントを好みに合わせて4社ほどと併用することでワークポートの価値を最大限活用して利用することが可能になります。

【ワークポートと併用すべき転職エージェント5選】

  • ◆Geekly
  • ◆マイナビエージェント
  • ◆パソナキャリア
  • ◆リクルートエージェント
  • ◆JACリクルートメント
ちなみに、私、宮前は、「とりあえずお金が一切かかることがないのですべて登録し、面談を受けて利用してみて、自分に合う転職エージェントを絞っていく」という転職エージェントの使い方をおすすめしています!

それでは、各転職エージェントについてみていきましょう!

Geekly

Geekly』はIT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェント。

「リクナビNEXTエージェントNetwork」で紹介求人案件満足度部門、カウンセリング・対応満足度部門で第1位を受賞しているなど特筆すべき実績を上げており、ワークポートと同様IT業界への転職では不可欠な転職エージェントです。

Geeklyは小規模ながらIT企業特化型の転職エージェントの中では最大手の超実力派転職エージェント。

IT企業との強固なネットワークを生かし、IT企業特化型転職エージェントでありながら良質な求人を常時10000件以上ものIT求人を保有しています。

年収700万円以上の大手やメガベンチャーから、ギークリー独自の優良中小企業求人まで、求人の種類も様々。

ワークポートと併用することで質の高い求人を多く確保でき、希望のIT転職実現へ大きな一歩を踏み出せるはずです!

【完全無料】Geekly公式サイトからサクッと登録する:https://www.geekly.co.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒領域で首位のマイナビが運営している転職エージェント。

なんと、マイナビエージェントは利用者の年収アップ率は67.1%、書類選考通過率は他社の2倍以上の50%を誇るという最強の転職エージェントです

マイナビエージェントはIT・WEB・ゲーム業界に非常に強く、業界出身のキャリアアドバイザーは深い業界知識と求人企業情報をもっています。

さらに、マイナビエージェントは利用者満足度96.4%という事実が証明するほどサポート力が高いです。

ワークポートは人によってはビジネスライクでそっけないと感じる方もいるので、マイナビエージェントを併用することでワークポートのビジネスライクさを感じることなく利用することができます!

パソナキャリア

パソナキャリアは人材業界最大手のパソナカンパニーが運営する転職エージェント。

パソナキャリアもIT・WEB・ゲーム業界の転職に強く、また昔から「女性の転職と言えばパソナ」と言われいるほど女性の転職に強みがあります。

パソナキャリア最大の特徴としては、業界ダントツのサポート力の高さでしょう。

パソナキャリアは1人当たり20時間以上サポートに時間をかけており、利用者の年収アップ率もマイナビエージェントと同様に67.1%。

そして、パソナキャリアは未経験転職への強さも最強です。

実際、30代・40代で未経験でも応募可能なIT求人を多く保有。その数は、保有する求人約40000件のうち約28%にあたる約11250件ほど。

そして優秀なキャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれるので、未経験からIT転職を実現したい方はパソナキャリアとワークポートを利用することで希望の転職実現へ大きく前進できるでしょう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは1977年のサービス開始以来約41万人という業界ダントツの転職成功実績のある国内最大手の老舗転職エージェントです。

リクルートエージェントの特筆すべき特徴はその求人数の多さ。

求人のうち8割を超える非公開求人含めて、求人数は約20万件。その数は業界ではダントツです。さらに、IT業界、特にエンジニアの求人が豊富でその数なんと3万件ほども保有しています。

また、リクルートエージェントは求人の質も高く、大手中小外資、ベンチャー(メガ・ミドル・スタートアップ)まで年収の高い様々な分野のIT求人を保有しています。

リクルートエージェントは総合型転職エージェントですが、IT業界特化型転職エージェントのようにIT専門でIT業界の知識が豊富なキャリアアドバイザー陣があなたを徹底的にサポートします。

リクルートエージェントは強い営業力を武器に年収交渉が得意。100万円以上高い年収で転職できた方も多いんです!

リクルートエージェントもスピード感のあるサポートスタイルで有名なので、ワークポートと併用することでスピーディーに希望の転職を実現できるはずです!

JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドン発祥の日系転職エージェント。

ハイキャリア向けの人材に特化しており、ハイキャリアな利用者から絶大な支持を得ています。

JACリクルートメントは外資系はじめ、大手企業やメガベンチャーなど年収1000万円以上のハイキャリア向けIT求人、エグゼクティブ求人を多数保有。

さらに、JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは企業に直接足を運んで担当者と直接話しているので、社風や労働環境、面接で問われることなどほかの転職エージェントが絶対に知らないような独自の企業情報を保有しています。

そのため、JACリクルートメントのサポートを受ければ選考対策がグッと有利になるんです!

JACリクルートメントは高いサポート力が評価され、オリコン転職エージェント30代満足度ランキングで1位、転職エージェント顧客満足度ランキングで総合第1位を獲得しています。

ワークポートは外資系IT求人が少ないので、ハイキャリアでIT転職を考えており、外資IT系企業への転職も視野に入れているのであれば、JACリクルートメントはワークポートと併用すべきです!

ワークポートのサービスの流れと利用のコツ

この章では、ワークポートのサービスの流れをご紹介します!

ワークポートは以下5つの流れでサービスが進みます。

パソナキャリアのサービスの流れは5段階

登録はたったの60秒で完了しますし、一切料金が発生することなく完全無料で利用できるので、登録がお済みでない方は以下の公式サイトから登録してください!

もし、利用してみて合わないと思えば利用を停止すればいいだけなので、「まずは利用してみるか」くらいのスタンスでいきましょう。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

5つのステップを通してポイントとなることは、キャリアアドバイザー(コンシェルジュ)と仲良くすることです。

キャリアアドバイザー(コンシェルジュ)も人間です。なので、仲良くなった利用者には「希望の転職を実現させてあげたい」と本気で思うようになります。

そのため、質の高い求人を紹介してくれたり、サポートに時間を割いてもらいやすくなるのです。

これはキャリアアドバイザーあるあるですが、自分が支援した利用者は入社後、飲み友達になり利用者に感謝されることがとても多いんです。

ワークポートのキャリアアドバイザー(コンシェルジュ)は入社後もあなたのよきパートナーとしてキャリアや悩みの相談に乗ってくれます。

さらに、転職先の人事と交渉してキャリアアップの打診をお願いしてくれることも!

だから、ワークポートを利用する際は常日頃からキャリアアドバイザー(コンシェルジュ)とは良好な関係を築くことを心がけましょう!

ワークポートの評判・口コミまとめ

ここまでワークポートの評判について詳しく見ていきましたが、ここでは実際の利用者による口コミを年代ごとにご紹介していきます。

では、それぞれ見ていきましょう!

既卒(第二新卒)からの利用者の評判・口コミ

25歳女性・映像系:年収300万円台

面談で自分の本心に気づかせてくれた

映像制作会社でブラック労働をしており、このままではやばいと転職を決意しました。

コンシェルジュに前職のことを相談したら、Aさんは映像制作が好きで労働環境や社風さえ合えば同業界で転職したほうがよいといわれ、自分の本心に気づくことができました。紹介された企業もホワイトな環境の企業を厳選して紹介してくれ、ほかの転職会社ではない魅力的な求人が多くありました。

23歳男性・Sier:年収250万円台

企業への訴求の仕方を教えてくれて内定を獲得

専門学校を卒業後に一度企業に入ったのですが、あまりの労働環境の過酷さに耐えかねて辞めてしまっていることもあり、ブランクが心配でした。

でも、コンシェルジュはブランク期間をブランクにさせない訴求の仕方を教えてくれ、条件の良い企業に内定を頂くことができました。

24歳男性・システム運用:年収300万円台

鬼のように求人を紹介してきた

スピーディーな対応は非常に良かったです。ただ求人の紹介は数が多すぎて受ける企業を選ぶのが大変でした。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

20代の利用者からの評判・口コミ

26男性・フロントエンジニア:年収400万円台

スピード感とマッチした求人紹介が良かった

エンジニアの転職に強いと評判だったので利用してみました。実際、評判通り自分の求める条件の求人をどんどん紹介してくれました。スピード感もあるので早く転職したい方におすすめです。

27歳女性・web広告代理店:年収450万円台

業界に詳しいコンシェルジュによる求人紹介と選考対策が秀逸

転職ではワークポートと他3社を使っていましたが、ワークポートの良い点は

  • マッチした求人を紹介してくれる
  • コンシェルジュが業界に詳しい
  • 実践的な面接対策ができる

の3点でした。IT業界の転職に強いだけあると感じました。

29歳男性・ソーシャルゲーム開発:年収700万円台

ビジネスライクで機械的な対応は向き不向きがありそう

良かった点は自分の条件通りの求人をたくさん紹介してくれたことです。

悪かった点としては事務的なところです。スピーディーにどんどん求人の数を打って受けていく形式だったので、じっくり自分のペースで転職活動したい方には向いていないかもしれません

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

30代の利用者からの評判・口コミ

35歳男性・小売り:年収600万円台

百貨店→SEに転職成功!

全く畑の違う分野でしたが、こちらのサービスを利用して小売りからSEに転職することができました。

選考では独学で学んだ行動力が評価されたとコンシェルジュの方は言っていましたが、私は無料でプログラミングを学べたことが非常に大きいと思っています。

33歳男性・SE(開発):年収800万円台

求める以上の求人を紹介され、選考対策もバツグン

前職ではベンチャー企業でRuby on Railsを用いて開発していました。今後もRubyエンジニアとしてより好条件でサービスを開発できる企業を探していたのですが、ワークポートは求める条件以上の求人を多く紹介してくれました。しかも、担当者が元Rubyエンジニアということもあり、各求人の選考で求められていることや事業内容にも詳しく優位な状態で選考に臨むことができました。

37歳女性・IT企業人事:年収600万円台

併用を前提に利用したほうが良い

他の転職エージェントも使っていたのですが、他の転職エージェントと比較して非常に対応がドライだと感じました。膨大な量の求人が送られてくることや直接会わずにチャットでやり取りすることが多かったからだと思います。

だからこそ他の転職エージェントを併用していてよかったです。特にパソナキャリアのサポートは最高でした。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

40代・50代(中高年)の利用者からの評判・口コミ

49歳男性・派遣:年収450万円台

アラフィフ派遣社員、正社員になる

高卒40代派遣社員のおっさんの自分が50を手前に正社員として転職できるとは思ってませんでした。

いままで幾多の転職エージェントにサポートを拒否されましたが、ワークポートは嫌な顔一つせずに親身にサポートしてくれました。面接前には電話で励ましてくれたりポイントをおさらいしてくれたのが個人的には非常に助かりました。

53歳男性・PM:年収600万円台

50代で転職できたのはワークポートのおかげ

はっきりいって50代での転職はかなり無謀だと思っていましたが、すいすいと進んですんなり決まったのが驚きでした。

ワークポートを利用したおかげで大企業に転職することができましたが、コンシェルジュのすばやく丁寧な対応があってこそだと思います。

42歳男性・WEBディレクター:年収1000万円台

サポートがほとんどなかったのが不満

求人を出し惜しみせずガンガン紹介してくれたのはよかった。迅速に対応してもらえたところも満足。

ただ、マイナビ、パソナと比べるとサポートがぜんぜん期待できなかった。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

もっと口コミをチェックしたいという方は、以下の口コミ一覧ページをチェックしてみてください!

関連記事↓

転職エージェント「ワークポート」の口コミ一覧

転職エージェントによるワークポートのレビューをチェックするなら 当ページは、ワークポートに対する一般ユーザーからの口コミ一覧…

2chによく見られるワークポートの口コミ・評判について

この記事では転職wikiが独自にアンケートやインタビューで調査した内容に基づいてお届けしました。

これらの結果は転職wikiが必ず身元の確認を行った上で30分にわたる電話・対面でのヒアリングも行っているので、実態に即した内容になっています。

しかし、日本最大の匿名掲示板である2ch(2ちゃんねる)の口コミも気になるかと思いますので、ここでは、2chなどの匿名掲示板の口コミをまとめました。それでは見ていきましょう!

押しが強かった

他で内定決まったところに行くって伝えたはずなのにしつこく食い下がられた
挙句の果てに行こうとしてる会社の悪口言ってきて何とか繋ぎとめようとしてくる
きっぱり断ったらすぐに態度変えてくる
他でもエージェント使ってたけどここのエージェントはえ?ってなるとこ多すぎ

スピーディーな対応が良かった

正直、ここは異業種からIT系、SIからweb系に転職して職歴や経歴をつけるということに関してのみメリットがある
あとはスピード、本当に最短でいくとマジで1~2週間で内定取れるくらいスピード感があるから、がちがちのプロとかすごいキャリアみたいなのは使わないほうがいいが
職歴荒れてるとか給料安くてもいいからとにかくIT系につきたいとかならおすすめ
もともとIT系なんて何年も同じ会社にいること自体が珍しい業界だしな

紹介された求人の質が低かった

紹介される案件の質と量が微妙だよねここ
事務所だけは立派だから最初だまされたけど

担当のコンシェルジュが優秀だった

かなり昔に使ったけど、その時は担当がこっちの要望に応えてくれてすごく良かったよ
インテリジェンスとかリクナビ使うくらいならこっちの方がいいと思う
どこにでも言えることだけど売り込みとかしてくれる担当かどうか次第かと
今、知り合いがここ使ってるけどそいつもいいって言ってたな
ただ、良くなったのが担当変わってかららしい
変わる前の担当は微妙に方向性の違う案件ばかり持ってきてたからアテにしてなかったらしいし
結局は運次第だと思うよ
【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

まとめ|ワークポートを利用してIT業界でキャリアアップ転職を実現させよう!

これまでついてきて下さりありがとうございました!

ワークポートの評判について詳しく見ていきましたが、いかがだったでしょうか?

ここで、再度この記事のポイントをおさらいしていきましょう!

【この記事の5つのポイント】

  • 1.ワークポートには9つのメリットがある
  •  ①IT・WEB業界・ゲーム業界の転職に強い
  •  ②登録が非常にラク
  •  ③登録を拒否されない
  •  ④フリーター・高卒からエグゼクティブまで対応している
  •  ➄女性のIT転職に強い
  •  ⑥連絡や対応が非常に迅速
  •  ➆サポート力が高い
  •  ⑧無料でセミナーやプログラミング教室が受講できる
  •  ⑨サービスの使い勝手が素晴らしい
  • 2.ワークポートにはつのデメリットがある
  •  ①IT・WEB業界・ゲーム業界以外は弱い
  •  ②担当者がガツガツしている
  •  ③対応が事務的でそっけない
  •  ④求人紹介数が多すぎたり的外れな求人を紹介されることも
  • 3.ワークポートを利用すべき人はこんな人
  •  ◆IT・WEB・ゲーム業界に転職したいすべての方
  •  ◆スピーディーに転職したい方
  •  ◆幅広く求人を見てみたい方
  •  ◆未経験・第二新卒でIT・WEB・ゲーム業界に転職したい方
  •  ◆高卒でIT・WEB・ゲーム業界に転職したい方
  •  ◆派遣社員・契約社員・フリーターから転職して正社員になりたい方
  •  ◆IT・WEB・ゲーム業界に転職したいハイキャリアな方
  •  ◆女性でIT・WEB・ゲーム業界、または販売・事務職・経理職として転職したい方
  • 4.ワークポートを利用すべきでない人はこんな人
  •  ◆IT・WEB・ゲーム業界以外の業種業界で転職したい方
  • 5.ワークポートを最大限活用するには以下3つのことを意識すべし
  •  ①エージェントサービスを徹底的に利用する
  •  ②遠慮しない
  •  ③他社のサービスと組み合わせて利用する
  •   ・・・Geekly』『マイナビエージェント』『パソナキャリア』『リクルートエージェント』『JACリクルートメントの5つの転職エージェンの中から好みに合わせて3社以上併用すべし!
まだ、この記事をご覧になっても「私って本当にワークポートを利用すべきなの?」という方もいるかもしれません。

でも、一つ言えるのは転職エージェントは無料で利用できる気軽さが売りであること。

だから、合わないと思ったら他のエージェントを利用すればいいんです。実際に利用しないと自分に合うかはわかりませんしね。

今すぐ転職する気はなくても、仕事がつらいなら今登録しないと後々登録する気力もなくなってしまいますし、キャリアアドバイザーに悩みを相談してもらうことをおすすめします。

さらに、求人情報を収集できるので視野が広がりますよ!では長い間お疲れ様でした!陰ながら皆様の転職活動がうまくいくことをお祈りしております。

【完全無料】|ワークポート公式サイトから1分以内で登録:https://www.workport.co.jp/

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!